日本シリーズ ... 2010年の日本シリーズ 千葉ロッテマリーンズ .528(年間3位) 勝率1位は福岡ソフトバンクホークス(.547)、2位は埼玉西武ライオンズ(.545) 2014年の日本シリーズ 阪神タイガース .524(年間2位) 勝率1位は読売ジャイアンツ(.573) 2017年の日本シリーズ 横浜DeNAベイスターズ … 史上稀に見る実力伯仲の激戦となった2010年日本シリーズ全7戦の模様をDVD化。延長15回でも決着が付かなかった第6戦をはじめ、勝敗の決め手となったプレーの数々に加え、リーグ3位から日本シリーズ制覇を果たした千葉ロッテの祝勝会風景ほかを収録。 続きを見る. 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 』は訳あって購入していなかった。だが、まさか(失礼)こんなに充実した総集編が追っかけてくるとは、嬉しい誤算。, レギュラーシーズン3位からCSで日本シリーズ出場を果たした千葉ロッテマリーンズ対レギュラーシーズン1位でCSも文句なしで日本シリーズ出場を果たした中日ドラゴンズ。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates, ミカワBOOKS International delivery available, 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルDVD 2010 「和」の結実 逆転日本一への軌跡!. サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. 開幕投手を務めた 当時のエース:成瀬投手がシーズン13勝. そしてポストシーズン、ロッテの奇跡が始まっていく。まずは2位西武とのクライマックスシリーズから。結論から先に言えば、ロッテが2連勝でファイナルシリーズへと進出するのだが、この2試合はどちらが勝ってもおかしくない、非常に中身の濃い試合だった。, 第1戦は成瀬善久選手と、涌井秀章選手という両エースの投げ合いとなった。試合は8回の表を終わり1-1という緊迫した内容だった。しかし、先に成瀬投手が降板した8回裏、西武はロッテの中継ぎを攻め込み、一気に4点を上げて1-5とする。ロッテの万事休すかと思われた9回裏、こちらも西武の中継ぎ陣を攻め立て、何と土壇場で同点に追いくのだ。そして延長11回、試合を決めたのはベテランの一振りだった。福浦選手が勝ち越し本塁打を放ち6-5.そして最後は小林宏之選手が締めてロッテが先勝する。 しかし、レギュラーシーズンが終わった後に、ロッテの真骨頂は発揮されたのだ。, 2010年のロッテは、75勝67敗2分という成績で、ソフトバンク、西武に次いでパリーグ3位という成績だった。しかし、3チームのゲーム差はたった2.5しかなく(さらに4位の日本ハムとの差も0.5ゲームしかなく、3ゲーム差に4チームがひしめいていた)、その戦力による差はほとんどなかったといえるだろう。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 翌日の第7戦。前日とは打って変わって初回からロッテが2点を先制したと思えば、中日はその裏に3点を入れて逆転。さらに中日は攻撃の手を緩めず3回までに6点を取ったかと思えば、ロッテも4・5回で4点を返すという乱打戦になる。しかし、中盤以降は再び決め手を欠き、7-7のまま2日連続の延長戦へ。 2005 千葉ロッテマリーンズ激闘録 [DVD], 【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.5 [1989年編] (週刊ベースボール別冊若葉号), 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 日本シリーズでは打率.444 ... 2010年:千葉ロッテマリーンズ,主なピッチャー 成瀬善久 (25歳) 28試合 13勝11敗 防御率3.31. 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズは、2010年10月に開催された、日本プロ野球パシフィック・リーグのクライマックスシリーズである。, クライマックスシリーズは、日本選手権シリーズの出場権を懸けたプレーオフトーナメントである。冠スポンサーはマニュライフ生命で「2010 マニュライフ生命 クライマックスシリーズ パ」と銘打って開催した。, 2010年度レギュラーシーズン第2位の埼玉西武ライオンズと同第3位の千葉ロッテマリーンズが3戦2勝先取制で争い、勝者がファイナルステージに進出する。, 2010年度レギュラーシーズン第1位チームの福岡ソフトバンクホークス(1勝分のアドバンテージが与えられる)とファーストステージの勝者の千葉ロッテマリーンズが6戦4勝先取制で争い、勝者が日本選手権シリーズへの出場権を得る。, 会期:10月14日から10月19日(21日までに試合が消化されない場合は打ち切り), 初戦の先発は西武は涌井、ロッテは成瀬。西武は2回裏に中村の本塁打で先制し、試合の主導権を握った。ロッテは8回表に西岡の本塁打で同点に追いつく。8回裏に成瀬が降板すると、西武は2死満塁から大島の2点適時打に相手の失策も絡んで勝ち越し、さらに栗山の適時打で突き放す。しかし9回表に涌井が降板すると、ロッテも1死満塁から金泰均の2点適時打、さらに再び満塁とすると里崎が2点適時打を放って同点に追いつき、パリーグのクライマックスシリーズとしては初の延長戦に突入。西武は10回裏、1死2塁で阿部がサヨナラ適時打性の打球を放つが、レフト清田の好捕もあり無得点となると、ロッテは11回表に福浦が本塁打を放ちこれが決勝点となり勝利。ロッテがファイナルステージ進出へ王手をかけた。, 第2戦の先発は西武は岸、ロッテはマーフィー。西武は1回裏に2死1,2塁から中村の適時打、さらに満塁からブラウンの2点適時打で3点を先制。ロッテは2回表に今江のソロ本塁打で1点を返すが、西武は3回裏に1死3塁からブラウンの犠飛で1点を追加。ロッテは6回表に無死1,2塁からサブローの適時打、7回表に無死2塁から里崎の適時打で1点差に詰め寄る。西武は8回裏、2死2塁で栗山が安打を放つが、走者佐藤が本塁で憤死となり無得点となると、その直後の9回表にロッテは里崎の本塁打で同点に追いつき、2戦連続の延長戦に突入する(2戦連続の延長戦は両リーグのクライマックスシリーズを通じて初)。11回表にロッテは2死1,2塁から井口が適時打を放って勝ち越しに成功すると、11回裏は小林宏が抑えてゲームセット。ロッテが2連勝でファイナルステージ進出を決めた。一方の西武は片岡易之を怪我で欠き、リリーフ陣が終盤でことごとく打ち込まれ、さらに2戦ともサヨナラのチャンスを作るも全て無得点となり、2連敗で敗退した。, 西武の敗退により、パリーグ全6チームがクライマックスシリーズのファースト(第1)ステージ、またはファイナル(第2)ステージのいずれかで敗退の経験を持つ事となった。, 初戦の先発はソフトバンクは杉内、ロッテはファーストステージ第1戦から中4日の成瀬。ロッテは2回表、今岡と金泰均の連打で無死1,3塁から大松が3ラン本塁打を放ち先制。ソフトバンクは5回裏に1死2塁から川崎の適時打で1点を返すが、成瀬はその後1人も走者を許さず、結局9回を投げ切り完投でロッテが先勝。ソフトバンクにはアドバンテージの1勝があるため、両チーム1勝1敗のタイとなった。, なお、8回表のサブローの打球に対し、クライマックスシリーズ初のビデオ判定が行われた(結果は、打球がトップフェンスでの跳ね返りにより2塁打と判定された)。, 第2戦の先発はソフトバンクはシーズン最多勝の和田、ロッテはペン。ロッテは1回表に清田がソロ本塁打を放ち先制。ソフトバンクは2回裏に多村の安打と三塁手今江の悪送球などで1死満塁とすると山崎が右前に2点適時打を放ち逆転。さらに3回裏にも井口と的場の相次ぐ悪送球で本多が3塁に進み、ここで小久保が犠牲フライを放ち1点を追加。和田は3回以降は走者を1人も出さない投球で完投勝利。ソフトバンクが2勝1敗で再び白星先行とした。ロッテは和田の前にクライマックスシリーズ最少の2安打と打ちあぐねた他、3つのエラーが全て失点に絡む形となった。, 第3戦の先発はソフトバンクはホールトン、ロッテはファーストステージ第2戦から中5日でマーフィー。ソフトバンクは1回裏、川崎の四球、本多の犠打にマーフィーの悪送球が絡み、2死2,3塁からマーフィーのワイルドピッチにより3塁走者川崎が生還し無安打で1点を先制。その後は両チームともにチャンスにあと一本が出ない展開が続き、結果としてこの1点が決勝点となりソフトバンクの勝利。3勝1敗となったソフトバンクが日本シリーズ進出へ王手をかけた。ロッテは昨日に引き続き打線がソフトバンク投手陣に抑えられ、守備のミスが失点につながる結果となった。, この試合はプレーオフ・クライマックスシリーズ通じて初となる「両軍の打点ゼロの試合」となった。, 第4戦の先発はソフトバンクは陽耀勲、ロッテは渡辺俊。2回表にロッテは今岡のソロ本塁打で19イニングぶりの得点を挙げると、4回表には2死1,2塁から大松の適時打によって、ファイナルステージ初の本塁打以外での得点を挙げる。6回表には1死3塁から金泰均の遊ゴロの間に3塁走者今江が生還し1点、9回表には1死3塁から井口のタイムリー内野安打で1点を追加する。ソフトバンクは8回までは渡辺俊の前に手も足も出なかったが、9回裏に無死1,3塁から小久保の適時打による1点、渡辺俊から代わった小林宏から2死満塁とすると柴原が押し出し死球の1点で計2点を返す。なおも満塁で逆転サヨナラのチャンスを得るが、最後は山崎が捕邪飛に倒れゲームセット。ロッテが2勝3敗と踏みとどまった。, 第5戦の先発はソフトバンクは大隣、ロッテは3か月ぶりの登板となる大嶺。ソフトバンクは1回裏、2死2塁から小久保が適時二塁打を放ち1点を先制する。ソフトバンク先発の大隣は5回を2安打無失点に抑えるが、6回よりファルケンボーグに交代すると、ロッテは7回表に無死3塁からサブローの適時二塁打で同点とし、代わった攝津からも1死3塁から代打福浦が右前適時打、さらに2死1,3塁から里崎が右越え適時二塁打を放ち、計3点を挙げ逆転に成功。ソフトバンクは8回裏に無死1塁からオーティズの適時二塁打で1点を返し、なおも無死2塁と同点のチャンスを迎えるが、小久保、多村、ペタジーニの3者が凡退し1点止まり。するとロッテは直後の9回表に清田が2点本塁打を放ちソフトバンクを突き放し、最後は小林宏が3者凡退に抑え勝利。ソフトバンクの救援投手陣を打ち崩したロッテが日本シリーズ進出へ逆王手をかけた。, 両チームが3勝3敗のタイとなり、アドバンテージ導入後の2008年以降のクライマックスシリーズ・ファイナル(第2)ステージにおいて、ファースト(第1)ステージ勝者チームの王手、および第6戦での決着がいずれも初となった。, 最終戦の先発は初戦と同じでソフトバンクは杉内、ロッテは成瀬がともに中4日で先発。ロッテは5回表、制球の定まらない杉内を攻め2死満塁から井口が死球、サブローが四球と連続押し出しで2点、さらに今江が中前に2点適時打を放ち杉内をKO。ソフトバンクは6回から、第2戦完投勝利の和田を中3日で登板させる執念の采配を見せ、和田はこれに応え2イニングを無失点に抑えるが、打線は成瀬の前に沈黙。そして和田に代わって4番手のファルケンボーグが登板した8回、ロッテは1死2塁から金泰均の適時打、さらに続く大松の2ランで決定的な3点を挙げる。第1戦に続いて2戦連続で中4日で先発した成瀬はソフトバンク打線を4安打無四球、二塁を踏ませず一度も得点圏に走者を許さない完璧な投球内容で113球の完封勝利。ロッテが4勝3敗で4勝先取となり、2005年以来5年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。一方ソフトバンクはこのファイナルステージで本塁打ゼロに終わり、再三の好機を逸すなど打線が不調で、加えて第4戦以降は頼みの救援投手陣も不調だった事などが響き、2004年以降のプレーオフから数えて6連続で敗退、2007年以降のクライマックスシリーズに限っても3連続で敗退となった。, ロッテは、シーズン3位からの日本シリーズ進出及び、2008年からのアドバンテージ導入以降、ファースト(第1)ステージ勝者チームとしてはプロ野球史上初の進出となった。(前身のパ・リーグ・プレーオフから数えれば2006年も含み初の進出), パ・リーグがプレーオフ制度を導入した2004年以降、両リーグでレギュラーシーズン勝率1位の球団が第2ステージで敗退し日本シリーズ進出を逃したのは、2004年のダイエー(西武に2勝3敗で敗退)[2]、2005年のソフトバンク(ロッテに2勝3敗で敗退)[2]、2007年の巨人(中日に0勝3敗で敗退)以来4例目で、クライマックスシリーズでは2例目であるが、2008年以降のアドバンテージ制導入後における1位球団の敗退は、両リーグを通じ史上初めての事例となった。, 第3戦(10月11日)が開催されていた場合は、NHK衛星第1とJ sports Plusで放送される予定だった。, 第1戦を中継したテレビ埼玉(TVS)は、地上デジタル放送では031chのみでの放送となった。032 - 033chは12:30 - 14:30に「中央競馬ワイド中継」を通常通り放送した。また、テレビ埼玉では通常、大友進か松沼雅之が解説を担当するが、この日のみ片平晋作が解説を務めた。, ※第3戦が実施されていたら、文化放送(QR)≪KBCとの2局ネット≫で放送される予定だった。, 各局が放送している地域でのローカル中継であったが、文化放送(QR)がパ・リーグクライマックスシリーズ全試合にてNRN関東地区担当ということも有り、KBCラジオと文化放送(QR)の中継はリポーターが共通となった。, ※ニッポン放送(LF)はセ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ「阪神×巨人」第1戦を放送したため予備カード扱いとなった。放送が実現した場合、解説:デニー友利、実況:山田透の体制になる予定であった。TBSラジオは当日ワイド番組を優先したため、セパともに放送なし。, ※ニッポン放送(LF)とTBSラジオはセ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ「阪神×巨人」第2戦を放送したため予備カード扱いとなった。放送が実現した場合、ニッポン放送(LF)は実況:宮田統樹、解説:黒木知宏、TBSラジオは実況:清水大輔、解説:盛田幸妃の体制になる予定であった。ただし両局とも「阪神×巨人」の中で上記メンバーによる現地からの実況挿入があった。, ※ニッポン放送(LF)とTBSラジオは、当初の予定ではセ・リーグクライマックスシリーズファーストステージ「阪神×巨人」第3戦を放送することになっていたが、同カードは前日の第2戦で決着したため、両局での中継が実現できた。, ファーストステージ、ファイナルステージ全試合がアウェーでの開催となった千葉ロッテマリーンズは、地元のファンのために全試合において千葉マリンスタジアムでパブリックビューイングを開催した[4]。, 入場無料ながら特別ゲスト(解説)に元ロッテマリーンズの立川隆史を迎えたほか、球団マスコットも総動員され、千葉市の熊谷俊人市長も「96 KUMAGAI」[5]の背番号・ネーム入りホームユニフォーム姿[6]で応援に駆け付けたほか、日本シリーズ進出が決まった試合では内野1、2階席が解放され約1万3000人の観客が訪れた。, この2ケースでは、第2ステージ勝利チームがリーグ優勝とみなされていたため、リーグ優勝さえも逃す形となった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ&oldid=78039865, 1983年から1985年は、シーズン終了時、5ゲーム差以内のみ実施の変則プレーオフ。, ロ : ●マーフィー (4回2/3) - 薮田 (1回1/3) - 内(1回) - 伊藤 (1回), ソ : ●杉内 (4回2/3) - 森福 (0回1/3) - 和田(2回) - ファルケンボーグ (1回) - 攝津 (1回), 放送時間:13:00 - 16:00(KBC、延長あり)、14:00 - 15:55(yab、KAB、NCC、QAB)、14:00 - 16:00(KAB), 実況:坂梨哲士、解説:伊東勤、リポート:早瀬雄一(ソフトバンクサイド)、上野速人(ロッテサイド), 実況:飯塚治、解説:東尾修、ゲスト:工藤公康、リポーター:田上和延(KBC、ソフトバンクサイド)、上野智広(ロッテサイド), 実況:沖繁義、解説:藤原満、リポーター:小林徹夫(ソフトバンクサイド)、飯塚治(QR、ロッテサイド), 実況:斉藤一美、解説:山崎裕之、ゲスト:工藤公康、リポーター:沖繁義(KBC、ソフトバンクサイド))、上野智広(ロッテサイド), 実況:小林徹夫、解説:藤原満、リポーター:田上和延(ソフトバンクサイド)、斉藤一美(QR、ロッテサイド), 実況:上野速人、解説:武田一浩、リポーター:早瀬雄一(ソフトバンクサイド)、福澤浩行(ロッテサイド), 実況:沖繁義、解説:西村龍次、リポーター:小林徹夫(ソフトバンクサイド)、松島茂(QR、ロッテサイド), 実況:斉藤一美、解説:松沼雅之、ゲスト:山崎武司(楽天内野手)、リポーター:小林徹夫(KBC、ソフトバンクサイド)、松島茂(ロッテサイド). 続く第2戦。初回に西武が3点を先制すると、3回にも1点を追加し、主導権を握ったかのように見えた。しかし、ロッテが1点ずつこつこつ返していくと、9回の表に里崎智也選手の本塁打が飛び出し4-4の同点に。2試合連続の延長戦にもつれ込むのだ。そしてまたも11回表、井口選手にタイムリーが飛び出し、5-4でロッテが連勝!2試合とも劇的な勝利をおさめ、ファイナルステージへと駒を進める。, ソフトバンクとのファイナルステージも、息の詰まる試合が続く。第1戦で成瀬投手が1失点完投し、3-1でロッテが勝利すると、反対に2戦目はホークスの和田毅選手が負けじと完投し、1-3でやり返されてしまう。さらに第3戦目も完封されてしまい、ソフトバンクがアドバンテージを含めて3勝となり、日本シリーズへ王手をかける。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 しかし第4戦、阪神から移籍した今岡誠選手が本塁打を放つと、ロッテ打線が息を吹き返し、そのまま4得点。投げては渡辺俊介選手が8回無失点の好投を見せ、4-2で完勝。何とか踏みとどまり、望みをつなげた。, そして第5戦、初回にソフトバンクが1点を先制。一方のロッテは6回まで無得点と嫌な流れになる。しかし、7回にピッチャーが変わると、サブロー選手・福浦選手・里崎選手の3連打で一気に3得点を入れて逆転!さらに9回にはルーキー清田選手の2号本塁打も飛び出し、3勝3敗のタイ(アドバンテージ含む)ながらいい流れで第6戦を迎える。 そして第6戦、圧倒したのはロッテだった。結果を先に伝えると7-0でロッテの完勝だ。投げては成瀬選手が完封勝利し、打っては相手先発の杉内投手から5回に4点、さらに中継ぎも打ち崩し8回に3点。理想的な流れでホークスを下し、日本シリーズに進出したのだ。シーズン3位のチームがクライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズに進出するのは史上初の出来事だった。, 日本シリーズ、相手はセリーグを1位で勝ち上がった中日ドラゴンズだ。このシリーズといえば、やはり特筆すべきは第6戦・第7戦だろう。3勝2敗と王手をかけて挑んだ、ナゴヤドームでの第6戦。2-2のまま延長戦へ。しかし、お互いに決め手を欠き、そのまま延長15回が終わっても2-2のまま。5時間43分の熱戦は幕を閉じる。 2010年度レギュラーシーズン第1位チームの福岡ソフトバンクホークス(1勝分のアドバンテージが与えられる)とファーストステージの勝者の千葉ロッテマリーンズが6戦4勝先取制で争い、勝者が日本選手権シリーズへの出場権を得る。 クライマックスシリーズでは ソフトバンク相手に1失点完投勝利&1完封勝利を上げ 見事mvpを獲得! マーフィー (29歳) … 史上稀に見る大激戦となった、2010年日本シリーズの全記録!☆延長15回でも決着が付かなかった第6戦に象徴されるように、史上稀に見る実力伯仲の大激戦となった、2010年日本シリーズ全7戦を克明に記録!☆特に第6戦と第7戦は、随所に実況中継を盛り込みながら、ポイントとなったプレーを余すところなく完全収録!☆各試合の勝利監督インタビュー、殊勲選手インタビューも収録した、トータル収録分数約160分に及ぶ、充実の内容!☆特典映像として、史上初のリーグ3位から日本シリーズ制覇を果たした千葉ロッテマリーンズの、祝勝会の模様をたっぷりと収録!発売元:フジテレビ/ポニーキャニオン(C)2010 フジテレビ/ポニーキャニオン, 史上稀に見る実力伯仲の激戦となった2010年日本シリーズ全7戦の模様をDVD化。延長15回でも決着が付かなかった第6戦をはじめ、勝敗の決め手となったプレーの数々に加え、リーグ3位から日本シリーズ制覇を果たした千葉ロッテの祝勝会風景ほかを収録。, 史上稀に見る実力伯仲の大激戦となった、2010年日本シリーズ全7戦の模様を収録。各試合の勝利監督インタビュー、殊勲選手インタビューも収録。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, BUILDING OUR DREAM ! 中日vsロッテの日本シリーズ第6戦は、延長15回の末2-2の引き分けに終わり、ロッテの胴上げは持ち越しとなりました。歴史的死闘から一夜明け、7日の第7戦もナゴヤドームで行われましたが、初回から激しい打ち合い、そして2夜連続の延長戦という展開に…。 2005年の4連勝といい、2010年の下剋上といい、ロッテが日本シリーズに出場すると、毎回奇跡的なことが起こる。 苦戦していても、最後まで諦めないロッテの活躍に期待をしたい。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 Photo by Evgenii Matrosov/Shutterstock.com, 千葉ロッテマリーンズの奇跡といえば2010年だろう。この年、ロッテはレギュラーシーズンをパリーグ3位で終えた。 Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 苦戦していても、最後まで諦めないロッテの活躍に期待をしたい。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 試合が動いたのは12回表だった。9回から登板して4イニング目に入った浅尾拓也選手を攻め、フォアボールで先頭を出すと送りバントでチャンスを作る。そしてここで試合を決めたのが伏兵・岡田幸文選手だった。振り抜いた打球はライトの頭を超える値千金の勝ち越し3塁打。これが決勝点となり、ロッテは史上初の、シーズン3位からの日本一を達成したのだ。, 2005年の4連勝といい、2010年の下剋上といい、ロッテが日本シリーズに出場すると、毎回奇跡的なことが起こる。 2010年度レギュラーシーズン第1位チームの福岡ソフトバンクホークス(1勝分のアドバンテージが与えられる)とファーストステージの勝者の千葉ロッテマリーンズが6戦4勝先取制で争い、勝者が日本選手権シリーズへの出場権を得る。

花王 買わない, アルテミスステークス 2020, 笛木優子 結婚 式, イノセンス 視聴率, オークス 攻略, ビンラディン 最後,