牡馬クラシックの第二弾「日本ダービー」へ向けて、各馬が最終追い切りを終えてきた。今回は、中でも追い切りの評価が高いと判断した馬3頭を紹介したい。 コントレイル(牡3、矢作芳人厩舎) 5/27(水)栗東・坂路(良)4f52.6-3f37.9-2f24.9-1f12.4(馬なり) 本記事は、2020年05月31日に東京競馬場芝2400mで開催される「東京優駿(日本ダービー)」(G1)の追い切り評価最終版です。以降の更新はありません。レースは3歳牡牝定量戦です。 皐月賞がメイチ感ありましたので、それ以上というのは難しいですが、ある程度出来はキープできているものと思われます。, 一週前 ダービー2020予想と最終追い切り・調教評価まとめ. 本日は10月11日(日)は東京競馬場で行われる、毎日王冠の全頭最終追い切り調教診断(後編)を行って行きたいと思います。  …, こんばんは、荒れ戦です。 栗CW良 97.9-81.3-66.2-51.5-37.5-12.2 一杯, 一週前にCWコースで3頭併せを行い、長めをビッシリ追い切り、キビキビした動きを見せておりました。, 荒れ戦です。 【日本ダービー(東京優駿). ・有力馬考察 このブログは、重賞レースの単複候補を、毎週まったり発表している競馬予想ブログです。, 『日本ダービー(東京優駿). 『怪奇!単複男』へ御訪問頂きありがとうございます。 ... 【京都ジャンプS予想2020】注目の障害G3!オジュウチョウサンやタガノエスプレッソなど出走予定馬を考察, 【武蔵野S予想2020】砂の王者を目指す強豪が集結!タイムフライヤーやモズアスコットなど出走予定馬を考察, 【福島記念2020予想】福島名物のハンデG3!ヴァンケドミンゴやアドマイヤジャスタなど出走予定馬を考察, 【デイリー杯2歳S予想2020】クラシックにも繋がる2歳戦!レッドベルオーブやホウオウアマゾンなど出走予定馬を考察, 【エリザベス女王杯2020予想】3歳vs古馬の牝馬頂上決戦!ラッキーライラックやノームコアなど出走予定馬を考察, JRAアルゼンチン共和国杯(2020)は長距離でも速い上がりが使える“あの馬”に注目, 【アルゼンチン共和国杯2020予想】最終追い切り・調教内容が高評価の馬トップ3は?. 2020』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 『日本ダービー』とは、三冠競走(皐月賞/ダービー/菊花賞)の1つで、3歳のチャンピオン決定戦です。 阪神競馬の日曜メインは牝馬チャンピオンを選ぶ「エリザベス女王杯」です。3歳馬と歴戦の古馬との激突が最大の見どころとなっています。今年は例年の京都競馬場ではなく阪神競馬場で開催ということで求められる傾向も変わってきそうです... 阪神競馬の日曜メインは牝馬チャンピオンを選ぶ「エリザベス女王杯」です。3歳馬と歴戦の古馬との激突が最大の見ど... 阪神競馬の土曜メインは2歳G2「デイリー杯2歳ステークス」です。この後の阪神JFや朝日杯FSはもちろん、来年... 福島競馬の日曜メインは七夕賞と並ぶ福島の伝統の一戦「福島記念」です。福島の芝2000mで行われるハンデ重賞で... 距離は2500mと長く、最後の長い直線に向けて構えることが多くなることからも、基本的には後傾ラップになること... 東京競馬の土曜メインはダートマイルのG3「武蔵野S」です。2014年から1着馬にチャンピオンズカップの優先出... 今週の阪神競馬では障害重賞の「京都ジャンプステークス」が開催。例年京都の障害3170mで行われているレースで... 11月8日(日)に東京競馬場で開催された第58回アルゼンチン共和国杯は、C.ルメール騎手が騎乗する3番人気のオ... 今週日曜阪神のメインレースは登録11頭と、フルゲート16頭に対して少頭数での開催になりそうなG3・みやこステ... G1ホースへの登竜門「アルゼンチン共和国杯」へ向けて各馬が最終追い切りを終えてきた。今回は追い切り映像やタイ... 東京競馬の日曜メインは「アルゼンチン共和国杯」です。古馬中長距離G1路線を占う上でも重要な一戦となります。 ・荒れるレース波乱診断 『日本ダービー(東京優駿). 2020】 【注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【2回東京.12日目】 【2020年/5月31日(日曜日)】 【第87回.日本ダービー(東京優駿)/ G1】 【3歳/定量/芝2400m】 『日本ダービー(東京優駿). 菊花賞2020の1週前追い切りと最終追い切り、それぞれの調教内容から動きの良く見えた馬をピックアップ。調教映像確認後に随時更新していきますのでご確認下さい。時間に余裕があるときは動画で全頭解説なども行う場合があります。 今回は5月31日(日)に行われる、東京優駿日本ダービー2020の予想として 全頭最終追い切り調教診断(前編 ... (追い切り評価97点) 今回. 今回は大阪杯2020の最終予想として、展開予想、印付き診断、買い目 …, 【皐月賞2020】最終予想 展開予想、印し付き分析、買い目公開 | 荒れ戦の競馬予想ブログ, 競馬ブログ19日目【大阪杯2020】最終予想 軸はどん尻人気馬 | 荒れ戦の競馬予想ブログ, 人生変えるプロジェクト(3月16日~3月22日)までの振り返り | 変わるブログ~40代公務員 脱サラ目指す!~. 2020』の『最終/追い切り後/調教 本日2本目のブログ更新になります。 今回は日本ダービー2020予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。 全てのホースマンが夢見る日本ダービーがいよいよ今週末に開催されます。 競走馬にとって一生に一度しか出走できず、勝った馬には「ダービー馬」の称号が与えられます。  …, 荒れ戦です。 競馬予想に役立つ最新情報をお届けするニュースメディア。データ・血統考察などの予想コラムも満載。, 牡馬クラシックの第二弾「日本ダービー」へ向けて、各馬が最終追い切りを終えてきた。今回は、中でも追い切りの評価が高いと判断した馬3頭を紹介したい。, 5/27(水)栗東・坂路(良)4F52.6-3F37.9-2F24.9-1F12.4(馬なり), 栗東坂路を単走。馬場の外ラチ沿いを駆け抜け、余力十分のフットワークでラスト1Fは12.4と鋭く伸びた。前走の皐月賞の最終追いでは内目を通って全体で52.9をマークしており、前走よりも良い内容。1週前は栗東坂路を2頭で併せて6F80.2-5F64.8-4F50.7-3F37.4-1F12.4の好時計をマークし、しっかりと負荷がかけられた。順調な仕上がりを感じさせる。, 5/27(水)美浦・南W(やや重)5F66.6-4F51.5-3F38.4-1F12.2(強め), 嶋田騎手を背に(レースはC.ルメール)美浦南Wで3頭併せ。僚馬ニシノコトダマ(2勝クラス)を先行させ、フィリアーノ(1勝クラス)を後ろに置き、直線で併せると真ん中から力強く前へ出て2頭に1馬身先着した。序盤は馬なりでラストは強く追われて負荷をかけられた。1週前も3頭で併せて直線は気合を付けられラスト1Fは11.8と鋭く伸びて併入した。追うごとに良化しており好気配。, 5/27(水)美浦・南W(やや重)5F67.1-4F52.0-3F37.9-1F11.3(馬なり), 美浦南Wを2頭併せ。僚馬モンテグロッソ(3勝クラス)を4馬身先行させ、コーナーで内から差を詰めると、直線はゴール前ギリギリで交わして半馬身先着した。序盤は口を割るところも見られたが、追われるとラスト1Fは11.3と鋭く伸びた。1週前は南Wを2頭併せで5F70.2-3F40.2-1F12.8と時計は地味だったが長めから息を整える内容で、日曜には坂路で1F11.9の好時計をマークしている。力は出せる状態。, 競馬に関する速報性の高いニュースなどを主に配信しております。競馬歴はまだ5年と浅いですが、他にもレースを予想する楽しさや、サラブレッドのカッコよさや、競馬が生む数々のドラマなどを、記事を通して競馬ファンの方々へ伝えていければと思っております。. 2020』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。, 『日本ダービー』とは、三冠競走(皐月賞/ダービー/菊花賞)の1つで、3歳のチャンピオン決定戦です。『競馬の祭典』とも呼ばれ、東京競馬場.芝2400m で行われています。, アルジャンナの1週前追い切りは、浜中を背に坂路4ハロン52・9―38・5―12・5秒(一杯)。トゥザクラウン(古馬オープン)と併入した。スッとスムーズに反応し、馬場を考えれば時計も優秀。1週前としては文句なしだろう。, 「1週前追い切りはまずまずの動きでした。現状からすれば満足できる内容。前走(毎日杯=2着)は、当時の状態としてはベストの競馬だったし、能力の高さは見せてくれたと思う」, ★評価A★アルジャンナはロジャーバローズに続いてダービー連覇を狙う浜中を背に坂路で併せ馬。余力十分に併入決着に持ち込み、好仕上がりを印象付けた(4ハロン53・2―12・4秒)。, 「動きはメニュー通り。心身ともにまだ成長段階の馬だが、反応や息遣いは先週より良くなっている」, ヴァルコスの1週前追い切りは、ウッド6ハロン81・6―37・7―12・4秒。前の2頭を追走し、内に潜り込んで1馬身先着も手応えは劣勢。ラストの伸びも平凡だ。, 「前走(青葉賞=2着)のダメージはなく、むしろ馬体が締まってきたことで競走馬らしさが出てきました。この馬の特徴である息の長い脚を生かしたいし、それを伸ばす追い切りもしています。いい形で本番に向かえそうです」, ★評価B★ヴァルコスは坂路で単走。強めに追われて4ハロン54・8―12・8秒をマークした。時計は目立たないが、フットワークは軽快そのもの。, 「競走馬らしい体つきになってきた。この馬の武器は操縦性の高さと持久力。前回からもう一段階状態が上がっているので持ち味が生きる展開になってほしい」, 青葉賞の2着馬ヴァルコスは、厩舎周りで入念に引き運動。筋肉がうっすらと浮いて見える引き締まった馬体は、前走からの上積みを感じさせる。, 「競走馬らしいシャープな体つきになりましたね。状態に関しては変わらないですが、高いレベルで維持できているという意味です。秋にはもっと良くなる馬だと思うけど、現状でもよくここまできてくれたと感心するくらい。前走で速い時計にも対応できました。楽しみですね」, ヴェルトライゼンデの1週前追い切りは、池添を背にウッド6ハロン80・0―37・1―12・0秒で僚馬と併入。長めから追われて負荷のかかった内容。大きな上積みはないが、前走(皐月賞=8着)後も順調に稽古を積んでいる。, 「1週前追い切りはしっかりとした走りでした。当週で態勢は整うと思う。皐月賞は出して行ったけど、内が緩かったし、ペースも速く最後で伸びあぐねた感じ。ただ、ここまでは思い描いた通りに来れているし、ダービーでピークに持っていけそう」, ★評価A★ヴェルトライゼンデは池添を背に僚馬アイスバブル(目黒記念出走予定)と坂路で併せ馬。3馬身ほど追走し、ラスト1ハロン手前で射程にとらえる。鞍上が満を持してゴーサインを送ると、鋭く脚を伸ばして1馬身半突き抜けた(4ハロン54・3―12・2秒)。鞍上は確かな手応えを口にした。, 「いい反応だったし、手前も上手に替えて最後の1ハロンでよく伸びてくれた。軸がしっかりしてブレなくなってきたね。レースに向けていい感じに仕上がっている」, コルテジアの1週前追い切りは、松山が乗ってウッド6ハロン83・6―38・2―11・8秒。3頭併せの真ん中で最先着した。直線の伸びも鋭く前走以上の仕上がり。, 「前走(皐月賞=7着)は結果的に内枠がアダになった。ただ、馬場の荒れたところを通りながらも、最後はじわじわ伸びてきていたし、内容は悪くなかった」, ★評価A★コルテジアはウッドで併せ馬。楽な手応えで僚馬に外から並び掛け、活気十分に1馬身半先着した。大一番へ向け仕上がりは万全(6ハロン81・8―37・6―12・3秒)。, 「前走(皐月賞=7着)も内容は悪くなかったし、中間も順調で状態はさらに上向いている。前進を期待したい」, コントレイルの1週前追い切りは、福永を背にウッド6ハロン79・9―37・3―12・3秒。目黒記念出走予定のステイフーリッシュを追走し、楽な手応えで1馬身先着した。馬体を維持して文句のない状態。, 「皐月賞の後は大山ヒルズ(鳥取)へ放牧に出ていましたが、すごくいい形で帰ってきてくれたことで、現状では何も言うことがないくらいに順調。まずは無事に順調であることが何よりで、このままダービーへ向かえれば」, 「日曜の追い切りは左回りでもスムーズに走れていた。以前より右へ張る面がなくなっていますね。皐月賞では外から動いていく競馬で勝ち切ってくれたので、鞍上(福永)も自信を持って臨めると思う。母系や兄姉を見るとマイルまでの印象だったけど、折り合いもつくようになって、今は何の不安もないですね」, ★評価A★4戦4勝の皐月賞馬コントレイルは、坂路で単走追い。1週前にウッドで6ハロン79秒台の強い負荷をかけているので、この日は馬の気分に任せたままの余力十分の稽古となった。 それでも4ハロン52・6―12・4秒を楽々とマーク。今にも翔びそうな弾力に満ちあふれたフットワーク、時計以上のスピード感で、ケチのつけようのない動きを見せた。陣営は一点の曇りもない盤石の仕上げに自信をみなぎらせた。, 「先週の時点で馬体は仕上がっているのでそれを維持するだけで十分。前回よりも息の入りが良くなって上積みしかないですね。以前ほど左回りで外へ張る面もなくなっているし、鞍上も前走の競馬で自信を持って臨めると思う。あとはとにかく無事にゲートインさせるだけです」, 「皐月賞はこれまでと違ったレーススタイルで結果を出してくれた。血統、走法から距離に限界があると思っていたけど、皐月賞の前に牧場と厩舎がうまくフォームを変えてくれて距離の融通が利くようになっている。無敗の皐月賞馬、1番人気で迎えるダービーはこういう立場ではないと感じられない緊張感はあるけど、レースでの迷いはない」, 無敗の牡馬2冠を狙うコントレイルは、厩舎周辺の運動で前日の最終追い切り後のケアに努めた。皐月賞時より馬体の張り、毛ヅヤが良くなっており、ピークの状態に仕上がっている。陣営も特に不安のない様子だった。, 「我々の想定を超えて、一戦ごとに進化しているね。走りのバランスが良くなったのと精神面の成長が大きい」, 「以前と違って外へモタれる面がなくなり、折り合いがつくようになっていますからね。鞍上(福永)も自信を持って乗ってくれるでしょう」, ★評価B★サトノインプレッサは、NHKマイルCで前残りの展開もあっていつもの末脚が見られず13着と惨敗。連勝は「3」でストップしたが、2走前は毎日杯で強い勝ち方をしているだけに、その一戦で評価を下げるのは早計だ。 この日は坂井を背に、ウッドでカフジロッソ(古馬2勝クラス)と併せて楽な手応えで先着(6ハロン81・8―39・0―13・0秒)。中2週のローテーションだが、調子落ちは感じられない。, 「中間の調教でも我慢ができているので距離は問題ないと思う。鞍上も毎日乗ってくれて感触をつかんでくれているし、このひと追いで態勢は整う」, ディープボンドの1週前追い切りは、坂路を馬なりで駆け上がり4ハロン57・3―41・5―13・4秒。内容は軽いが、間隔を考えればこれで十分。脚はしっかり出ており好調をキープ。, 「前走(京都新聞杯=1着)は皐月賞(10着)で厳しい競馬を経験した成果が出たね。勝負どころでの反応も良く、速い時計でもしぶとく粘れた。距離延長は問題ないし、脚質的に直線の長い東京は合いそう。消耗戦になるようなら面白いね」, ★評価A★ディープボンドは、和田を背にウッドで単走。直線はサッと脚を伸ばして6ハロン81・1―37・3―12・4秒の好時計をマークした。, 「良かったです。間隔を詰めて使っているけど、デキ落ちはないですね。馬は元気で、ひょうひょうとしていました」, マイラプソディの1週前追い切りは、ウッド6ハロン85・5―39・6―11・8秒。3頭併せの真ん中で楽な手応えで最先着した。動きも実に柔らかで大敗後も気配は悪くない。, 「メンタル面に課題を抱えた馬なので、中間はチークピーシーズとメンコを装着。坂路には入れずにトラックで乗るなど、走り方を見つめ直す取り組みをしています。この馬らしい走りを取り戻してくれれば」, マイラプソディは、新馬戦から一気の3連勝で京都2歳Sを制した時は一躍ダービー候補と騒がれたものの…。共同通信杯の4着に続き、皐月賞では13着惨敗を喫して評価は急落。自らやめてしまうような走りはメンタルの問題か。この中間は馬具を工夫し、さらに格下相手に併せ馬を行って、自信を回復させる調整を重ねてきた。左回りを走らせたい意図で行われたこの日は、ウッドで単走。序盤はゆったり進み、しまい重点に加速していく。中間の取り組みの効果もあって、直線は気持ちがグッと乗り、鋭く脚を伸ばした(5ハロン70・2―10・8秒)。メンタル面を修正できた今回は不気味な存在だ。, 「気持ちが乗って走りがまとまってきましたね。自らハミを取って、体も使えていて、すごく良かった」, 「前回(皐月賞=13着)以上のデキに持ってこれました。自分でやめるような面を見せているので、今回はそういった面を考慮しながらの調整。チークとメンコを着けたことで効果は出ています。直線の長い東京はこの馬に味方になると思いますし、左回りもいい。力さえ出しきれれば」, マンオブスピリットの1週前追い切りは、ウッド6ハロン83・6―39・7―13・2秒。間隔は詰まるが、長めから時計を出した。楽な手応えで気負いもなく気配は上々。, 「前走(京都新聞杯=2着)は初めての距離にも折り合って上手に走れていました。ここまで無理をせず大事に使ってきたことで、緩さは残る中でも状態は上向きつつあります」, ★評価B★マンオブスピリットは、北村友を背にウッドで僚馬リュヌルージュ(古馬オープン)と併せ馬。大きなアクションは見られなかったが、それでもラスト1ハロンは12・0秒と上々の伸び(5ハロン70・2―38・3秒)。クビ差遅れたものの状態は高いレベルで安定している。, 「よく動けていました。反応も良かったですし、体のバランスが前回(京都新聞杯=2着)より整ってきていると感じました。持ち味の乗りやすさもキープできていますし、距離が延びるのも問題ないと思います」, 「放牧を挟みましたが、前回より活気のある状態で帰厩してきたので、1週前もしっかりと負荷をかけられた。右回りだとモタれる面があって左回りのほうが走りはスムーズ。まだ緩さとか精神的に幼い面はあるけど、それだけ良くなる余地もある馬なんだ」, ★評価B★レクセランスは、坂路で単走。1週前に続いて意欲的な内容で、4ハロン53・9―12・4秒をマーク。ラストは上々の伸びを見せた。, 「活気ある状態で帰厩してくれたので順調に調整できた。まだ緩さや精神的に幼い面はあるが、輸送は問題ない。舞台が東京に替わって前進があれば」, ウインカーネリアンは、同厩2頭を前に見る形で南ウッド5ハロンから68・3―38・7―12・0秒をマーク。四肢をしっかりと伸ばした走りで好状態をキープできている。, 「皐月賞(4着)はかなり厳しいペースだったが、あと一歩のシーンをつくってくれたし、この馬のポテンシャルの高さを改めて示してくれました。中間も引き続き順調で体をふっくらと見せているのは何より。徐々に気性も大人になってきているので距離延長にも対応できるでしょう」, ★評価A★ウインカーネリアンは、田辺を背に南ウッド5ハロンから3歳1勝クラスと併せ馬。楽な手応えのまま併入フィニッシュ。フットワークは力強い(67・0―38・2―11・8秒)。, 「日曜(24日)にも時計を出しているし、今朝はサラッと。しぶとさを生かして頑張ってほしい」, ガロアクリークの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから追走内で古馬3勝クラスに1馬身先着。直線の仕掛けに反応して67・4―37・6―12・4秒。柔軟な身のこなしで前回同様の好アクションが目につく。, 「1週前追い切りは動き、反応ともに良かった。折り合いに苦労するタイプではないし、普段は若さを見せても走りだすと真面目なんだ。皐月賞上位馬との差を埋めたいね」, ★評価A★ガロアクリークは、南ウッド5ハロンから野中(レースは川田)騎乗でカタナ(古馬オープン)を3馬身追走。集中した走りで速いラップを刻み、直線鞍上の手綱が動くと内から僚馬をあっさりかわし、好時計をマークした(64・6―37・4―12・6秒)。充実ぶりに陣営のトーンも高かった。, 「先週、今週と予定通りいい追い切りができた。中間は何の不安もなくきた。折り合いがつく馬なので距離は問題ないし、跳びが大きくフットワークもきれいなので東京も合っている」, サトノフラッグの1週前追い切りは、南ウッド5ハロン68・4―38・9―12・4秒。前走(皐月賞=5着)時と違ってセーブ気味の内容だが、それでも楽々と古馬3勝クラスに追走先着。前走のダメージは皆無で軽快な動きだ。, 「稽古で少し攻めたのが裏目に出たのか、皐月賞は案外な結果。その点を考慮し、中間は余裕を持たせて仕上げている。距離延長は問題なく、東京でもいい勝ち方をしているので改めて」, ★評価A★サトノフラッグは、南ウッド5ハロンから3歳1勝クラスを2馬身後ろから追走。内に併せた直線は、馬なりながらダイナミックなフォームでラスト12・1秒で併入(65・9―36・6秒)。覇気あふれる走りで好仕上がりを約束した。陣営は5着に終わった皐月賞のリベンジを誓った。, 「道中のリズムも良かったし、息の入りや雰囲気もいい。乗りやすく、落ち着いて走る馬。距離は全然問題ないと思うし、速い馬場も経験済み。武(豊)君はこの馬を高く評価してくれている。ダービーを5回勝っている鞍上に託したい」, サリオスの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンからびっしり追われて66・5―37・6―11・8秒。古馬3勝クラスと併入した。見た目は脚色劣勢ながら、外めを回ってこの時計なら合格ライン。このひと追いで確実に状態は上向きそう。, 「皐月賞(2着)は直線で手前を替えなかったことはまったくの想定外でした。中間の疲労回復に時間がかかったこと、馬場が荒れていた内側を走ったことが影響したのかもしれません。今回は心肺機能を先につくって最後は微調整程度の予定。2週前に通常よりも負荷をかけて追い切ったし、体も徐々に引き締まってきました」, ★評価A★デビュー以来、常に放牧を挟みながらレースを使われてきたサリオスだが、2着に終わった皐月賞後は一転、在厩で調整されてきた。今月に入ってから徐々に負荷を高め、2週前、そして1週前に5ハロン追いを敢行。その効果で、これまではボテッと映った腹回りがシャープなラインに。まさに“ダービー仕様”の体つきに変貌を遂げている。 この日はレーンを背に、南ウッドでの併せ馬。セントレオナード(古馬2勝クラス)を射程圏に入れながら、スムーズな脚さばきで追走。直線では鞍上のゴーサインを待つまでもなく、馬体をスーッと併せにいく。最後まで〝静〟に徹しての併入決着も、実にしなやかな走りで最高潮を印象付けた(4ハロン54・2―39・2―12・7秒)。皐月賞ではコントレイルにわずか半馬身差。この中間の上積み幅を考えれば…。日本ダービーで十分に逆転できる差だ。, 「もうハードな調教をする必要はなく、馬の反応を確かめる程度に。ラスト800メートルからは気分良く走れたし、前の馬が近づくと“ファイト”してくれた。万全の状態に仕上がったと思います」, ダーリントンホールの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから先行外で僚馬と併入。70・2―40・2―12・8秒と時計は地味だが、大きな迫力あるフットワークで駆け絶好の気配。馬体の張りもひと際目立つ。, 「1週前は長めから息を整えるイメージ通りの追い切りができました。この中間は体のバランスが良くなって体調面はアップしている。跳びの大きい馬なので東京替わりはプラスです」, ★評価A★ダーリントンホールは、南ウッドで古馬3勝クラスと併せ、ラスト1ハロン手前から追われて半馬身先着。ここにきて瞬発力に磨きがかかってきた(5ハロン67・7―38・3―12・2秒)。, 「前走(皐月賞=6着)時より体のバランスが良くなっているし、距離延長にも対応可能。レース当日までさらにコンディションを上げていきたい」, 6着に終わった皐月賞からの逆襲を狙うダーリントンホールは、開門と同時に北C(ダート)でダクから軽めのキャンターで1周。程よく気合が乗り、大一番に向けて態勢は整いつつある。, 「皐月賞は体のバランスがもうひとつでスタートで後手。それでもラストは伸びたように能力は高い。(27日の)最終追い切りは馬場の入りからスムーズだったし、体調面を含めて間違いなく前走以上。あとは当日までベストを尽くすだけ」, 「前走後は楽をさせたけど、先週からは普通に乗っているし、疲れも抜けてきていい感じ。東京は走るよね。不器用だから広いコースがいいんだろう。オルフェーヴル産駒だから2400メートルも大丈夫だし、前へ行けるからもしかして…なんて期待もあるよ」, ★評価B★ビターエンダーは、南ウッド5ハロンから津村騎乗で2頭併せ。追走から直線は内へ入りラストは半馬身ほど遅れたが、動きそのものには力強さがある(64・7―37・0―12・3秒)。, ★評価B★ブラックホールは、石川騎乗で坂路2頭併せ。追走からラスト一杯に追われて1馬身遅れだったが、4ハロン50・6―37・5―24・8―12・6秒と自身も速い時計をマークした。, ワーケアの1週前追い切りは、南ウッド3頭併せの最内で5ハロン66・8―37・8―12・0秒で併入。意欲的な稽古を敢行しているが、2週連続で脚色劣勢と動き自体は平凡。最終追い切りでどこまで変わるか。, 「弥生賞(2着)後は放牧を挟んでダービーを目標にしてきました。まだ反応にズブさはあるが、追うごとに息は良化。柔らかみが出て前走より体調はずっといい。強敵相手にどこまでやれるかですね」, 2着だった弥生賞からの臨戦となるワーケアは、南の角馬場からダート(Aコース)を経由して、ウッド1周のメニューを消化した。, 「弥生賞から間隔が空いた分、息遣いはもうひとつ。そのあたりはレースを使っている馬と比べてきついが、過去になく、しっかり追い切ってきた。今週は3頭併せで真ん中に入れて気持ちを乗せてみるつもり。広い東京に替わるのはいいと思う」, ★評価B★ワーケアは、嶋田(レースはルメール)を背に南ウッド5ハロンから3頭併せ。2馬身の等間隔で2頭目を進み、直線は馬の間に入れて強めに追われ66・4―37・5―12・2秒で併入した。, 「ファイトさせようと真ん中に入れたが、競馬でも馬混みを平然と走る馬。あまり変わらなかったね。やることはやってきた。徐々に走りに余裕が出てきた。エンジンの掛かりが遅い分、直線の長い東京は競馬はしやすいし、状態はすごくいいので」, 「弥生賞の内容からも馬混みはさばけるから、理想は内枠だね。スタートを決めて5番手あたりから運べれば」, 「(27日に)追い切って少し絞れたが、欲を言えば、もうひと締まりほしいところ。それでも息遣いは良くなったし、あとは競馬でスイッチが入れば」. 追い切り評価 【B】 最終そこそこ好時計。 前走時のデキはキープ。 . 〇ウインカーネリアン(田辺) 美南W稍 67.6 53.1 39.2 11.9 馬なり 追い切り評価 【C】 最終時計平凡・・ 要らないでしょう・・ . 今回は5月17日に行われるヴィクトリアマイル2020の予想として

北の 風呂場 風水, ヨコモ Yd-2 Sx2, プリウス フロントバンパー交換 費用, Illustrator 等間隔 コピー, Avex Mission 浜崎あゆみ, Photoshop 球パノラマ 解除, クレマス 配送 単品, 中学 技術 解像度, ワコム 製品登録 できない, 複数ファイル 一括印刷 Mac, Dcimフォルダ 表示されない Android,