藤田伸二氏スクープ連発!? ■ジャパンC「頂上対決」アーモンドアイ参戦が急浮上!? ジャパンC(G1)「頂上対決」に現実味? ノンストップ「ルメールファースト」! 京王杯2歳S(G2)はニシノガブリヨリに注目!! 「超高額馬の“弟分”が骨折」&「転売ヤーがJRAにビビりまくり」福永祐一“調教師”誕生も時間の問題!? JRA【エリザベス女王杯(G1)展望】C.ルメール“強奪”ラッキーライラックVS M.デムーロ&ラヴズオンリーユー!「女王不在」3歳勢はノーチャンス!? 細江純子の相馬眼がまたも炸裂!? new! また、騎乗したC.ルメール騎手は2018年天皇賞・秋から天皇賞5連勝。 1949~51年の保田隆芳元騎手以来69年ぶり2人目となる天皇賞・秋3連覇となった。 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 名伯楽が「ジャパンC(G1)」で牡牝3冠馬三つ巴を希望!? 史上初は容易でない……。表には出ない「裏情報」が攻略のヒント, JRA菊花賞(G1)西山茂行オーナーが語った「異端の逃亡者」誕生秘話。グレード制導入以降「唯一」逃げ切ったセイウンスカイの伝説【特別インタビュー】, JRAコントレイルがディープインパクトに完敗!? 【週末GJ人気記事総まとめ】, JRA「武豊落馬で馬券が紙くず」!! サートゥルナーリア「評価急落」名騎手“全弟”厩舎から名馬全弟が登場!! 2017年の菊花賞以来、約3年ぶりの勝利を目指したキセキは、天皇賞で歴代最多の14勝(春8勝、秋6勝)を誇る武豊騎手と3度目のコンビで5着。 【週末GJ人気記事総まとめ】. JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ“忖度”の裏に、ノーザンファームにもう一つの「思惑」!? クロノジェネシス痛恨出負け……致命的な不利も「審議」は点灯なし, ライター「A」:アーモンドアイが見事に芝G1・8勝を達成。ですがその陰には、スタート直後にライバル2頭が致命的な不利を受けたことも影響しているようです。, デスク「Y」:昨年とは違って、最後の直線でばっびゅーんってな感じで走ってなかったし、これがなかったら危うかったかもね。, ライター「A」:クロノジェネシスの北村友一騎手は「心の底からいい位置で競馬がしたかった」、フィエールマンの福永祐一騎手も「スタートしてから挟まれたのが痛かった」と振り返っていました。, デスク「Y」:昨年の安田記念(G1)でアーモンドアイはスタート直後に不利を受けたことも影響して3着。あのときはさぞ無念だっただろうけど、今度はライバルの不利が勝利を後押ししてくれた。いやぁ、競馬って本当にわからないもんですね~(水野晴郎風)。, ■JRAアーモンドアイ8冠達成に「疑問」の声続々……天皇賞・秋「忖度は」「牝馬限定戦は」「海外は」見直されるべき「8冠の定義」, ライター「A」:あの不利以外にも、アーモンドアイの芝G1・8勝の偉業に異議を唱える人もいるようです。, デスク「Y」:「牝馬限定G1」や「海外G1」も含めての芝G1・8勝だもんね。これを認めちゃったら、そのうち「G1 CLIMAX」を勝ったことを含める陣営も出てくるかも。, ライター「A」:それはプロレスだからまったく関係ない! ただ以前よりも海外遠征が身近になりつつあるだけに、これからは分ける必要も出てくると思います。, デスク「Y」:「G1 CLIMAX」も最近は外国人選手や他団体の選手も出場するじゃない。新日勢だけの大会で優勝したのか、それともそれ以外の選手も出場した大会で勝ったのかを分けるべ……ぐぇええ。チョークスラムは反そ……。, JRA天皇賞・秋(G1)覇者アーモンドアイに「疑問」の声? 有力騎手が”サンデーR狩り“に恨み節!? ■ノーザンファーム「ルメールファースト」が止まらない!? 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … アルゼンチン共和国杯(G2)「激アツ情報」で極太「◎」から人気馬の不安が丸裸か, JRAアルゼンチン共和国杯(G2)森且行SG優勝の「極上サイン」!? 名伯楽が武豊落選「抽選」に疑問? デムーロ「痛恨」の選択ミス! 天皇賞・秋決着は「死刑判決」を待つ心境!? 横山典弘「ラストラン」は勝負所から別馬の「悲しい過去」, JRA武豊「G1を4つ損した」……脚にボルト入れ現役続行、“幻の3冠馬”が29年前のアルゼンチン共和国杯で見せた復活劇, JRAファンタジーS(G3)“レシステンシア2世”候補は意外な「穴馬」!? 天皇賞・秋追い切り(10月28日・栗東トレセン) 第162回天皇賞(秋)・G1(11月1日、東京)の最終追い切りが28日、東西トレセンで行われた。一時の不振を脱したキセキは、栗東・坂路の併せ馬で楽な手応えのまま先着。 藤田菜七子「戒告」に擁護の声 壮絶な過去を明かした矢作芳人調教師、21年前のスプリンターズS(G1)を沸かせたノリマジック【週末GJ人気記事総まとめ】. ジャパンc(g1)「頂上対決」に現実味? No.1競馬サイト「netkeiba.com」が、天皇賞(秋)(G1)の歴代優勝馬・過去の勝ち馬・騎手・結果をご紹介。 天皇賞・秋で見たルメール騎手の涙…“勝って当たり前”のレースで結果を出す大変さ【浜中俊コラム】 2020年11月7日 08時00分 ノーザンファーム13年ぶりの屈辱? 打倒コントレイルはあの馬に託された!? 『みんなのKEIBA』ヤラカシからの挽回にも期待したい【週末GJ人気記事総まとめ】, JRA武豊2度めの「自主隔離」浮上!? 【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、北村友一, アーモンドアイ, 天皇賞・秋の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!. 秋華賞(G1)「1000万馬券」演出コンビ再び?【週末GJ人気記事総まとめ】, JRA武豊の後継者に海外メディアも「アンビリーバボー」と称賛!? (C)2020 The Chunichi Shimbun, 天皇賞・秋で見たルメール騎手の涙…“勝って当たり前”のレースで結果を出す大変さ【浜中俊コラム】. 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/01(日) 15:53:43.14 ID:Qf9dry8y0 【天皇賞(秋)勝利騎手インタビュー】女王アーモンドアイともに8⃣冠の偉業を達成したC.ルメール騎手「しゃべれないです....。 信じられないパフォーマンス もちろん強い馬ですけど 毎回乗るときはプレッシャーがす … 競馬ナンデ監修による天皇賞秋 2020等重賞出走予定有力馬の詳細情報。予想オッズは集合知に依らず、編集部独自のデータと合議により算出しており、精度が高いと評判。出走馬の次走情報や騎手想定、枠順・過去10年分データなども早期掲載しています。 天皇賞・秋で見たルメール騎手の涙…“勝って当たり前”のレースで結果を出す大変さ【浜中俊コラム】 2020年11月7日 08時00分 【穴党必見!】JRAアルゼンチン共和国杯、どんなに人気がなくてもこの馬を馬券から外すな、7週連続G1の資金稼ぎはここで獲る!? jra天皇賞・秋(g1)覇者アーモンドアイに「疑問」の声? 有力騎手が”サンデーr狩り“に恨み節!? 【週末GJ人気記事総まとめ】, JRA福永祐一「7年間の苦節」、ご意見番・藤田伸二がコントレイル快勝にチクリ!? 【天皇賞・秋】ルメール 天皇賞5連覇!アーモンドアイ8冠に感動「みんなが20年後も覚えていると思う」, 【天皇賞・秋】アーモンドアイが連覇 史上初の芝G1・8勝目! ルメール「信じられないパフォーマンスですね」, 【天皇賞・秋】ルメールが涙「重圧凄かった。よく頑張ってくれた」アーモンド史上初の芝G1・8勝, 【天皇賞・秋】アーモンドアイ鞍上ルメール「完璧な追い切り、トップコンディション」/共同会見, 【天皇賞・秋】ルメール騎手「誰も怖くない」アーモンドアイ史上初の芝G1・8勝へ自信, 【松山弘平コラム・秋華賞特別版】ルメール騎手からは「馬を信じろ」助言胸に…デアリングタクトと偉業に挑みます, 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 さまざまなGORAKUを心から愛する「GJ」。今回も、今週人気だった競馬記事を下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!! 距離短縮組の好走が「幻想」に終わる理由とは, JRA天皇賞・秋(G1)覇者アーモンドアイに「疑問」の声? 有力騎手が”サンデーR狩り“に恨み節!? 先週の天皇賞・秋で、アーモンドアイが史上初となる芝g18勝の偉業を達成しました。ボクは京都競馬場で見ていましたが、アーモンドアイ自身の頑張りはもちろんのこと、乗っていたルメール騎手の手腕も本当に巧みでした。 先週の天皇賞・秋で、アーモンドアイが史上初となる芝G18勝の偉業を達成しました。ボクは京都競馬場で見ていましたが、アーモンドアイ自身の頑張りはもちろんのこと、乗っていたルメール騎手の手腕も本当に巧みでした。負けられないという相当なプレッシャーがあったはずですが、きっちりと自分の仕事をやり遂げたところは、まさにプロフェッショナルだなと感銘を受けました。, レース後のインタビューで涙する場面がありましたが、想像以上の重圧があったのでしょう。ボクはまだ、単勝オッズが1倍台前半という断然人気だったG1レースの経験がないですし、勝って泣いたこともないです。勝つのが当たり前というレースで、結果を出すのがいかに大変なのか。いつかそういう立場になった時に、結果を出せるジョッキーでありたいと改めて思いました。, 土曜は阪神です。10Rのノンライセンスは前走が3着。向正面で前に入られた時に、少し頭を上げる場面はありましたが、うまく立ち回ってくれました。クラスにめどが立っていますし、競馬が上手なので大崩れすることはなさそう。メンバーや展開次第ではチャンスがありそうです。, 中日スポーツ・東京中日スポーツのニュースサイトです。中日ドラゴンズ・名古屋グランパスなどのスポーツニュースから芸能・エンターテイメント情報まで幅広く提供します。, 新聞購読のご案内 / ドラゴンズ情報 / グランパスウォッチャー / 東京中日スポーツ電子版. 2018年 秋華賞(gⅠ) 2018年 ジャパンカップ(gⅠ) 2019年 ドバイターフ(g1)〔ドバイ〕 2019年 天皇賞(秋)(gⅠ) 2020年 ヴィクトリアマイル(gⅠ) 騎手: c.ルメール:5勝目 2018年(秋) レイデオロ 2019年(春) フィエールマン 2019年(秋) アーモンドアイ ジャパンC(G1)「頂上対決」に現実味? ノンストップ「ルメールファースト」! 京王杯2歳S(G2)はニシノガブリヨリに注目!! ■JRA天皇賞・秋(G1)北村友一「心の底から……」武豊の”サンデーR狩り“に恨み節!? JRAオーソリティの「割引材料」は骨折明けだけじゃない!?

韓国 免税店 セール 2020, 牧之原翔子 ありがとう, Nhk 警察に通報, ロッテ 商品, 坂本勇人 愛用,