ロッテの井口資仁監督が9日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦で退場処分を受けた。4回、ソフトバンクの攻撃中に、グラシアルへのデッドボールを巡って嶋田球審に抗議すると、退場を宣告された。, 【PR】スランプ時には映像で確認 “広角打法”篠塚和典氏が語るDAZN(ダゾーン)活用法, この回1死一塁で先発・二木が投じたボールはグラシアルの体付近へ。この際にバットをスイングしていたようにも見え、井口監督はベンチを飛び出して嶋田球審に抗議に出た。すると、抗議を受けた嶋田球審が退場を宣告。井口監督は納得がいかない様子で両手を広げて天を仰いだ。, その後、嶋田球審は場内に「井口監督を禁止行為により退場処分とします」とアナウンスした。試合後、嶋田球審はこの「禁止行為」について説明。「ルールブックに載っている通りです。ハーフスイングの最終判断についてベンチから出てはいけない。出た時点で警告、審判に近付いたら退場ということになっている」とし、井口監督がグラシアルの“ハーフスイング”について抗議し、ベンチから出て審判に近づいため退場処分としたと語っていた。, また、この場面、グラシアルにボールは当たっていないようにも見える。嶋田球審によれば「ヒットバイピッチはリクエストの対象となります」と語り、井口監督がハーフスイングに対する抗議ではなく、死球かどうかに対するリクエストであれば、受け入れられたとする見解を語っていた。, NPBがオリ佐竹コーチに制裁金15万円&厳重注意 オリ西村監督&西武辻監督には注意, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). 井口監督は「僕が抜けてチーム迷惑をかけてしまった。その辺は反省しながらやっていきたい。選手がよく頑張ってくれた。残り試合、大事な試合ばかりなので、明日からまたしっかり頑張っていきたい」と締め、球場を後にした。 結果的には鳥越ヘッドコーチの檄もあってロッテ打線が目を� 井口資仁監督が週刊文春にスキャンダルを報じられています。 しかも、 元妻と家族で利用したことがある高級リゾートで、 現妻の3 ©Copyright2020 人生、成り行き.All Rights Reserved. 退場処分を受けた井口監督が試合後に笑顔でグラウンドに戻ってくる様子. ロッテの井口資仁監督が9日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦で退場処分を受けた。4回、ソフトバンクの攻撃中に、グラシアルへのデッドボールを巡って嶋田球審に抗議すると、退場を宣告 … 井口資仁監督ハーフ疑惑はデマ!娘の琳王がカワイイ!極秘離婚もデマ? 2018-12-12 2019-09-18 4分14秒 . ¨äººãƒ»å‚本勇人さん、友達がどんどんいなくなる…, プロ野球・なんJまとめアンテナ. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ・「判官贔屓」で千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。クイズやさだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。 ・時事ネタなどもテキトーに書いております。好奇心的な四方山話やバカっ話が多いですが、どうぞよろしくお願いします。. 千葉ロッテマリーンズ2019.09.10 幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu), ・【ロッテ】井口監督、グラシアルの死球判定巡り自身初の退場…「選手も死ぬ気。こっちも真剣勝負」勝利への執念にナインが燃えた(スポーツ報知), 昨日の話の続きになりますが、そもそもなんで主審は抗議してきた井口監督をこうもあっさりと(間髪おかずに)退場にしたんだろう…という素朴な疑問があったんですが、そういうことだったようです。, ロッテは井口資仁監督(44)の執念が実り、11得点の大勝。先発の二木も6回2失点の好投で7勝目をマークし、今季のソフトバンク戦を17勝8敗で終えた。指揮官は「最後に二木も頑張ってくれた。打線も点を取ってくれていい形で勝てたと思う」と総括。自身は現役時代を通じて初の退場処分となった一戦でナインが結果で応えた。, 普段は紳士な指揮官の表情が見る見るうちに“鬼”と化した。5―0の4回1死一塁。二木の内角高めの投球に、グラシアルはバットを振り下しながら、のけぞるような形でよけたが、嶋田球審が死球と判定を下した。, この判定に対して井口監督がベンチを飛び出し「スイングではないか」と身ぶり手ぶりで説明を求めたが、判定は覆らず。数十秒ほどのやり取りがなされた後に嶋田球審が「禁止行為のため井口監督を退場とします」とアナウンス。指揮官は両手を広げてベンチ裏へと下がった。, 試合後、井口監督は「スイングも含めて確認をしに行って、打者と捕手の反応を見て当たってないんじゃないかと思ってリクエストをしようと思ったらその時点で退場となった」と振り返りながら「選手も死ぬ気で頑張っている。ああいう判定で流れが変わることもある。こっちも真剣勝負。しっかり(スイングを)取ってもらいたい」と口調は熱を帯びた。, 一方の嶋田球審は「ハーフスイング(の判定)に対して、まずベンチを出てはいけない。出た時点で警告。審判に近づいたら即、退場。そのルールを適用した」と説明した。, 指揮官の退場処分を受け、ナインは奮い立った。このピンチから2点を奪われたが、すぐさま反撃した。直後の5回。監督代行を務めた鳥越ヘッドコーチは「少なからず動揺はあったと思うので。普通通りやって勝ちましょう」と円陣を組んでナインを鼓舞した。1点を追加し、なおも1死一、三塁で田村がセンターへの飛球で、三塁走者・井上が114キロの巨漢を揺らして本塁へ激走し7点目をもぎ取った。アジャは「監督がチームのために行ってくれた。そりゃあ勝たないとダメでしょう。(タッチアップの)あの場面は何点でもほしかった。絶対に勝ちたかった」と大粒の汗を拭った。, さらに7回1死一、三塁の場面では中村奨と4番・井上が連続適時打を放ち2点を奪取。8回にも2点を追加し、白星をつかんだ。, 井口監督は「僕が抜けてチーム迷惑をかけてしまった。その辺は反省しながらやっていきたい。選手がよく頑張ってくれた。残り試合、大事な試合ばかりなので、明日からまたしっかり頑張っていきたい」と締め、球場を後にした。, 結果的には鳥越ヘッドコーチの檄もあってロッテ打線が目を覚ましてくれたことと、ソフバン投手陣の「ブルペンデー」の面々が威圧されちゃって(? 井口監督がグラシアルの“ハーフスイング”について抗議し、ベンチから出て審判に近づいため退場処分としたと語っていた。 また、この場面、グラシアルにボールは当たっていないようにも見える。 この記事では、井口資仁さんのハーフの真相。そして、元・ミス沖縄に輝いた嫁と可愛い娘のこと、さらにメジャーで活躍した時代についても書いていきますので、最後までお付き合いください。 千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。, 【ロッテ】井口監督、グラシアルの死球判定巡り自身初の退場…「選手も死ぬ気。こっちも真剣勝負」勝利への執念にナインが燃えた, クイズサークルの忘年会でよく行ってた銀座の「カルネステーション」が閉店していた…。, 【千葉ロッテ】【VF甲府】シーズン終了じゃないぞよ。もうちっとだけ続くんじゃ(感涙), ふと、ゴルゴ13が言った「10%の才能、20%の努力、30%の臆病さ、40%の運」の意味を思う。. 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!! 【動画】もう怒ってない…!? 1995年、ロッテのゼネラルマネージャーに就任した広岡達朗に請われ、同球団の監督に就任(背番号80)。 監督としてはたびたび激昂し、1シーズン18回の退場記録を持つ。 1度目のロッテ監督時代. Facebook Twitter はてブ Pocket Feedly. )ちっともコントロールがさだまってなかったのが幸いだったんすけどね。, https://twitter.com/Victory_Cyclone/status/1171065562694184960, グラシアルをかすめる形でやってきて、これを審判は「かすった=死球で1塁へ」と判定したんですが…、, よくよく見るとグラシアルのバットはスイングしたようにも見えて、これを井口監督が「振ってんじゃないか?」とベンチから飛び出して抗議をしたら、, そしたら、野球のルール上にこういうのがあったそうで(こちらもお借りしました(多謝)), 今回の件に関しては「ハーフスイングに異議」ではなく「デッドボールに異議」であることと、「1塁または3塁」ではなく「本塁」であることからこちらのほうが適当ではないかと…私もTwitter上で見て初めて知りましたが pic.twitter.com/GdKmm5fTma, こういうのがあって、よく試合中にハーフスイングをめぐって捕手が一塁審判か三塁審判に判断を確認することがあるんですが、「そういうこと」だったようですね。, …で、仮に井口監督がベンチから飛び出さずに、「デッドボールか否かでリクエスト」をしたとしても、井口監督が求めているは「デッドボールはしたかもしれないが、スイングしているからストライク判定なんじゃないの?」ですし、リプレイ検証(ビデオ判定)する審判団側としては「デッドボールか否か(ハーフスイングは問わない)」だけを確認するんでしょうから…まあそもそも噛み合いませんしね。ハリセンボン近藤氏風にいえば「そこじゃねえよ」っていうツッコミしか出てこない、と(爆), ただ、「ルール通り」という点でそれを遵守したのはいいとしても、「プロの興行」として客に説明無しで井口監督を退場処分にしました、だけで済ませるのはいかがなものか。「そもそも規則上、ハーフスイングには抗議ができないので」とか「ベンチから出て異議を唱えることが認められてないので退場処分とします」ぐらい説明したってものの1-2分もかからんわけで。リプレイ検証の最中に散々スタジアムにそのシーンを繰り返し流してるんだから、それを見ながら「手短・簡潔に」説明する時間ぐらいあるでしょうよ。そこらへんがなんとか前時代的というかなんつーかで。てか昨日のヤフオクドーム。4万人近い満員御礼だったそうですが、あの場で即座に「ああ、そういうルールだったのね」と理解してたのははっきりいって何割したことやら。たぶん1割もいなかったと思いますけどね(後でスマホからネット等で調べてわかった、という人は多かったとは思いますけど)。, なので個人的にはNPBも責任審判にピンマイクつけて、実際に抗議・意見してきた選手や監督とどういうやりとりをしてるのか、どういう注意をしたり警告・退場宣告をしたりしてるのか…などを、ラグビーのトップリーグや大学リーグの中継みたいにその声を流して欲しいもんですな…。あ、Jリーグもそうしてほしいですね。ゴール前、ペナルティエリア前後でのファウルだファウルじゃないだ…とかのビミョーな判定とかがあまりにも多すぎるし。, そこらへんの手間を惜しんで前時代的に「俺は審判様だ、俺がルールブックだ」みたいな威厳を見せつけても…とは思いますけどね。昭和時代に名審判と言われていた二出川延明氏じゃないんだから。「気持ちが入ってないからボールだ」とか「写真が間違っとる」とかの珍言でおなじみの。でもあそこに立っている審判だって(選手たちに比べれば年俸なんか雀の涙程度でしょうけど)一応プロなんですから(苦笑).

佐々木勇気 小学生, 湾岸戦争 自衛隊, ファームとは ビジネス, アメリカ 選挙制, アドミラブル 馬 次 走, 嵯峨野高校 偏差値,