}, コースのレイアウトは非常にシンプルになっているため、難所となるのは唯一のジャンプ地点からの着地とその後のバウンドになるでしょう。テーブルトップの上は芝生のようなので、オフロードは付けずに減速に使うのがおすすめです。場合によってはブレーキでの対策も行いましょう。, 重心やバウンド対策、直後のコーナーで影響してくるコーナー安定などを上げつつ、最速となるようにセッティングしていきましょう。, コースが比較的短いようなので、ブレーキが必要なければスピードUP系でも良さそうです。, スピードを出してもオーバースピードにならないようなら、レブ+かっとびマシン。オーバースピードするようならハイパーミニ+節電ボディにするのが良いでしょう。 ▼投稿はこちら document.write("