2006 JBCクラシック(GⅠ), ナリタブライアンやマヤノトップガンのイメージが強くなってしまいますが、ブライアンズタイム産駒は芝よりもダートの方が馬券に絡む確率が高かったのが大きな特徴です。, その代表格がこのタイムパラドックスで、中央・地方にかかわらずダートの大レースを数多く制しました。, ブライアンズタイム系の代表種牡馬といえば、マヤノトップガンやナリタブライアンなどが挙げる人が多いでしょう。, 芝で活躍した馬たちの産駒も、ブライアンズタイムの能力を受け継ぎ、ダートで活躍する馬を多く輩出していることが特徴です。, 今回はこれからの馬券作戦に直結する、今でも産駒がJRAで走っているこの3頭の種牡馬の特徴をご紹介します。, 重賞級の馬はなかなか出ませんが、コンスタントに条件戦で活躍する馬を出すのがタイムパラドックス産駒の特徴です。, 芝では勝率が3%を切り、3着内率も10%を前後なので、積極的に馬券を買うには物足りない成績ですが、ダートに関してはどの数値も芝の2倍近くの成績を叩き出しています。, 現役時は南関東に在籍し、大活躍したフリオーソも今となっては多くの産駒を輩出する種牡馬です。地方競馬では多くの産駒が活躍しています。, JRAの成績を見ると2019年で産駒は5年目になりますが、いまだに芝では未勝利です。ダートではタイムパラドックスにやや劣る程度の数値なので、決して買いではないというわけではありません。, 芝にフリオーソ産駒が出走してきた時は問答無用に消しという選択肢で問題ないでしょう。, 現役時はダービーを制し、種牡馬になってもダービーを含むGⅠ7勝した歴史的名牝ウオッカの父としても知られているのがタニノギムレットです。, 他にもスマイルジャックやセイクリッドバレー、ブラックスピネルやメドウラークなど、芝の重賞ウィナーを多く輩出しています。, しかし、芝とダートの成績を比較すると、勝率・連対率・3着内率すべてにおいてほぼ同じ数値になっているので、芝ダート兼用の馬といえます。, タニノギムレットの現役時代の印象が先行してダートにタニノギムレット産駒が出てきた場合に評価を下げるという行動は絶対にしないようにしましょう。, タイムパラドックス産駒の面白い特徴としては、1200m以下のダートと1700m以上のダートで良い成績を残しているということです。, 不思議なことに1300mから1600mまでの成績は大きく数字が悪くなってしまいます。何が理由か定かではありませんが、これは必ず覚えておきましょう 。, それに対してフリオーソ産駒は、距離に対する得意不得意はあまりなく、1000mから2100mまでダートに関してはほぼ同じような成績を出しています。距離うんぬんでフリオーソ産駒の馬券を切るという選択肢をする必要はなさそうです。, タニノギムレットは成功した種牡馬らしく、条件別の得意不得意というのがそれほど出ていません。, 強いて挙げるとすれば東京のダートを苦手にしており、特に1600 mと2100mでは馬券に絡む率が落ちています。, それに対して条件は関係なく、1700mと1800mで少し馬券に絡む率が高くなっています。この条件に出走してきた場合は信頼して良いと言えます。, 現在、ブライアンズタイム系を引っ張る種牡馬はタニノギムレットほぼ一頭という状況になってしまっていますが、長年ブライアンズタイムが種牡馬として活躍したことによって、母父に多くの血が残されています。, この系統は今主流になっているディープインパクト系やキングマンボ系との相性も非常に良く、ブルードメアサイアーとしてまだまだブライアンズタイム系が強い存在感を残し続けることになりそうです。, 特徴としては基本的にダートで強く、タニノギムレット以外は芝では買いの要素は少なということを覚えておけばいいでしょう。少しでも皆さんの馬券の収支がプラスになることをにお役に立てることを願っています。, >> 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】 <<, dmenu ニュースなら、デイリースポーツ・東スポ・スポーツ報知といった大手スポーツ新聞社による などが無料で簡単に読めるだけでなく、有名ハンバーガー店やレストラン、ドラッグストアなどの       1997 天皇賞・春(GⅠ), ナリタブライアン、サクラのローレルとともに時代を沸かせたこの馬も、ブライアンズタイム産駒です。, マヤノトップガンは種牡馬になってもプリサイスマシーンやメイショウトウコン、チャクラなど重賞ウイナーを数多く輩出しました。今は母父などの血統として競走馬の能力に影響を与え続けています。, 主な勝ち鞍:2004 ジャパンカップダート(GⅠ) 16: 名無しマン 2020/07/02(木) 23:30:04.69 . 17: 名無しマン 2020/07/02(木) 23:30:40.19 >>16 エリモダンディー . 大種牡馬ロベルトが生んだブライアンズタイムですが、今となってはブライアンズタイム系という一つの系統を作り上げました。, 今回はブライアンズタイムの成績や代表産駒、ブライアンズタイム系種牡馬産駒の馬券を買う上で覚えておきたい特徴をご紹介します。, ブライアンズタイムの競走馬時代は1988年のフロリアダービーを、のちの名種牡馬フォーティナイナーを下して制していますが、それ以外は種牡馬になる馬としては優秀な成績を残せず、通算21戦5勝という成績でした。, その後ブライアンズタイム産駒は日本で多くの勝ち星を重ね、サンデーサイレンスやトニービンとともに三大種牡馬としてJRAの大レースを賑わせてくれます。, この2頭と比べ、ブライアンズタイムは長い期間にわたり種牡馬として活躍をしたので、この血脈が幅広く今でも受け継がれる大きな要因となっています。, 主な勝ち鞍:1993 朝日杯3歳ステークス(GⅠ) Copyright (c) keibainfo.jp, All Rights Reserved.       1994 有馬記念(GⅠ), 普段競馬を見ない人でも名前は知っているナリタブライアンは、言わずと知れたクラシック三冠馬です。, 皐月賞から日本ダービー、菊花賞とレースを重ねるごとに着差を広げて勝つという内容に、多くのファンが心を奪われました。, しかし、引退して種牡馬になってからは活躍馬を輩出することはできず、成功とは言えない成績になってしまいました。, 世代もわずか7世代しか残すことができず、若くしてこの世を去ってしまいました。ナリタブライアンの血脈があまり残っていないのは、ファンとしては非常に残念な話です。, >> ナリタブライアン代表産駒の一覧、特徴、成績。第二のナリタブライアンの登場に期待!, 主な勝ち鞍:1995 菊花賞(GⅠ) サンデーサイレンス産駒が猛威を振るう中、クラシック路線でサンデーに勝るとも劣らない大物を輩出していたのが今回ご紹介するブライアンズタイムです。, 現役時代は、突出した成績を残した馬では ありませんが、種牡馬として日本に来てからは 子供たちが大活躍。日本競馬史に残る 大種牡馬となりました。, ブライアンズタイムが遺した子供たちをはじめ 種牡馬としての成績などを振り返って いきたいと思います。, 今回、ピックアップした以外にも ウオッカの父となるダービー馬 タニノギムレットや、 有馬記念を制したシルクジャスティス、, 皐月賞馬のノーリーズンやヴィクトリーなど多くのG1ホース、重賞ホースを送り出した日本競馬に残る名種牡馬ブライアンズタイム。, 史上5頭目の3冠馬ナリタブライアン。3冠レースで2着につけた差は、史上最大と 誰もが認めるブライアンズタイムの 最高傑作です。, ナリタブライアンについて詳しくは こちらの記事をご覧ください。 ⇒ナリタブライアンとは?産駒と成績&伝説のレース動画を紹介!, 種牡馬入りするも早世して2世代しか 遺せず、ブライアンズタイムの血を広げる 役割は果たせませんでした。, ■マヤノトップガン(牡)1992年産 母:アルプミープリーズ 母父:ブラッシンググルーム, 気分屋な面がありましが、 逃げ、先行、差しと変幻自在の脚質で ファンも多かった馬です。, 現役を退いてからは種牡馬入り。 その産駒からG1勝ちは出ていないものの重賞ホースが誕生し、後継種牡馬も出ています。, レースを重ねるごとに力をつけ人気薄ながら春のクラシックを逃げ切って皐月賞・ダービーの2冠を制したサニーブライアン。, 地味な母系にも関わらず大活躍したことで 父の遺伝力の強さを証明すると共に ブライアンズタイム産駒に, 中央、地方問わずダートで活躍し、 JCダート、川崎記念、帝王賞 JBCクラシック連覇と5つのG1(Jpn1)に優勝。, 大きな故障もなる8歳までダートの 王道路線でコンスタントに結果を 残し続けた馬でした。, 代表的な産駒をご紹介した所で、 続いてはブライアンズタイムの種牡馬成績を ご覧いただきましょう。, 初年度産駒が古馬となってからは 10年以上に渡ってTop3に入る 安定した成績を残しました。, ナリタブライアンやマヤノトップガン という芝の大物を出した一方で、下級条件ではダートで活躍する馬も多く 通算でもダートの勝利数が圧倒しています。, 1990年から2013年まで日本で種牡馬として 活躍していたブライアンズタイム。種付け頭数は、延べ2000頭以上。, そのうち1500頭以上が血統登録され約1400頭が競走馬としてレースに出走ました。, 産駒から3冠馬が誕生するなど クラシックで活躍する子供が出ていたことから全盛期には種付け料が1500万円前後で設定されていたと言います。, 晩年でも350万円~400万円に設定され トップクラスの種牡馬として 最後まで活躍しました。, アメリカで誕生し、アメリカで競走生活を送ったブライアンズタイムの馬主はJames W.Phillipsさん。, 種牡馬として日本に来る際には、 「ブライアンズタイムの会」という シンジケートが結成され、実質的に 馬主のような存在でした。, 28歳という高齢にも関わらず、健康で 種付けもしていたブライアンズタイムですが、 放牧中に転倒。, その結果、右後大腿骨骨折という重度の故障を負ったために、安楽死の処置が 取られました。, 亡くなった年も9頭に種付けを行っているので 非常に体が強くタフな馬だったのでしょう。, 3冠第2戦のプリークネスSで2着、 最終戦のベルモントSで3着に入る 活躍を見せています。, ブライアンズタイムの現役時代の 脚質を探ってみたいのですが、30年前に アメリカで活躍していた馬なので 詳細な情報がありませんでした。, いくつかの情報から推測できるのは、アメリカのダート馬には珍しい差し馬タイプだったようです。, 脚質がハッキリとわからない ブライアンズタイムですが、 いくつか勝利したレースの動画を 見付けましたのでご紹介します。, アメリカのクラシック第1弾ケンタッキーダービーの前哨戦となるG1レースがフロリダダービー。, 90年代後半にサンデーサイレンスと共に 日本競馬界を牽引した種牡馬 ブライアンズタイムをご紹介しました。, 戦後のサラブレッドの最多勝記録を持つ 栃木のブライアンズロマンや 交流G1勝ちのトーホウエンペラー、 フリオーソも送り出しています。, また母の父としてもエスポワールシチー、ディーマジェスティ、クリンチャーなどを送り出していますので、, Angel Cordero Jr – Jim Dandy Stakes – Brian's Time. 次にブライアンズタイム 産駒の成績を見ていきましょう。これからご紹介するデータは2014年1月1日から2016年6月18日までのデータを基に分析していきます。 場所別(芝コース) アメリカの準一級馬。フロリダダービーでフォーティーナイナーを下しG1馬となると、クラシックはケンタッキーダービーが牝馬ウイニングカラーズの5着、プリークネスSとベルモントSがリズンスターの2着と3着。着順こそ上位であったが一線級とは差があった。 日本で種牡馬入りすると、初年度から産駒がターフを賑わせる。3冠馬ナリタブライアンとオークス馬チョウカイキャロルが大レースでの強さを見せつけると、2世代目のマヤノトップガンも年度代表馬となる活躍をみせ、確固たる地位を築いた。 … もゲットできます!(競馬ニュースは+ボタンから「競馬」でタブを追加すると見ることが可能です).       1995 有馬記念(GⅠ) 出典:https://ja.wikipedia.org ■ブライアンズタイム血統表 ブライアンズタイムの代表的な子供を 5頭ピックアップしました。 今回、ピックアップした以外にも ウオッカの父となるダービー馬 タニノギムレットや、 有馬記念を制したシルクジャスティス、 皐月賞馬のノーリーズンやヴィクトリーなど 多くのG1ホース、重賞ホースを 送り出した日本競馬に残る 名種牡馬ブライアンズタイム。 どんな特徴の産駒がいたのか? この辺りから …       2005 帝王賞(GⅠ) ブライアンズタイムの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ブライアンズタイム産駒のデータ.       1994 日本ダービー(GⅠ) 最新の競馬ニュースや追い切り情報、予想、レース回顧 ブライアンズタイム Brian's Time 3.38 牡 黒鹿毛 .       2005 JBCクラシック(GⅠ) 中央; 地方; 年度別; 生産年別; 競走成績別; コース・馬場別; 距離別; 種牡馬→産駒一覧. TOP; 戦績; 血統; 産駒成績; 掲示板; 写真; 調教; レース後短評; みんなの評価; 次走・近況; 産駒成績 .       2005 川崎記念(GⅠ) ブライアンズタイム(Brian's Time、1985年5月28日 - 2013年4月4日)はアメリカ合衆国の競走馬であり、フロリダダービー、ペガサスハンデキャップに勝利した。のちに日本に種牡馬として輸入されたサラブレッドである。       1996 宝塚記念(GⅠ) ブライアンズタイム(Brian's Time、1985年5月28日 - 2013年4月4日)はアメリカ合衆国の競走馬であり、フロリダダービー、ペガサスハンデキャップに勝利した。のちに日本に種牡馬として輸入されたサラブレッドである。, 競走馬時代は後に種牡馬でもライバル関係となるフォーティナイナーを下した1988年3月のフロリダダービー優勝を含め21戦5勝。アメリカ三冠競走にも参戦し、ケンタッキーダービー6着、プリークネスステークス2着、ベルモントステークス3着の成績を残している。現役引退後日本に種牡馬として移り、早田牧場(2002年破産)が中心となってシンジケート「ブライアンズタイム会」が結成された。早田牧場は当初本馬ではなく、この馬のいとこで1988年の全米芝牡馬チャンピオンであるサンシャインフォーエヴァーを購入するつもりであった。しかし、競走実績の高さから当時の所有者・ダービーダンファーム側が高い価格を提示し、交渉が決裂した。そこで母が全姉妹、さらに同じ父とほぼ全兄弟も同然の血統構成を持ち[1]、自身も重賞勝ち馬であったブライアンズタイムに白羽の矢が立てられ代替購入となった[2]。, 種牡馬入り時は折からのリアルシャダイブームだったこともあり同じ父を持つ本馬は中々の人気となった。産駒はその期待に応え、初年度から中央競馬では20世紀最後(史上5頭目)の日本のクラシック三冠馬となったナリタブライアン、優駿牝馬(オークス)優勝馬チョウカイキャロル、地方競馬でも同じく初年度産駒から、通算43勝という日本の戦後競馬のサラブレッド系最多勝利記録を樹立する事になる北関東の最強馬ブライアンズロマン、そのブライアンズロマンをとちぎダービー(宇都宮)で破ったカルラネイチャーなどを輩出し、中央・地方を問わず競馬関係者から大きな注目と期待を集める事となった。, 2002年に早田牧場が経営破綻した後、ブライアンズタイムの繋養先が早田の関連牧場・CBスタッドからジェイエスの関連牧場・アロースタッドに移動。後にブライアンズタイム会の運営はジェイエスが行うこととなった。, 2000年産駒以降は、クラシックで好走していなかったが、2007年の皐月賞でヴィクトリーが勝利を収め、タニノギムレット以来のクラシックホースを出した。大種牡馬のサンデーサイレンスの存在もあり、リーディングサイアーこそ取れなかったものの、多くの活躍馬を出し、1996年から11年連続でリーディング3位以内を保った。, 2009年4月25日の京都競馬場1Rにおいて産駒のグランプリスマイルが勝利し、中央競馬における種牡馬勝利数がサンデーサイレンス、ノーザンテーストに次いで歴代3位となった。また、2010年3月28日に中山競馬場で開催されたマーチステークスで産駒のマコトスパルビエロが勝利し、パーソロン、ノーザンテーストに並び史上1位タイとなる18年連続での産駒の中央競馬重賞勝利を達成した。2012年11月11日にレインボーダリアがエリザベス女王杯を勝利してブライアンズタイム産駒の20年連続重賞制覇を達成した。, 2013年4月4日、放牧中に転倒して右後大腿骨骨折を発症したため安楽死の処置が施された[3]。高齢ながら健康には問題がなく、2013年も30頭ほどに種付けの予定があり、すでに10頭に種付けを行った後での急逝であった。, 1990年代後半にはサンデーサイレンス、トニービンと三強種牡馬として君臨していたが、ブライアンズタイム自身は他二頭よりも10年以上存命期間が長く、高齢となっても種牡馬として供用され、長期間にわたって産駒を出し続けた。今後は後継種牡馬が系統の生き残りをかけて争うことになる。代表産駒であるナリタブライアンこそ夭逝したが、マヤノトップガンは現在まで種牡馬としてある程度の実績を残しており、タニノギムレットも牝馬の東京優駿(日本ダービー)優勝馬ウオッカを出すなど実績を挙げている。, 中長距離に適性を示すため、仕上がりが早い産駒はクラシック戦線において活躍している。ダート戦にも強く、レースを使いながらコンディションを整えていくタイプが多く、頑健で使い減りしにくい。そのため、高齢であっても活躍が見込まれることから、古馬になって中央競馬ではピークを過ぎたと見られる馬であっても、地方競馬の厩舎から譲渡の引き合いにより、再起して当地の一線級として活躍する場合もある。多数の活躍馬は春のクラシック戦線以前から頭角を現しており、全体的に仕上がりが早い傾向があった。, また、脚部不安を抱えていたために中央競馬ではなく地方競馬からデビューして実績を残した馬の中からも、東京大賞典等を制したトーホウエンペラー(岩手)や、『栃木の怪物』の異名を持つブライアンズロマンなどを輩出している。, ブライアンズタイム自身は競走馬としてはやや小柄な部類に入る馬で、良績のある産駒に大型馬は少ない。しかし、大きな腹袋で見た目には実際の体重以上の重量感のある産駒が多く、そのような特徴の産駒の方が走ると言われていた。一方で、シルクジャスティスのように馬体がさして目立たない産駒が大レースを制したり、タニノギムレットのように筋肉質の馬体ながらも距離をこなす馬など、見たところが当てにならない産駒が出ることもままあり、馬券買い泣かせ、予想家泣かせ、産駒を購入する側にとっても買い手泣かせという面を持っていた。, 2019年10月25日に、マイネルビクトリーが中央登録抹消で高知競馬に移籍となったことにより、中央競馬登録馬はラブローレルだけとなった。, サンシャインフォーエヴァーも後年輸入されたものの目立った活躍馬の出ないまま種牡馬を引退している。これは代替種牡馬が本元を超えた数少ない例となっている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブライアンズタイム&oldid=77876448. お得なクーポン(無料あり)       1994 皐月賞(GⅠ) ふと思い出したブライアンズタイム産駒.       1994 菊花賞(GⅠ) ... エリモブライアン . ナリタブライアン、サクラのローレルとともに時代を沸かせたこの馬も、ブライアンズタイム産駒です。 マヤノトップガンは種牡馬になってもプリサイスマシーンやメイショウトウコン、チャクラなど重賞ウイナーを数多く輩出しました。今は母父などの血統として競走馬の能力に影響を与え� ナリタブライアン代表産駒の一覧、特徴、成績。第二のナリタブライアンの登場に期待!, 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】. 種が乗ってて年明けのg2勝ってさあこれからって時に引退した馬いたろ エリモの冠だった気がする .

水瀬いのり ゲーム Ps4, かんすい 下痢 治す, 勇者たち 歌詞 石原, Nhk 受信料徴収員 しつこい, 菊花賞 予想 こじはる,