! ダートの最強馬決定戦、チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう! 府中巧者の独走劇 ウイングアロー Wing Arrow. 2019.02.19. チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)の歴代優勝馬 . 沿革| G1メニュー| 厩戸. 第19回 2018年12月2日 ルヴァンスレーヴ m.デムーロ. 第3回 2002(平成14)年. チャンピオンズカップ歴代優勝馬 . 2016 チャンピオンズカップ. No.1競馬サイト「netkeiba.com」がジャパンカップ(G1)2019年11月24日東京の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! インティがスタートダッシュからスムーズにハナへ立つと、2番手のテーオーエナジーも抑えてかかり早々に落ち着いた流れとなった1戦。1000m=61秒台のスローペースでレースは運び、各有力馬も前目のポジションで位置取り前残りを警戒しながら直線コースへ。余力たっぷりのインティが後続を突き放しにかかるも、外からゴールドドリームが競りかけ叩き合いとなった。ゴール前でその間を割って突き抜けた3歳馬クリソベリルがデビューから無傷の6連勝でGⅠタイトルを獲得して見せた。上位人気3頭による手堅い決着。, 内からアンジュデジールが楽にハナへ、その隣のルヴァンスレーヴも追い掛ける様に直後のインを追走する意外な展開となった。前が有利なペースの中、馬群は縦長の隊列を形成するも4コーナーで一気に前を追い掛け各馬が横に広がって迎えた直線コース。先行勢からサンライズソアがグッと伸び先頭へ立つも、内からルヴァンスレーヴがあっさりと突き抜ける走り。最後は後方から追い込んだウェスタールンドに2馬身半差を付ける完勝の内容で中央GⅠ初制覇を達成。古馬勢との戦いも制しダート戦線の統一を果たしている。, コパノリッキー、テイエムジンソクの2頭が前を引っ張る展開もペースはかなり落ち着き前有利の流れ。他馬が動くに動けず硬直状態で直線に入ると、そのまま2頭による叩き合いで態勢決する。が、大外から鬼脚を繰り出したゴールドドリームがまとめて差し切り見事に同一年ダートGⅠ連覇を達成した。ムーア騎手のエスコートによるところが大きい。, 道中、最後方追走からインを上がって行き直線に入ったサウンドトゥルー。前では1番人気アウォーディーがアスカノロマンとの叩き合いに競り勝ちほぼ勝利を目前にしていた所を、ラスト100mで一気に追い込みを見せた同馬が差し切って初タイトル制覇となった。3連単は8万円台の中波乱決着。, 1番人気コパノリッキーが逃げ、それを各馬が追う展開。前年度覇者のホッコータルマエが早目に仕掛け、4コーナーで一気にペースアップ。結果的に前に行く馬には厳しい展開となり、中団から鋭く脚を伸ばしたデムーロ騎乗の12番人気サンビスタが波乱の主役となった。2着には内から追い込んだノンコノユメ、3着には大外から猛追したサウンドトゥルーが入線。3連単は30万を超える高額配当が飛び出した。, ダート重賞の常連ホッコータルマエが遂に念願の中央GⅠをGET。レースは番手からしっかりと抜け出して、後続をシャットアウトすると言う同馬らしい内容だった。これまで地方の勲章ばかりを集めて来たが、今回の勝利でようやく大きな大きなビッグタイトルが追加された。2着にはナムラビクター、3着にローマンレジェンドと先行勢同士での決着となった。, 新ダート王誕生の瞬間。旧王者エスポワールシチーが淡々としたペースで逃げる展開の中、昨年の覇者ニホンピロアワーズやホッコータルマエなどが競りかけて行って直線へ。そこからホッコータルマエが抜け出すも外から伸びて来たベルシャザールがかわし、更に大外ワンダーアキュートの猛追をクビ差振り切った所がゴールだった。ベルシャザールは6月のダート転向から一気にダート界のチャンピオンへ登り詰めた。, 2番人気エスポワールシチーが逃げる中、引っ張りきりの手応えで追走したニホンピロアワーズ。直線に入って他馬が追い始てもまだ馬なりのまま先頭へ。そこから満を持して追われると一気に後続を突き放し、結果2着ワンダーアキュートに3馬身以上もの差を付ける完全勝利だった。6番人気の低評価を嘲笑う王者の様な競馬。ダート界の世代交代を高らかに告げた1戦だ。, 絶対王者のトランセンドが余裕綽々の逃げ切りでジャパンカップダートを連覇。スタートから平均ペースに持ち込むと、ライバルのエスポワールシチーを横目に直線は後続を突き放す圧巻の競馬で堂々と1番人気に応えて見せた。2着にはそのエスポワールシチーが粘り込む所を、後方から内目をスルスルと抜けた来たワンダーアキュートがハナ差捉えて入線。しかし、その2馬身前にトランセンドが立ちはだかった。, 内枠から好発を決めてハナに立った1番人気のトランセンド。びっしり2番手のバーディバーディにマークされるも地力の違いを見せて直線で競り落とした。最後はさすがにバテて後方から追い込んだグロリアスノアに詰め寄られるも前半のリードをクビ差残してGⅠ制覇。3着には11番人気のアドマイヤスバルが入り、3連単は10万円弱の中波乱となった。, 1番人気エスポワールシチーがハナを主張。他馬は動くに動けない展開となり、エスポワールシチーが直線に入っても悠々とリードを広げ影をも踏ませぬ完璧な勝利だった。結果、先行勢は道中脚を使わされた形となり2、3着には前半脚を溜めて後方から追い込んだシルクメビウスとゴールデンチケットの2頭がそれぞれ入線。3連単は13万円台の程良い波乱となった。, 先行勢が崩れる中、インコースでジッと我慢していたカネヒキリが直線で弾けて先頭へ。そこへ外からメイショウトウコンとヴァーミリアンの2頭が襲いかかるもコースロスの少なかったカネヒキリがリードをかろうじて守り1着入線を果たした。故障明け2戦目の復活劇で約2年半ぶりの美酒を味わった。3連単は7万円弱とそこそこの配当。, ヴァーミリアンが直線外から力強く伸び、2着フィールドルージュに1馬身以上の差を付ける完勝でビッグタイトルを手に入れた。そのフィールドルージュも3着のサンライズバッカスには3馬身半差を付けているだけに、ヴァーミリアンの能力が如何に抜けていたかがお分かり頂けよう。タイムの2分6秒台もかなり優秀な数字だ。, 3歳馬のアロンダイトが1600万クラス勝ちから一気の飛び級でGⅠ制覇。5月のダート戦転向から5連勝でダートの頂点に立った勢いは凄い。道中もインをジッと追走し、直線最内の狭いスペースから割って来られたのも人気薄だからこその競馬だっただろう。一方で、2着のシーキングザダイヤは1番人気故の外を通る競馬で足元を掬われた形だ。3着には無心で後方から追い込んだフィールドルージュが入線。それぞれの競馬が生んだ必然の決着とも言える。, 中団外目を追走の1番人気カネヒキリが直線で前を強襲。番手から抜け出したシーキングザダイヤ、内から伸びるスターキングマンとの激しいデッドヒートを繰り広げる。ラスト100mを併走しクビの上げ下げでゴールイン。僅かにハナ差前に出たカネヒキリが3歳馬にして早くもGⅠタイトル3勝目をあげた。, 圧倒的1番人気アドマイヤドンが外目を追走し前を射程圏に入れて直線へ。しかし、内から鋭く伸びたタイムパラドックスが逆にアドマイヤドンを突き放して2馬身半差を付ける圧勝劇を飾った。鞍上武豊騎手もゴール後に珍しくガッツポーズを見せた。3着には粘り込んだジンクライシスが入線。, 激しい降雨でドロドロの不良馬場となったレース。直線では前目でレースを運んだアメリカのフリートストリートダンサーとアドマイヤドンの一騎打ち、ラスト100mでアドマイヤドンが先に抜け出したものの桁違いの勝負根性で差し替えしたフリートストリートダンサーがハナ差前に出て勝利。5馬身離れた3着にハギノハイグレイドが入線した。, ゴールドアリュールが積極的にレースを引っ張る中、アドマイヤドンがそれをマークする様に4コーナーで並びかける展開。直線コースで2頭の一騎打ちと見られるや、内からスルスルと伸びたイーグルカフェが名手デットーリの鞭に応えて後続を突き放し快勝。伏兵が制するまさかの決着となった。2着には13番人気リージェントブラフが突っ込んで入線。波乱の1戦。, 前走の武蔵野ステークスで衝撃的な勝利を飾ったウイングアロー。距離が伸びたここでもまさに独り舞台のレースとなった。後方から4コーナーで一気に進出すると、直線も楽々と後続を突き放し2着ウイングアローに7馬身差を付ける別次元の競馬を見せた。2100m=2分5秒台も歴史的な好タイム。, 道中後方追走のウイングアローが徐々に進出、直線で絶好の手応えのまま迎えると楽々とロードスターリングをかわし独走態勢へ。必死に追い込んだサンフォードシチーを3馬身半突き放して完勝。フェブラリーステークスに続いてGⅠタイトル2勝目を飾った。. 歴代優勝馬. レースの詳細は「第 回~」を、優勝馬の成績は馬名をクリックすると参照できます。 第1回より14回の競走名は「ジャパンカップダート」 . チャンピオンズカップは、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。創設から2013年までは「ジャパンカップダート」の名称で、主に東京競馬場(2007年まで)や阪神競馬場(2008年以降)で施行していた。, 正賞は名古屋競馬株式会社賞、日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞[3]。, 日本では1970年代後半より「世界に通用する強い馬作り」が提唱され、1981年に芝2400mの国際招待競走「ジャパンカップ」が創設された[4]。その後1995年より中央競馬と地方競馬の交流が飛躍的に拡大されるようになると、中央と地方の所属を超えたダートの重賞競走が注目されるようになり[5]、ダートグレード競走で活躍した日本馬はアラブ首長国連邦やアメリカ合衆国のダート競走にも挑戦するようになった[4]。このような状況の中、日本のダート競走においても『ジャパンカップと並ぶダートの国際競走を開催しよう』という気運が高まり、2000年に前身となる日本初のダート国際招待競走「ジャパンカップダート」が東京競馬場のダート2100mで創設された[4][5]。, ジャパンカップダートは2007年までジャパンカップの前日(2004年は同日)に施行されていたが、2008年から施行時期を繰り下げ、施行場も阪神競馬場のダート1800mに変更された[4][註 1]。, 2014年からは施行場を中京競馬場のダート1800mに、名称も「チャンピオンズカップ」に変更[7]。国際招待制も廃止され、馬や関係者の遠征にかかる諸費用をJRAが負担しない国際競走とされた[3]。なお、回次は2014年が第15回とされ[3]、ジャパンカップダートから引き継いで通算される。, 外国馬の出走枠は8頭まで[4]。2008年からジャパン・オータムインターナショナルにも指定されている[4]。また、指定外国競走の優勝馬や過去1年間の国内ダートGI・JpnI競走優勝馬が上位入着した場合に褒賞金を交付する制度もある(後述)。ただし外国馬の出走数は創設時より少なく、外国馬の出走が1頭もなかった年もあった[5]。創設から2013年までに外国馬が優勝したのは2003年の1度のみで、これ以外はすべて日本馬が優勝している[5]。, 2020年より、本競走の優勝馬にはサウジアラビアの国際招待競走サウジカップへの優先出走権が与えられることになっている。, 2018年の1着賞金は1億円で、以下2着4000万円、3着2500万円、4着1500万円、5着1000万円[1][3][9]。, 日本中央競馬会が指定する外国競走(下表参照)の本年度優勝馬が本競走で1着となった場合は5000万円、2着の場合は2000万円、3着の場合は1300万円を褒賞金として交付する[10]。, また、過去1年間に行われた国内ダートGI・JpnI競走の優勝馬が本競走で1着となった場合は5000万円、2着の場合は2000万円、3着の場合は1000万円の褒賞金を交付する[11]。, 正面直線の中央やや第3コーナー寄りの位置から発走し、左回りに1周する[14]。勾配のきつい急坂の途中からスタートするため、スタート直後からいきなり上り勾配となっている。ゴール地点の手前から緩く下り、第2コーナーの途中から向正面の中ほどまで上り勾配が続く[14]。そこから第4コーナーを過ぎるまで高低差3.4mを一気に下り、直線に向くと再び急坂となる[14]。急坂を上りきり、200m程度走行したところがゴールとなる[14]。, ダートが主流のアメリカでは赤土のようなスピードの出やすいダートが主流だが、日本のダートはスピードが出にくい。2007年に来日したスチューデントカウンシルは時計のかかる馬場向きと見てブリーダーズカップ・クラシックを回避して、このレースに出走した経緯がある[15]。, ただし日本馬のレベルが向上したことに加えアメリカ勢の惨敗が続いているため、アメリカの競馬関係者の中にはジャパンカップダートに出走すること自体が無謀という考えも多くあった[15]。また、根本的な問題として、アメリカの競馬場は全て左回りであることから、右回りの阪神競馬場での開催に疑問の声もあった[註 3]。そのため、2014年から左回りの中京競馬場のダート1800mで開催されることとなった。, 競走名は第14回まで「ジャパンカップダート」、第15回から「チャンピオンズカップ」。, チャンピオンズカップの第16回は12番人気サンビスタとミルコ・デムーロ騎手のコンビが勝利, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=チャンピオンズカップ_(中央競馬)&oldid=80121542, 出馬投票を行った馬のうち、優先出走権のある馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走における収得賞金」の総計が多い順に出走できる。, 当該年に行われる以下の競走のいずれかで1着となった馬(中央・地方の所属は問わない). 2020.06.08. 第17回 2016年12月4日 サウンドトゥルー 大野拓弥. ダートの最強馬決定戦、チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!! 第2回 2001(平成13)年. 最大船速 クロフネ Kurofune. 距離はすべてダートコース。 優勝馬の馬齢は、2000年も現行表記に揃えている。 競走名は第14回まで「ジャパンカップダート」、第15回から「チャンピオンズカップ」。 第18回 2017年12月3日 ゴールドドリーム r.ムーア. 更新日: 2019年12月04日 チャンピオンズカップの歴代優勝馬・騎手一覧。2013年までは「ジャパンカップダート」として施行、2014年に「チャンピオンズカップ」に変更。 2017 チャンピオンズカップ. 2018 チャンピオンズカップ. 第16回 2015年12月6日 サンビスタ m.デムーロ. 第1回 2000(平成12)年.

1995 エリザベス女王杯, 櫻子さんの足下にはドラマ 打ち切り, シークレット 映画 1971, タイセイビジョン Nhkマイル, サウジアラビア 国旗, 福岡 サッカー 高校 強豪, 上白石萌音 横浜流星 仲良し, チャレンジカップ プロスピ, 高校サッカー 注目選手 九州, ホクトベガ ドバイ,