“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”待望の映画化! ファンタジック・ラブストーリー『陽だまりの彼女』が、いよいよ10月12日に公開を控える。松本潤演じる浩介と上野樹里演じる真緒の淡く切ないラブストーリーに期待が高まるが、本作では中学時代の浩介&真緒も重要なシーンのひとつだ。中学時代の真緒を演じるのは、アイドルユニット「乙女新党」としても活躍する葵わかな。彼女に『陽だまりの彼女』の撮影話と、現在出演中のドラマ『たべるダケ』の話、これからの目標について話を聞いた。 ?”っていう印象で。撮影に入る前から色々と役を試していたんですけど、すっごく悩みました」, 「自分なりに、こうやればいいのかなというシチュエーションを何パターンか考えてみたり、役者の先輩に聞いてみたりしました。その上で監督とお会いしてリハーサルをやらせて頂きました。そしたら監督から『違うな』と言われてしまったんですが、リハーサルを重ねていくにつれて『あ、今のは少し真緒っぽかった!』『そこ、その部分!』と言ってもらって。リハーサルで、監督が真緒を引っ張り出してくれたんです」, 「浩介が真緒に分数を教えているシーンです。『今のくねってした感じが真緒っぽかったよ』と話していました。自分の中では『え~どこの部分? わからないわからない!』と思っていたんですけど(笑)。真緒を表現するのって凄く難しいんですよ。それはある秘密を抱えているからなんですけど……。真緒を表すのにも抽象的な言葉しか出てこないんですが、“柔らかそう”とか“しなやかな感じ”とかっていうキーワードをもとに演じていました」, 「今年の2月から撮影が始まったんですけど、1月の前半はほぼリハーサルでした。大人時代の浩介と真緒を演じる松本潤さんと上野樹里さん、中学時代の浩介を演じる北村匠海君と私の4人で何度かリハーサルをして。松本さんと上野さんが中学時代の役を演じて、私達が大人になってからを演じるっていうこともやりました」, 「とっても貴重な体験でした! 中学時代の真緒と大人の真緒の共通点を探していたので、そういう部分を見つけることが出来た時間でした。あと、上野さんの演技を見させて頂く時に、上野さんの仕草の研究もしました。こういう動きをよくされるなと思ったら、メモを残して。ちょっとストーカーみたいなんですけど(笑)。あとは、上野さんの喋り方を真似してみたり…」, 「私の中の真緒は、しなやかで柔らかそうなイメージだったんです。でも上野さんの演技を見ていたら、“鋭さ”を感じました。のんびりしているけど、仕事はきちんと出来る。そのギャップみたいなものを真緒は持っているなと思いました」, 「私が上野さんの癖を探したように、上野さんも私の癖を見つけていたみたいです。『わかなちゃんは手首を反らしてることが多かったから、ちょっと真似してみた』って言われました」, ――映画では松本さん、上野さんと同じシーンはなかったですが、実際の撮影で大人の浩介と真緒の演技を見ることはありましたか?, 「さきほど話した教室で分数を教わるシーンなんですけど、その撮影をする前に、松本さんと上野さんが同じ席に座って話すというシーンを撮影していて。その演技を見てから、自分のシーンを演じることが出来たので凄く参考になりました」, ――映画では中学時代のシーンのあとに、大人のシーンが出てきますが、実際の撮影は逆だったんですね。教室にいる浩介と真緒のシーンは凄く素敵でした。, 「ほんとですか? 凄く嬉しいです。物凄く悩んでいたので、そう思ってもらえて凄く嬉しいです」, 「髪の色は上野さんと同じ茶色に染めました。前髪が長くてふわっとしてるんですけど、セットに40分もかかるんですよ! 毛先のハネ方とかも凄く拘っていて、ヘアメイクさんが撮影の合間は何度も整えて下さいました」, ――映画の真緒と実際の葵さんの声って、ちょっと違いますね。真緒は声が少し高いけど、今の葵さんは意外と低いような…?, 「そうなんです(笑)。地声は低いんですよ。監督も、『真緒の声は高いイメージなんだ』と話されていたし、上野さんの声も高かったので、そこは上野さんの声の出し方を参考にしました」, 「お互い人見知りだったのであまり…(笑)。北村君よりも、いじめっ子の潮田役の女の子とたくさん話しました。学校のシーンが多かったので、同年代の女の子と話せたので楽しかったです」, ――潮田役の子も、かなりインパクトありましたね。大人になった潮田も相変わらず嫌な感じでした(笑)。, 「中学時代の潮田役の子も、大人の潮田さんとの共通点を探してるって言ってました。いじめっ子の演技、とってもうざくてよかったですよね(笑)」, 「読みました。台本では真緒の心情がわからなかったので、原作小説にある情報から、色々イメージを膨らませていきました。久しぶりに昨日台本を見返したんですけど、結構メモをとっていたんですよね。あれ、私こんな絵描いたっけ? というのもありました(笑)」, 「監督が真緒について説明して下さったことに対して、自分なりにやってみて、『そうそう!』って監督が言って下さった部分を書き込んでいました」, ――真緒が持っている秘密って、映画の最後までわからないじゃないですか。でも真緒自身は自分の秘密を知ってる訳だから…その上での演技って凄く難しいですよね。, 「そうなんです! 秘密を抱えているからこその演技だったので…。真緒はちょっとバカっぽいところがあるんですけど、なんでバカっぽいのかには理由があるんです。最後まで悩んだのは、真緒は“好き”という感情を理解しているのかということ。大人の真緒は恋愛感情を持ってると思うんですけど、果たして中学時代の真緒は、浩介に恋愛の“好き”だったのかと…。その気持ちに関しては、監督からアドバイスを頂けば頂くほど、訳がわからなくなってしまいました」, 「私は、真緒は恋愛の“好き”なのかなって思っていました。だけど、監督は『この時の真緒は、“好き”の意味をわかってないんだ』と仰っていたので、すっごく悩みましたね」, 「そうですね。監督がたくさん引き出してくれたと思います。リハーサルも何度もやったので、いざ本番ってなった時、台本を見返さなくても全部セリフを覚えていました!」, 「やってる時は、本当に大丈夫かな? と心配してたんです。私だけ、はみ出してないかな? って。でも出来上がりを観てからは、はみ出してはなかったかなと思いました(笑)。でもちょっと待てよ? とも思って。果たして私と上野樹里さんは似ていたか? と。それは自分では判断できなかったので、公開後、みなさんに判断して頂ければと思います。ちょっとドキドキですけど」, 「人間って、建前と本音を使い分けてるじゃないですか。しかも、本音の中にも色々な感情があると思うんです。そういう人間の心理にも気を付けたいなと思いました。そうしたら、今よりももっと違う世界が見えるのかなって」, ――現在放送中のドラマ『たべるダケ』にも童門和沙役で出演されてますが、ここでは本音と建前を意識している感じ?, 「監督とそういう話をしたんですよ。これは和沙の本当の気持ちなのかな? それとも気をつかってるのかな? って。そういう話を監督と出来たことも、進歩出来たかなと思います」, 「8話は、和沙と和沙のお父さん(新井浩文)とお出かけをするお話です。和沙の両親は離婚しているから、お父さんとは一緒に住んでなくて、なんとなくわだかまりがあるんです。その微妙な距離が、一緒にお出かけすることによって変わっていきます。凄くいい話になってると思います!」, 「後藤さんは、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)に出演するよねっていう話をしました。あと、撮影時期が、ちょうどテスト期間中だったので、撮影の合間に勉強してたんです。そしたら『こんなの全然わからないよ~』とおっしゃっていました(笑)。新井さんからは、おすすめの映画を教えてもらいました」, 「はい(笑)。演技の練習をする時は、妹にセリフを言ってもらって反応を観察してました。おもちゃをもらった時どんな反応するんだ? とか。あとは、妹の友達が家に遊びに来たら、その友達をじーっと見ていたり(笑)。私を含めて4人の小学生が登場するんですけど、私が最年長で身長も高かったから、撮影中は若返った気分でした(笑)」, ――こちらの公開も楽しみです! 女優だけでなく乙女新党というアイドルユニットでも活動していますが、歌と演技の両方をやることでのメリットはありますか?, 「乙女新党で歌を歌ってる時は、曲に合わせて表情を変える時に、お芝居が役に立つなと思います。お芝居をしている時は、歌を歌ってるぶん声が出やすいので、そこは役立ってます。どっちも比べられないくらい大好きなので、頭が活性化されます!」, 「歌は小学6年生のころから習っていました。大好きなので、自転車に乗ってる時はずっと歌ってます。学校から家に帰る時も歌ってます(笑)」, 「日が沈んで暗くなると、人とすれ違っても口元は見えないから、適当にごまかします(笑)。まだ明るい時は、人が近づいてくると小さい声になって、離れると普通に歌いだすみたいな。たまに、曲がり角で人に遭遇するとびっくりしますけど(笑)」, 「はい! 将来は柴咲コウさんみたいになりたいんです。歌手も女優もって大変だと思うんですけど、どっちもやり続けたいですね」, 「これまでは暗い役や秘密がある役が多かったので、明るい役をやってみたいです。役のイメージなのか、会う人に『わかなちゃんってイメージと違うね』って言われることが多いんですよ。そんなに私、冷たいイメージだったのかな(笑)」, 「はい! ひとりでも楽しめるんですよ。ひとりで歌うのも好きだし、ひとりでマンガを読むのも好きだし。あと、ダジャレを考えるのも好きです。電車では歌を歌えないので、その時はダジャレを考えてます! 渋谷に向かってたら、“しぶやしぶや…”って色々考えてますね」, 「映画は、中学時代と大人の浩介と真緒がリンクしていく物語です。ある秘密を真緒は持ってるんですけど、その秘密が凄く素敵なんです。原作を読んで知っている方は、その秘密がどう隠されているのか楽しんでほしいですし、映画が初めての方は、ラストまで観て頂いて、そのあとに、あのシーンはこういう意味だったのか! と気づいてもらえればと思います!」, 監督/三木孝浩 ©2013『陽だまりの彼女』製作委員会, 池田純矢インタビュー-中島らも作、G2演出の舞台『ベイビーさん ~あるいは笑う曲馬団について』で主演を務める池田純矢。俳優以外にも精力的に活動をする彼に表現することに対する熱い想いを聞いた。, 石井杏奈インタビュー― 弱冠17歳にして映画初主演を務める石井杏奈。女優として着実に成長しながら、E-girlsのパフォーマーでもある彼女は、どのように今作の撮影に臨んだのか。, 2015年版の『RENT』がいよいよ開幕! 周りから愛される優しいドラァグクイーンのエンジェルを演じる平間壮一。ミュージカルの経験があまりない中、歌という新しいジャンルに挑戦する彼に、本作への意気込みを聞いた。, 中村蒼インタビュー 時代劇や戦争ドラマ、シリアスなものから人情モノまで、様々なジャンルの作品に出演し、俳優としての実力を着実に伸ばしている中村蒼。そんな彼がドラマ『洞窟おじさん』『本棚食堂』にいかに臨んだのか? 素直な気持ちを聞いた。, 舞台、映画などを中心に活動の幅を広げている若手俳優・水間ロン。感動すると話題の明光義塾のショートムービーに出演している彼が今、俳優として感じることとは?, 清水富美加インタビュー -連続テレビ小説『まれ』に主人公・まれの幼馴染み・蔵本一子役として出演の彼女に、仕事への取り組み方を訊く。, 上村歩未インタビュー - ファッション雑誌『ニコ☆プチ』の読者モデルを経て芸能界入りした上村歩未。映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』で演技に初挑戦!, 和田正人インタビュー - 4月6日から始まる舞台『小林一茶』で、座長を務める和田正人。読売文学戯曲賞など受賞した井上ひさしの名作戯曲に、どう臨むのか? また、彼の俳優としての歩みについて話を聞いた。, 森下大地インタビュー - 現在放送中のドラマ『残念な夫。』で、ピアノバーの店員・久保田航を演じている若手俳優・森下大地。なんと、今回のインタビューは彼にとって初めての取材。役柄への挑み方やデビューのきっかけなどについて聞いた。, 柴田杏花インタビュー - アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」から生まれた『くちびるに歌を』。期待の若手女優・柴田杏花が、懸命に合唱部をまとめようと奮闘する生徒・辻エリを演じる。, 蒼波純インタビュー -松居大悟監督の『ワンダフルワールドエンド』で橋本愛とダブル主演。売れないモデルの追っかけファンである13歳の亜弓を演じる。, 原菜乃華インタビュー -ドラマ『ビンタ! 弁護士事務員ミノワが愛で解決します』で主人公ミノワ(箕輪文太/松本利夫<EXILE>)の異母兄妹・箕輪カナ役で出演。心を開かない難しい役どころをどう演じているのか?, 尾上松也×柿澤勇人インタビュー – 大人気ミュージカル『スリル・ミー』でコンビを組むふたりに、舞台への意気込みを聞く!, 坂口健太郎インタビュー - 『MEN'S NON-NO』専属モデルの坂口健太郎が俳優デビュー!人生初のお芝居となった映画『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』について訊く。, 小柳友インタビュー - 映画『がじまる食堂の恋』で沖縄・名護のロケを満喫したという小柳友。彼の役作りや演技に対する想い、そして撮影中のエピソードなどを訊いた!. 10月12日(土)全国東宝系ロードショー !』(07/水田伸生監督)、『デトロイト・メタル・シティ』(08/李闘士男監督)、『ヘブンズ・ドア』(09/マイケル・アリアス監督)、『ソフトボーイ』(10/豊島圭介監督)、『ボクたちの交換日記』(13/内村光良監督)など。本年8月公開の『謎解きはディナーのあとで』(13/土方政人監督)に出演している。, 1990年生まれ。大阪府出身。 2002年ドラマ「まんてん」(NHK)で女優デビュー。2005年『カナリア』(05/塩田明彦)で映画初出演・初主演を果たし、第20回高崎映画祭最優秀新人賞を受賞。主な映画出演作に『ユビサキから世界を』(06/行定勲監督)、『魍魎の匣』(07/原田眞人監督)、『おろち』(08/鶴田法男監督)、『おと・な・り』(09/熊澤尚人監督)、『おにいちゃんのハナビ』(10/国本雅広監督)、『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『阪急電車』(11/三宅喜重監督)、『その夜の侍』(12/赤堀雅秋監督)など。公開待機作に2013年12月公開「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(小泉徳宏監督) がある。, 1993年生まれ。大阪府出身。 2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストファイナリスト。2009年「仮面ライダーW」(EX)にて史上最年少ライダーとして連続ドラマ初出演・初主演を務める。ドラマ「ランナウェイ〜愛する君のために〜」(11/TBS)で注目を浴び、以降「泣くな、はらちゃん」(13/NTV)や「35歳の高校生」(13/NTV)など多数の連続ドラマに出演。主な映画主演作に『王様とボク』(12/前田哲監督)、『共喰い』(13/青山真治監督)、『男子高校生の日常』(13/松居大悟監督)などがある。, 1997年生まれ。東京都出身。 主な映画出演作に『ダイブ! !』(08/熊澤尚人監督)、『ブタがいた教室』(08/前田哲監督)、『重力ピエロ』(09/森淳一監督)、『TAJOMARU』(09/中野裕之監督)、『沈まぬ太陽』(09/若松節朗監督)、『シュアリー・サムデイ』(10/小栗旬監督)、『忍たま乱太郎』(11/三池崇史監督)、『鈴木先生』(13/河合勇人監督)など。, 1998年生まれ。神奈川県出身。 ドラマやCMなどで活躍中。主な出演作は「たべるダケ」(13/TX)、「相棒11」(13/EX)、TVCM「東京海上日動火災保険会社」など。2012年アイドルユニット「乙女新党」のメンバーに選抜され、活動の場を広げる。公開待機作に2014年『瀬戸内海賊物語』(大森研一監督)がある。, 1973年生まれ。大阪府出身。 数々の吉本新喜劇の歴史に残る大イベントを成功させている、吉本新喜劇の座長。2004年秋からはNHK朝の連続テレビ小説「わかば」のレギュラーに抜擢され、原田夏希演じる主人公若葉の先輩職人・杉本康博役を演じ、全国的に知名度を広めることとなった。主な映画出演作に『学校II』(96/山田洋次監督)、『虹をつかむ男 南国奮斗篇』(97/山田洋次監督)、『日常』(06/笹部香監督)、『FLY!〜平凡なキセキ〜』(11/近藤真広監督)などがある。, 1970年生まれ。広島県出身。 CMや雑誌のモデルを経て、95年『ゲレンデがとけるほど恋したい!』で映画に出演。その後数々の映画やドラマなどで活躍。主な映画出演作に『ひみつの花園』(97/矢口史靖監督)、『ナビィの恋』(00/中江裕司監督)、『ウォーターボーイズ』(01/矢口史靖監督)、『電車男』(05/村上正典監督)、『クライマーズ・ハイ』(08/原田眞人監督)、『南極料理人』(09/沖田修一監督)、『あしたのジョー』(11/曽利文彦監督)、『ロボジー』(12/矢口史靖監督)、『綱引いちゃった!』(12/水田伸生監督)、『図書館戦争』(13/佐藤信介監督)、『真夏の方程式』(13/西谷弘監督)など。, 1967年生まれ。東京都出身。 「アニエスb」 の日本人モデルとしてパリコレクションなどに出演。1989年「愛しあってるかい!」 (CX)で女優デビュー。以降様々な映画やドラマなどで活躍。主な映画出演作に『極道の妻たち』(98/中島貞夫監督)、『月の砂漠』(03/青山真治監督)『キャッチ ア ウェーブ』(06/高橋伸之監督)、『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』(09/マキノ雅彦監督)、『おと・な・り』(09/熊澤尚人監督)、『いのちの山河〜日本の青空II〜』(09/大澤豊監督)など。, 1950年9月25日生まれ。 劇団四季にて数々の舞台に出演。初主演ドラマ「日本の幸福」(67/NTV)が芸術祭奨励賞受賞。「安ベエの海」(69/TBS)、「看護婦日記」(83/TBS)、「いちばん星」(77/NHK)など他多数。「元気がでるテレビ」(NTV)などバラエティにも多く出演。映画は、三島由紀夫原作『潮騒』(71/森谷司郎監督)、カンヌ国際映画祭審査員グランプリ受賞作『死の棘』(90/小栗康平監督)、『大病人』(93/伊丹十三監督)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04/行定勲監督)、『長い散歩』(07/奥田瑛二監督)など話題作に出演。公開期待作に『0.5 ミリ』(14/安藤モモ子監督)がある。, 1948年生まれ。京都府出身。 演劇集団「円」所属。中村伸郎、岸田今日子らとともに別役実の舞台作品等に出演。つかこうへい作・演出の舞台「今日子」「幕末純情伝」で注目され、『12人の優しい日本人』(91/中原俊監督)を機に映画にも場を広げる。『樹の海』(04/瀧本智行監督)で日本映画批評家大賞・助演男優賞受賞。近年の映画出演作に『悪人』(10/李相日監督)、『宇宙兄弟』(12/森義隆監督)、『アウトレイジ・ビヨンド』(12/北野武監督)、テレビドラマではNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)等がある。, 東京都出身。 1973年シングル「絹の靴下」で歌手デビュー。1980年代より演劇へも活動の幅を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞、ゴールデンアロー賞演劇賞、日本アカデミー賞助演女優賞などを受賞。コンセプチュアルアートシアター「印象派」では、国内はもとより国外での公演も成功し、高い評価を得ている。映画では、『里見八犬伝』(83/深作欣二監督)、『男はつらいよ』(90/山田洋次監督)、『千と千尋の神隠し』(01/宮崎駿監督)、『ピンポン』(02/曽利文彦監督)、『さくらん』(07/蜷川実花監督)『パーマネント野ばら』(10/吉田大八監督)などに出演し、作品ごとに圧倒的な存在感を放っている。, 1974年生まれ。徳島県出身。 いきものがかり、FUNKY MONKEY BABYS、YUI、ORANGE RANGE、木村カエラ 等、数多くのPVやライブ映像、またTVCM、ショートムービーを手掛け、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005 最優秀ビデオ賞、カンヌ国際広告祭 2009 メディア部門金賞などを受賞。10年に浅野いにお原作コミックを宮崎あおい主演で映画化した『ソラニン』で長編映画監督デビュー。12年、長編2作目となった監督作『僕等がいた(前篇・後篇)』が大ヒットを記録した。近年ではテレビドラマにも挑戦するなど活動を広げている。, 1971年、東京都生まれ。 2004 年、第16 回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作『ボーナス・トラック』でデビュー。他の著書に『階段途中のビッグ・ノイズ』(幻冬舎)、『空色メモリ』(東京創元社)、『金曜のバカ』(角川書店)、『せきれい荘のタマル』(小学館)、『いとみち』(新潮社)、『いとみち 二の糸』(新潮社)などがある。本作「陽だまりの彼女」は「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」のキャッチコピーが話題を呼び、累計発行部数63万部を超える大ベストセラーになった。11 年、啓文堂書店「おすすめ文庫大賞」大賞を受賞。, 1953年、東京都生まれ。 '75年、シュガー・ベイブとしてシングル「DOWNTOWN」、アルバム「SONGS」でデビュー。'76年、アルバム「CIRCUS TOWN」でソロ・デビュー。'80年発表の「RIDE ON TIME」が大ヒットとなり、ブレイク。アルバム「MELODIES」('83年)に収められた「クリスマス・イブ」が、'89年にオリコンチャートで1位を記録。以後、この曲が20年以上にわたってチャートインし日本で唯一のクリスマス・スタンダード・ナンバーとなるほか、日本を代表するシンガー・ソングライターとして数多くの名曲をリリースし続けている。また、'84年以降の竹内まりや全作品のアレンジ及びプロデュースを手懸け、CMタイアップ楽曲の制作や他アーティストへの楽曲提供など、幅広い活動を続けている。 2012年9月には今までの全キャリアを網羅した3枚組ベスト・アルバム「OPUS〜ALL TIME BEST 1975-2012〜」が発売された。本年は8月末より全国49公演のホールツアー「PERFORMANCE 2013」を開催。 主題歌「光と君へのレクイエム」は本作のために書き下ろされた。, 1961年にカリフォルニア州ホーソーンで結成。メンバーは、ティーンエイジのウィルソン3兄弟(ブライアン、デニス、カール)と従兄弟のマイク・ラヴ、そしてアル・ジャーディン。のちデヴィッド・マークス(63年末に脱退)、ブルース・ジョンストンが加入。 62年にキャピトル・レコードと契約。輝くようなヴォーカル・ハーモニーで世界を魅了したが、のちブライアンの音楽的なリーダーシップの下、サーフ・ロックに留まらないテーマを取り上げるようになり、60年代アメリカを代表するバンドとなる。アメリカのバンドとしてアルバムとシングルを最も多く売り上げ、またビルボードのトップ40に最も多くのヒット曲(36曲)を送りこんだ記録を持っている。 2012年、デビュー50周年を記念してオリジナル・メンバー5人で揃って来日し、東京・大阪・名古屋でのコンサートで日本のファンを熱狂させた事は記憶に新しい。. こんな役もできたんだね、彼。 (※ネタバレが含まれます) 映画 「陽だまりの彼女」 観ました。 暖かさと人の繋がりの運命の不思議さを感じるいい映画でした。 これは映画館で観たかったな。 文庫が200万部突破した 映画「陽だまりの彼女」潮田 役. 最初で最後の恋(うそ)だった。 さて、陽だまりファンサイトで掲示板を準備中です。 もうすぐ皆さんでこういうトピックなどで陽だまりの彼女を語り合う場所が出来ます。 「あの真緒はなんなのか?」とか浩介の「どっちだよ?」ってど … 撮影/中根佑子  文/池上愛, 「面接の日は、千葉で別のお仕事をしていて。千葉から東京まで電車で移動して、面接が終わったらまた現場に戻ってお仕事をしていたんです。まさか決まるとは思っていなかったのでびっくりしました」, 「凄くイメージするのが難しかったです。松本潤さん演じる浩介が主人公なので、浩介目線で台本は書いてあるんです。だから、真緒がどういう心情でいるのか想像が出来ませんでした。台本を読んで最初に思ったのは、“この子はなんなんだ! Copyright © TOHO CO., LTD.All Rights Reserved. 原作/越谷オサム『陽だまりの彼女』(新潮文庫刊) 驚きと嬉しさに涙があふれる永遠のファンタジック・ラブストーリー!, 中学時代に出会い、初恋に落ちた浩介と真緒。その後二人は離れ離れになってしまうが、ある日仕事先で10年ぶりに再会する。真緒はかつてイジメられっ子だったが、今は美しくて仕事のできる素敵な女性になっていた。そんな彼女に浩介は再び恋をするが、彼女には誰にも知られてはいけない“不思議な秘密”があった……。, 松本潤/上野樹里/玉山鉄二/大倉孝二/谷村美月/菅田将暉/北村匠海/葵わかな/小籔千豊/西田尚美/とよた真帆/木内みどり/塩見三省/夏木マリ, 監督:三木孝浩/原作:越谷オサム『陽だまりの彼女』(新潮文庫刊)/脚本:菅野友恵/脚本:向井康介/音楽:mio-sotido/撮影:板倉陽子/照明:木村匡博/美術:花谷秀文/装飾:井上静香/録音:矢野正人/プロデューサー:小川真司、宇田充、遠藤学, 2013年/日本/【本編分数】本編:129分/カラー/【ディスク】BD(本編ディスク)・DVD(特典ディスク):2層/【音声】日本語 DTS-HD MasterAudio5.1ch、日本語 DTS-HD MasterAudio2.0ch/【字幕】日本語/【画面】HDワイドスクリーン(1.85:1)1920×1080p, 2013年/日本/【本編分数】本編:129分/カラー/【ディスク】片面2層/【音声】日本語 ドルビー・デジタル5.1ch、日本語 ドルビー・デジタル2.0ch/【字幕】日本語/【画面】16:9 ビスタサイズ スクイーズ収録, 2013年/日本/【本編分数】本編:129分/カラー/【ディスク】2層/【音声】日本語 DTS-HD MasterAudio5.1ch、日本語 DTS-HD MasterAudio2.0ch/【字幕】日本語/【画面】HDワイドスクリーン(1.85:1)1920×1080p. 配給/東宝=アスミック・エース 監督:三木孝浩/原作:越谷オサム『陽だまりの彼女』(新潮文庫刊)/脚本:菅野友恵/脚本:向井康介/音楽:mio-sotido/撮影:板倉陽子/照明:木村匡博/美術:花谷秀文/装飾:井上静香/録音:矢野正人/プロデューサー:小川真司、宇田充、遠藤学 新人営業マンの浩介(松本潤)は、仕事の取引先で中学時代の幼なじみ・真緒(上野樹里)と出会う。かつて冴えないイジメられっ子だった彼女を浩介が助けたことがきっかけで、ふたりは生まれて初めての恋をした。10年ぶりの運命的な再会。浩介と真緒は、再び恋に落ち、やがて結婚を決心する。しかし真緒には、誰にも知られてはいけない“不思議な秘密”があって・・・。 主人公が高校生の時にいじめていた役です。 私この映画みたので見た人多いかなと思い、この作品を選びました。 まさかな役でしたがwまさかおかりんだったとは… http://www.hidamari-movie.com/ ―― 潮田役の子も、かなりインパクトありましたね。大人になった潮田も相変わらず嫌な感じでした(笑)。 「中学時代の潮田役の子も、大人の潮田さんとの共通点を探してるって言ってました。 出演/松本潤 上野樹里 玉山鉄二 大倉孝二 谷村美月 菅田将暉・北村匠海 葵わかな・小藪千豊 西田尚美 とよた真帆・木内みどり 塩見三省・夏木マリ ほか 1983 年8 月30 日生まれ。東京都出身。 嵐のメンバーとして、音楽・テレビ・舞台・映画・CM と多方面に活躍。テレビドラマ「金田一少年の事件簿」(01/NTV)、「ごくせん」(02/NTV)など、話題のドラマに出演。「花より男子」(05/TBS)、「花より男子2(リターンズ)」(07/TBS)は社会現象になるほどの大ヒットとなった。そのほかのテレビドラマの代表作は、「きみはペット」(03/TBS)「バンビ〜ノ!」(07/NTV)、「ラッキーセブン」(12/CX)など。映画の代表作に『東京タワー』(04/源孝志監督)、『僕は妹に恋をする』(07/安藤尋監督)、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(08/樋口真嗣監督)、『花より男子ファイナル』(08/石井康晴監督)などがある。映画出演は5年振りとなる。, 1986 年5 月25 日生まれ。兵庫県出身。 2002 年女優デビュー。初主演映画『スウィングガールズ』(04/矢口史靖監督)で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞を受賞し注目を集める。その後ドラマ「のだめカンタービレ」(06/CX)で2007 年エランドール賞新人賞受賞。「ラスト・フレンズ」(08/CX)で第17 回橋田賞を受賞。2011年には「江〜姫たちの戦国〜」(NHK)で大河ドラマの主演を務めた。主な出演映画に『亀は意外と速く泳ぐ』(05/三木聡監督)、『サマータイムマシン・ブルース』(05/本広克行監督)、『虹の女神 Rainbow Song』(06/熊澤尚人監督)、『奈緒子』(08/古厩智之監督)、『グーグーだって猫である』(08/犬童一心監督)、『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』(09/武内英樹監督)、『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』(10/川村泰祐監督)など。, 1980年生まれ。京都府出身。 1999年、ドラマ「ナオミ」で俳優デビュー。2005年、映画『逆境ナイン』(羽住英一郎監督)で初主演を果たし、活動の幅を広げる。主な映画出演作に『天国の本屋〜恋火』(04/篠原哲雄監督)、『NANA』(05/大谷健太郎監督)、『手紙』(06/生野慈朗監督)、『カフーを待ちわびて』(09/中井庸友監督)、『ハゲタカ』(09/大友啓史監督)、『ノルウェイの森』(10/トラン・アン・ユン監督)、『星守る犬』(11/瀧本智行監督)、『綱引いちゃった!』(12/水田伸生監督)など。 『ハゲタカ』(09)で日本アカデミー賞助演男優賞受賞。, 2000年8月27日生まれ。千葉県出身。 ナイロン100℃所属。2002年公開の映画『ピンポン』(曽利文彦監督)のアクマ役でその個性が広く知られるようになった。主な映画出演作に『きょうのできごと』(04/行定勲監督)、『阿修羅城の瞳』(05/滝田洋二郎監督)、『舞妓Haaaan!! 本作「陽だまりの彼女」は「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」のキャッチコピーが話題を呼び、累計発行部数63万部を超える大ベストセラーになった。11 年、啓文堂書店「おすすめ文庫大賞」大賞 … 陽だまりの彼女 【Google最も検索された映画ランキング】『まどか☆マギカ』驚異の話題力…10月はアニメが健闘 2013.11.4 Mon 19:25.

自衛隊 実戦, とことん プログレッソ十勝, バーガーキング 業績, 自衛隊 事故 北海道, ウイニングポスト9 結婚相手 能力, アメリカ大統領 中間選挙 落選,