『戦場のピアニスト』(せんじょうのピアニスト、原題: The Pianist)は、第二次世界大戦におけるワルシャワを舞台としたフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。2002年公開。, ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの体験記を脚色して映像化している。, カンヌ映画祭では最高賞であるパルムドールを受賞した。アメリカのアカデミー賞では7部門にノミネートされ、うち監督賞、脚色賞、主演男優賞の3部門で受賞した。 結末・戦場のピアニスト 1944年 、ワルシャワ蜂起が起こすがまたも鎮圧されシュピルマンが住む建物はドイツ軍に包囲されました。 鍵が外側からかけられ逃げられないでいると爆破によって建物が崩れたことで部屋から出られるようになります。 戦場のピアニストのネタバレあらすじ:ユダヤ人居住区への強制移住 ピアニストの名前はシュピルマンと呼び、彼はユダヤ人でした。 空爆後、ナチス親衛隊はこの街に駐屯することとなり、家族はすべての所持金をバイオリンの中へと隠します。 「戦場のピアニスト」(原題:a Pianist)は,戦場でピアノを弾く者というよりも,ピアニストという感性をもった人が戦争の中をどう生きたか,といういった映画だと思います。 ②ユダヤ人の命について 主演のエイドリアン・ブロディはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞した。, 1930年代後半、ポーランドのワルシャワ。ユダヤ人、ウワディスワフ・シュピルマンはピアニストとして活躍していた。しかし1939年9月、その生活が一変する。第二次世界大戦が勃発し、ナチスドイツはポーランド侵攻を開始、シュピルマンがスタジオで録音をしていたラジオ局はドイツ空軍による突然の爆撃を受け被害を受ける。なんとかスタジオを脱出したシュピルマンは混乱の中で友人ユーレクの妹ドロタと出会い、以降、僅かばかりの友好関係を築く。帰宅した彼は、イギリスとフランスがドイツに対して宣戦布告をしたことを海外のラジオ放送で知り、戦争は早期に終結すると信じて家族と共に喜ぶ。, しかし、状況は好転する事がなかった。ワルシャワはドイツ軍に占領され、親衛隊と秩序警察による過激な弾圧によって、ユダヤ人の生活は悪化してゆく。ダビデの星が印刷された腕章をつけることが義務付けられ、喫茶店や公園への立ち入りも制限される中、少しでも目立った行動をとるユダヤ人はナチス親衛隊の暴力にさらされるのだった。1940年後半には、ユダヤ人たちはワルシャワ・ゲットーに押し込められ、飢餓、迫害、そして死の恐怖に脅かされた。そんなある日、シュピルマンとその家族はその他多くのユダヤ人と共に親衛隊の命令で戸外に集められ、財産を取り上げられる。ほどなく彼らは絶滅収容所行きの家畜用列車に乗せられるが、シュピルマンだけは知り合いのユダヤ人ゲットー警察署長ヘラーの機転で救われ、その場を逃れる。, ひとり残されたシュピルマンは、移送されずに労働力として残された成人男性たちに混じり、ゲットー内で強制労働を課せられる。ここでシュピルマンは、ドイツがユダヤ人抹殺を計画しているらしいこと、そして生き残ったユダヤ人たちが蜂起の準備をしていることを知る。シュピルマンは慣れない肉体労働やドイツ人警察官から加えられる暴力に耐え切れずに倒れてしまうが、仲間の配慮で倉庫番や食料調達の仕事に回される。シュピルマンは蜂起への協力を志願し、食料調達の立場を利用してゲットーへの武器の持ち込みを手伝う。そんなある日、食料調達のため街(ゲットー外)に出かけたシュピルマンは市場で知人女性ヤニナを見かけ、彼女を頼ってゲットーの外に脱出することを決意する。, ゲットーを脱出したシュピルマンは、ヤニナとその夫アンジェイが加わる反ナチス地下活動組織に匿われて、ゲットーのすぐそばの建物の一室に隠れ住む。ほどなくユダヤ人たちのワルシャワ・ゲットー蜂起が起こり、シュピルマンは部屋の窓からドイツ側との激しい交戦を目の当たりにするが、蜂起は鎮圧され、ゲットー内の大半の人が殺される結果に終わる。, その後の1年で、ワルシャワの状況は一層悪化する。ヤニナが捕まったためアンジェイは逃亡し、一人残されたシュピルマンは隣人に存在を気付かれ、隠れ家から逃避しなければならなくなった。アンジェイに手渡されていたメモに書かれていた住所の家を訪ねると、姿を現したのはドロタだった。シュピルマンはドロタの夫ミルカに匿われ、監視の目の盲点を突くため、ドイツ当局が利用する病院や警察署の向かいにある隠れ家を提供される。しかし連絡員からの食料差し入れが滞り、内臓疾患で死にかけたこともあった。ミルカ一家はドロタの実家がある郊外に避難し、1944年8月、ポーランド人の抵抗勢力はワルシャワ蜂起を起こした。シュピルマンは今回も隠れ家の窓越しに事態の推移を見守るが、この蜂起もまたナチスドイツに鎮圧され、ワルシャワは報復として完膚なきまでの破壊を受ける。砲撃・放火やポーランド人狩りから逃げ惑うシュピルマンは、廃墟と化した都心の中で完全に孤立無援となった。, ある日、廃墟の中に立つ一軒家で食べ物をあさっていたシュピルマンは、OGÓRKIの缶詰を発見する。そこへドイツ軍がやって来て、屋根裏部屋に身を隠したシュピルマンは、何者かが弾くピアノソナタの旋律を耳にする。その後ドイツ人たちが立ち去り、夜になって何とか缶を開けようと悪戦苦闘していたシュピルマンは、運転兵だけを伴い再びやって来たドイツ陸軍将校ヴィルム・ホーゼンフェルトと鉢合わせしてしまう。シュピルマンを見つけたホーゼンフェルトは彼の素性を尋ね、彼がユダヤ人ピアニストであることを知るや、一階の居間に残されていたピアノを弾いてみるように促す。生き延びるために、数年間にわたり目の前にピアノがあっても触ることもできなかったシュピルマンだが、彼が弾くショパンのバラード第一番が廃墟の街に流れる。その見事なピアノの腕前に感服し、ドイツの敗退を予想するホーゼンフェルトは、この一軒家に拠点を設けた後、周囲の目を盗んで屋根裏部屋のシュピルマンに食料を差し入れる。包みの中にはライ麦パンと共に、缶切りが添えられていたのであった。, ソ連軍の砲声が迫り、ホーゼンフェルトはシュピルマンにオーバーコートと食料を渡して撤退する。別れ際にシュピルマンの名前(ドイツ語で楽師や演奏家を意味する)を初めて知ったホーゼンフェルトは、ピアニストに相応しいとの言葉を残して去った。しばらくして、拡声器でポーランド国歌を放送する一台のトラックが通り、次いでポーランド軍が現れた。ドイツ将校のコートを着込んだシュピルマンは兵士たちから誤射されるが、同じポーランド人であることが辛うじて伝わり、彼の逃亡生活はようやく終わったのだった。, 終戦後、シュピルマンは同僚のバイオリニストに案内され、郊外を訪れた。収容所から解放されたバイオリニストが、ソ連軍に捕らえられた一群のドイツ軍将兵とこの場所で遭遇し、その中に「シュピルマンを助けた」と主張する男がいたのだった。しかし監視のソ連兵が割って入ったため、バイオリニストはそのドイツ人の名前を聞き取ることができず、その場所には彼の痕跡を示すものは何も残されていなかった。, 物語はシュピルマンが演奏する大ポロネーズで締めくくられ、字幕ではホーゼンフェルトが1952年にソ連の強制収容先で死去、そしてシュピルマンが2000年に88歳で死去したことが示される。, 原作であるノンフィクションは戦争直後のポーランドで『ある都市の死』(Śmierć miasta)の題名で1946年に刊行された。冷戦下のポーランドでは、主人公シュピルマンを救ったのが旧敵国のドイツ人では好ましくないため、やむなくオーストリア人としたが、ポーランド共産主義政権の手によりすぐ絶版処分となった。以降、1960年代におけるポーランド国内での復刊の試みもポーランド政府による妨害にあい、ポーランド国内外で再版されることはなかった。シュピルマンの息子アンジェイ・シュピルマンが復刊に取り組み、ドイツで独訳版(ISBN 343018987X)が出版されたのは1998年、イギリスで英訳版(ISBN 057506708X、ISBN 0753808609)が出版されたのは1999年になってからであった。, 独題は "Das wunderbare Überleben"(奇跡の生存者)、英題は "The Pianist: The extraordinary story of one man's survival in Warsaw, 1939-1945"。日本語版は2000年に佐藤泰一の翻訳により春秋社より刊行され、題名は当初『ザ・ピアニスト』(ISBN 4393495217)だったが、2003年の日本での映画公開にあわせて『戦場のピアニスト』(ISBN 4393495268)に改題された。, 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)630頁, 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=戦場のピアニスト&oldid=80066265. 【起】 – 戦場のピアニストのあらすじ1 1939年、ナチス・ドイツがポーランドに侵攻しました。 ポーランドに住むユダヤ人のピアニストであるウワディスワフ・シュピルマン、通称ウェイディクの生活は激 … 『戦場のピアニスト』は、 ナチス・ドイツがおこなった、ユダヤ人たちへの迫害である「ホロコースト」についての映画です。 ユダヤの人々への迫害は、はるか過去からの歴史上のことなので、私からあまり主張することはできません。 ピアニストのユダヤ系ポーランド人シュピルマンの体験記を基にロマン・ポランスキーが映画化してカンヌ国際映画祭でパルムドールに輝きアカデミー賞で3部門に輝いた作品。, 体験記は1946年に刊行されたがシュピルマンが最後に敵であるドイツ人将校に助けられた事でポーランド共産主義政権により処分されてしまいました。後に息子であるアンジェイが復刊に取りかかって1998年に独訳、1999年に英訳版が出版されたことで2002年に映画化されました。, ワルシャワ地区でピアニストとして活躍していたがナチスの侵攻に遭いゲットーに押し込められてしまう。やがて家族は収容所へ送られてしまい奇跡的に免れ崩壊した街で飢えに苦しんでいると敵であるドイツ人将校に助けられる。, フランスの首都パリで生まれたポーランド人監督ロマン・ポランスキーも幼い頃にゲットーに押し込められ有刺鉄線を切って作った穴から父親によって逃がされている。, 両親は別々に連行され母親はアウシュビッツでドイツ人に殺され父親は強制労働に耐えて終戦まで生き残った経験を持ちます。, ユダヤ人狩りから逃げ続けていてシュピルマンの同じ時期に経験している事から完全な実話映画だと思われる。, 第二次大戦中、ラジオ局で収録しているとナチスの爆撃を受けて急いで避難すると友人の妹ドロタと出会います。, 家に帰ると両親や兄弟は荷造りをはじめていたがフランスやイギリスがナチスに対して宣戦布告した事をラジオで聴き避難するのを止めます。, シュピルマンはドロタを連れて食事に行こうとするがワルシャワはナチスに占拠され「ユダヤ人はお断り」と紙が貼られていました。, 1939年にはワルシャワ地区では12歳以上のユダヤ人に、白地に青いダビデの星が描かれた腕章を右袖につける事が強制的に決まりました。, 街を歩き挨拶がなかったり目立つような行動をとればナチス親衛隊に容赦なく暴力を振るわれました。, 1940年までにワルシャワ市内にいるユダヤ人は全員ワルシャワ・ゲットーに移される事が決まりシュピルマンはいつかまた会う約束をしてドロタと別れます。, シュピルマンの家族は警察にならないか誘われるがナチスの奴隷となり仲間のユダヤ人を陥れる事などできないため断ります。, 1942年、シュピルマンや家族、その他大勢のユダヤ人は財産をすべて没収され強制労働所に移送するため集められます。, しかし行き先は労働所ではなく絶滅収容所でした。シュピルマンは知り合いであるユダヤ人警察に救われるが家族全員と離れてしまいます。, ゲットーに残ったシュピルマンは慣れない肉体労働を強制され倒れてしまうが仲間に救われ食料調達の仕事に回されます。, 市場で古い友人であるヤニナを見掛けるがユダヤ人を助けると死罪なため声を掛ける事が出来ませんでした。, ワルシャワから出る貨物列車に乗ったユダヤ人はほぼ絶滅だと知らされたシュピルマンは生き残ったユダヤ人が戦う準備をしている事で協力します。, 食料の中に銃を紛れ込ませてゲットーに運び続けたシュピルマンはヤニナと夫のアンジェイに匿ってもらいゲットーの壁の近くにある建物に隠れ住みます。, シュピルマンは部屋から激しい交戦を目の当たりにするが長くもった大規模反乱も最終的にはナチスに制圧されてしまいました。, アンジェイから緊急の場合にとミルカの住所が書かれたメモを渡されており訪ねるとドロタの夫でした。, ドイツ陣営のど真ん中に位置し病院や都市防衛警察が近くにある建物の一室を用意され隠れ住みます。, しかし世話係として紹介されたシャワスの支援が徐々に無くなりシュピルマンは内臓疾患で倒れてしまいます。, シャワスは集まった寄付金を私欲のために貯め込んでいたと知ったドロタとミルカによってなんとか命は助かりました。, 1944年、ワルシャワ蜂起が起こすがまたも鎮圧されシュピルマンが住む建物はドイツ軍に包囲されました。, 鍵が外側からかけられ逃げられないでいると爆破によって建物が崩れたことで部屋から出られるようになります。, 死体のフリをしながら無我夢中で逃げ出したシュピルマンは廃墟の中で完全に孤立し何処を見渡しても人がいませんでした。, どうにかして開けようと叩いていると、その音に気付いたドイツ軍将校ホーゼンフェルト陸軍大尉に見付かってしまいます。, ホーゼンフェルト陸軍大尉はピアノの腕前に感心しシュピルマンの隠れ場所を確認するとその場を後にしました。, ホーゼンフェルト陸軍大尉からパンとジャム、そして缶切りの差し入れを頂き、もうすぐドイツは戦争に負けるから数週間辛抱しろと言われます。, 寒いからと軍服を受け取ったシュピルマンは戦争の終わりを告げるアナウンスを聞いて外で出ると久しぶりに人影を目にします。喜んで近寄るが軍服を着ていたためドイツ兵と間違えられ射殺されそうになるが「ポーランド人だ!」と必死に叫びなんとか助かりました。, 音楽仲間のバイオリニストからホーゼンフェルト陸軍大尉から助けを求められたと聞いて調べるとロシアの収容所に送られていました。, その後、シュピルマンはワルシャワで暮らし2000年、88歳で亡くなり、ホーゼンフェルト陸軍大尉は1952年、ソ連の戦犯捕虜収容所で亡くなりました。, 仕事上、映画を見る事が多いのでせっかくだから書いていこうと思ったのがきっかけ♪ 私は愛犬家で趣味がサッカー観戦ぐらいしかありませんがよろしくお願いします(*^_^*), ウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)ホーゼンフェルト陸軍大尉(トーマス・クレッチマン)ドロタ(エミリア・フォックス)ユーレク(ミハウ・ジェブロフスキー)ヘンリク(エド・ストッパード)ヤニナ(ルース・プラット)アンジェイ(ロナン・ヴィバート)ミルカ(ヴァレンタイン・ペルガ), ナチスに西欧各国が侵略されフランスのダンケルクにいる大勢の英軍兵を脱出させる事に挑んだ英国首相チャーチルの映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のネタバレ含む感想結末。第90回アカデミー賞で2部門を受賞し日本の辻一弘がメイク・ヘアスタイリング賞に輝いた。, 作家生活35周年おめでとうございます。東野圭吾の著書「クスノキの番人」のネタバレあらすじを感想結末まで。解雇された腹いせに罪を犯してしまった玲斗は祈れば願いが叶うと言われるクスノキの番人をするよう弁護士を通して伯母から言われ釈放を条件に引き受ける。, 坂口健太郎と吉田鋼太郎が共演した「劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の作品情報キャストとあらすじ結末と考察。仕事人間だった父親は会社を突如辞め、会話がなく心配になった息子アキオはオンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV」に誘う, アナ・ケンドリックとブレイク・ライヴリーが共演したスリラー映画「シンプル・フェイバー」のネタバレ含む感想結末。シングルマザーのステファニーはブログビデオで失踪した親友エミリーを見かけたと情報を得るが死体で発見されてしまう。慰めあうようにショーンと同棲をはじめるが・・。, 人気若手女優ダコタ・ファニングが演じる自閉症のウェンディが脚本コンテストに応募するため旅に出る感動青春映画のネタバレ含む感想結末。大好きなスター・トレックの脚本コンテストに応募するため書き終えたが郵送だと間に合わないと気付き直接届けるため長距離の旅に出る。, ロブ・ライナー監督がジョージ・W・ブッシュ政権の巨大な嘘を訴え続けた記者たちの実話を映画化した作品。「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のネタバレあらすじと感想結末。イラク侵攻の理由である「大量破壊兵器保持」は巨大な嘘だと突き止めた新聞社ナイト・リッダーは権力に立ち向かう。, 韓国ドラマ「王になった男」ネタバレあらすじと作品情報/1話「いざ漢陽へ」から4話「呪い」, 「王になった男」ネタバレあらすじ/13話「ハソンの反逆」から最終話16話「王宮決戦」まで, 中国ラブ史劇「夢幻の桃花 三生三世枕上書」全話ネタバレあらすじ(作品情報キャスト)全話一覧, 中国ドラマ「瓔珞 エイラク」全話ネタバレあらすじ(作品情報キャスト)1話から7話まで, 映画「 The Witch/魔女」ネタバレあらすじと感想結末/見事な作戦!してやったり, 映画「女教師 シークレット・レッスン」ネタバレあらすじと結末/生徒との三角関係で女性教師の精神が崩壊. 『戦場のピアニスト』(The Pianist)というタイトルが付けられているが、音楽を演奏するシーンはほとんど存在しない。 それもそのはず、ドイツ軍から弾圧が始まってから、職業の制限、収入の制限、最終的には強制労働させられることになり、ピアノを弾いていられなくなるからである。 『戦場のピアニスト』(せんじょうのピアニスト、原題: The Pianist)は、第二次世界大戦におけるワルシャワを舞台としたフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。2002年公開 第二次世界大戦中、ナチスドイツ弾圧下のワルシャワにて、あるピアニストが過酷な状況の中生き延びている。家族と切り離され、他のユダヤ人たちと強制労働をさせられる日々。今日の命の保証もなく、迫害と労働は続く。終戦と平和を願って生きるピアニストとユダヤ人に穏やかな明日は来るのだろうか。2002年公開、カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞およびにアカデミー賞7部門ノミネート、3部門受賞作品。, ときは20世紀前半、場所はポーランドの首都ワルシャワ。ピアニストであるユダヤ系ポーランド人のウワディスワフ・シュピルマンは、ワルシャワの放送局で演奏をして生計を立てていた。第二次世界大戦が勃発、ナチスドイツがポーランド侵攻を開始。ラジオ局にいたシュピルマンは突然の事実を知らず、公開録音をしているところであった。ドイツ軍の空爆によるその爆音と局の倒壊、また、その後のラジオ放送にて戦争を知ることとなる。一向に好転することのない状況。シュピルマン一家はユダヤ人居住区への移動を強いられ、ナチスドイツによる過激な迫害に耐えながら、外へも自由に出られない苦しい生活が始まった。弾圧による死、もしくは、財産を取り上げられ、飢餓による死と隣り合わせの毎日をおくっていたある日、その一帯の住人が集められ、列車に乗せられて収容所へ向かわされ、そこに収監されてしまう。シュピルマンは知り合いに救われ、その場から脱出。移送を逃れた。しかし家族とは離れ離れになってしまい、居住区での強制労働も続く。そこへ生き残りのユダヤ人から、彼らが蜂起を計画していることを知り、居住区内への武器の持ち込みを手伝い、自らは居住区からの脱出を決意。食料調達の仕事の際に町で知り合った女性を頼りに外に脱出、彼女と反ナチス活動組織のもとで、家の一室を隠れ場所として生き延びる。その後のユダヤ人蜂起も失敗。終わらない悪夢。時が経ち、ワルシャワの情勢は悪化。存在を気付かれたシュピルマンももう隠れ家に住み続けることはできなくなる。1944年8月、ポーランド人の抵抗勢力によるワルシャワ蜂起。壊滅状態のワルシャワでシュピルマンはただひとりーー。廃墟に身を隠し、食料を探すシュピルマン。そこへやってきたドイツ軍将校に、物音で見つかってしまう。ピアニストであることを明かし、演奏を命じられたシュピルマンは、静かに鍵盤に指を置き、彼と同じポーランドのピアニスト/作曲家であるショパンの曲を奏でる。演奏に感動した将校、ドイツ敗戦濃厚と感じていたことから、本来弾圧の対象であるシュピルマンに対して密かに食料を与える。ドイツ軍撤退の日。将校はシュピルマンに自分のコートを渡す。ようやく彼らの日々が戻ってくるのであった。, Roman Polanski、1933年8月18日にフランスのパリで生まれる。父親はユダヤのポーランド人、母親はカトリックのポーランド人である。自身も第二次世界大戦中、ユダヤ人居住区での生活の経験がある。ポーランドで俳優としての活動後、1962年、『水の中のナイフ』で監督としてデビューする。2002年、『戦場のピアニスト』で第55回カンヌ国際映画祭最高賞であるパルムドール受賞、およびにアカデミー賞にて監督賞を受賞した。その他の代表作に、『チャイナタウン』(1974年)、『ゴーストライター』(2010年)がある。, Władysław Szpilman、1911年12月5日生まれ、2000年7月6日に脳溢血で入院中に死亡。ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、作曲家。幼少期からピアノを学び、ワルシャワのショパン音楽院、ベルリン音楽留学を経て、ヒトラーが政権を掌握したことによりワルシャワに戻り、放送局にて音楽活動をする。第二次世界大戦勃発によりユダヤ人強制居住区で迫害を受けながらの生活を経験。本作品の主人公を、エイドリアン・ブロディが演じる。のち放送局に復帰、自身の戦時中の実体験を綴った『ある都市の死』を1946年に出版。死後、これを原作として、映画『戦場のピアニスト』が公開された。, Adrien Brody、1973年4月14日生まれ、アメリカ合衆国ニューヨークに生まれる。両親ともにユダヤ人である。2002年『戦場のピアニスト』に主演としてウワディスワフ・シュピルマンを演じ、アカデミー賞にて最年少29歳で主演男優賞を受賞。, ホーゼンフェルトは1895年にドイツで生まれた。1940年に予備将校としてワルシャワへ。44年、中隊指導者に。ナチスドイツの反ユダヤ主義のもと任務を遂行していたが、ワルシャワ駐在中に徐々に心変わりしていた。シュピルマンを含め、数人のポーランド人の命を救ったと言われる。(演 Thomas Kretschmann、1962年9月8日ドイツ生まれ。), まずこの映画を観る前に知っておきたいことは、何と言っても原作者ウワディスワフ・シュピルマンの戦時中の実体験によるものだということである。つまりはノンフィクション。リアルな体験から生まれたリアルな描写が鑑賞者を釘付けにする。, 当時ナチスドイツはユダヤを劣った人種であるとし、強い反ユダヤ主義を掲げて国策を進めた。指導者はアドルフ・ヒトラーである。まず1933年、国内のユダヤ人を公職から排斥、1935年「ニュルンベルク法」の制定により公民権を奪い取る。選挙権剥奪、基本的人権の制限と続き、数年後の第二次世界大戦勃発、「ユダヤ人問題の最終解決」として絶滅収容所にユダヤ人を移送し、そこで大量虐殺を行った。人呼んで「ホロコースト」である。被害者数は600万人以上とされている。原作者/主人公のシュピルマンが経験した生活はまさにこの頃、1939年ドイツがポーランド侵攻を始めた後のことであり、ユダヤ人隔離地域(強制居住区)「ゲットー」にて映画のストーリーの大部分が繰り広げられる。腕にはユダヤ人とはっきり識別できるよう、「ダビデの星」が描かれた腕章をつけることが義務付けられ、また、ナチスドイツ側及びユダヤ以外の人間に対して温情を施す行為も禁止されていた。, 『戦場のピアニスト』(The Pianist)というタイトルが付けられているが、音楽を演奏するシーンはほとんど存在しない。それもそのはず、ドイツ軍から弾圧が始まってから、職業の制限、収入の制限、最終的には強制労働させられることになり、ピアノを弾いていられなくなるからである。シュピルマンも自分のピアノを早々に売ってしまい、生活費にする。シュピルマンの演奏シーンを静かに感動的に、じっくり捉えたシーンは一つ。終盤でホーゼンフェルトを前に、廃墟でショパンを弾くシーンである。薄暗く廃れた家の一室で、同じく肉体的にも精神的にも崩れそうなピアニストが、最後の一曲と覚悟して弾くのである。この映画まるまる一本が、このワンシーンのために撮られたかのように美しさが凝縮されてる。.

厩舎コメント ダービー, 35歳の少女 主題歌, 東京都サッカー協会 社会人, Miu404 菅田将暉 今後, オセアグレイト 天皇賞, 帝京高校サッカー部 セレクション,