チャールズ・W・スウィーニー(Charles W. Sweeney, 1919年12月27日 - 2004年7月15日)は、アメリカ合衆国空軍の軍人。最終階級は少将。 理解で良いのでしょうか? ポール・ウォーフィールド・ティベッツ・ジュニア(Paul Warfield Tibbets, Jr., 1915年2月23日 - 2007年11月1日)は、アメリカ合衆国の軍人。最終階級は空軍准将。1945年8月6日、広島市に原子爆弾「リトルボーイ」を投下したB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」の機長として有名である。, 1915年2月23日アメリカ合衆国イリノイ州クインシーで、菓子卸問屋の父ポール・ウォーフィールド・ティベッツと母エノラ・ゲイの息子として生まれる[1]。, アイオワ州で暮らした後、フロリダ州マイアミに転居する。1928年にイリノイ州オールトンの私立のウェスタン・ミリタリーアカデミーに入学。1933年にフロリダ大学に入学。その後シンシナティ医科大学に入学し、1937年に同大学を卒業。オハイオ州デイトンのライト・フィールドで陸軍航空隊に入隊した。, 1937年2月25日にケンタッキー州フォート・トマスで陸軍士官候補生となる。太平洋戦争が始まると、第29爆撃隊でB-17爆撃機を操縦した。その後フロリダ州タンパのマクディール基地で第40航空団97爆撃隊の指揮官となる。1942年にはドイツへの爆撃任務を行った。, 1944年8月29日午後、陸軍航空隊副参謀長ザイルズは、それまで原爆投下部隊隊長の候補者ではなかったティベッツを審査のうえで候補者に変更した[2]。1944年12月、原爆投下部隊である第509混成部隊の部隊長を拝命し、部隊を編成する。以降、ネバダ砂漠の秘密基地にて原爆投下の演習を繰り返した。原爆投下作戦の責任者となったティベッツのあらゆる要望は認められ、準備は進められた。, 1945年5月第509混成部隊は太平洋のマリアナ諸島テニアン島に移動。第20空軍に編入。マンハッタン計画責任者レズリー・グローヴス少将は精密作業能力を持つ軍工場があり、深い港があるグアムを考えていたが、ティベッツが最良の滑走路があるテニアンを希望した[1]。マリアナに移るとティベッツは、現地司令カーチス・ルメイ中将に対し、上陸作戦は犠牲が大きいため、原爆が日本人に分別を持たせ、無用な流血が避けられればいいと語った。ルメイはティベッツに日本上空を飛ばないように注意したが、ティベッツは必ず自分で原爆投下に飛ぶと決めていた[3]。, 第509混成部隊を原爆任務から降ろし、他の補充や航空隊に編入する話が持ち上がっていたが、1945年7月19日ティベッツはルメイに対し、第509混成部隊をいじらないでほしい、最初の原爆は自分で指揮するつもりだと説得した[4]。1945年7月20日東京空襲に初めて第509混成部隊10班を選んだ。目的は、日本人に単機による高空からの一発の爆弾投下に慣れさせるためである。広島、京都、小倉は原爆のため爆撃を禁止したが、他は自由に爆撃させた[4]。第509混成部隊は日本本土にてパンプキン爆弾と呼ばれる模擬原爆を使い、京都、広島、新潟、小倉などを爆撃し百数名あまりの日本人の犠牲者を出しながら原爆投下の練習をした。, 1945年8月2日ティベッツは前日作成した命令書草案に書けなかった細目について決めるため、ルメイ司令部へ訪れる。目標に関して、ルメイは京都に反対し、広島に賛成した。ティベッツは「私もいつも広島のつもりでした」と話した[5]。そして、ティベッツが立案した原爆投下の命令書草案は、ほぼそのまま命令書第13号としてルメイからティベッツに渡された[6]。, 1945年8月6日午前2時45分、ポール・ティベッツ大佐はB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」をテニアン島から離陸させた。同機は北に向かって6時間飛行し日本列島に到着した。そして午前8時15分、ティベッツは広島市上空で原子爆弾を投下した(詳細は広島市への原子爆弾投下)。このB29につけられた名前の「エノラ・ゲイ」は、ティベッツが母親の名前から命名した[7]。, 戦後は1940年代後半から1950年代にかけて、ティベッツは多くの原爆実験にアドバイスし、アメリカで最初のジェット爆撃機のボーイングB-47爆撃機の開発に貢献した。, 1954年にはNATOのスタッフとして、フランスのパリに着任した。1959年には准将に昇進し、マクディール空軍基地の司令に着任した。 ティベッツは1966年8月31日に空軍を退役し、1976年にはオハイオ州コロンバスに本拠を置くジェット・アヴィエーション社の社長に就任した。, 1976年には、テキサスでの航空ショーで原爆投下を再現するショーを行い、キノコ雲の演出まで行われた。この行動は一部から強い非難を浴び、アメリカ政府が日本政府に公式に謝罪する騒ぎにまでなった[8]。, 1980年に、アメリカに訪問した高橋昭博はティベッツの元に訪れた。ティベッツはケロイドの残る高橋の右手を見て、「原爆のやけどですか」と顔をこわばらせた。話をした30分間、高橋さんの右手を両手で握ったままだった。2人はその後10年以上、文通を続けた。, 1983年、アラバマ州空軍指揮幕僚学校卒業式で航空200年祭が催され、招待された元日本海軍パイロット坂井三郎はティベッツの参加・同席を「被爆国国民としてどう思うか」と司会者に問われ、軍人として命令を遂行するのは当然であり、仮に坂井が日本軍軍人として原爆投下を命令されれば実行したこと、原爆投下の道義的責任はハリー・S・トルーマン大統領にあると話した。ティベッツは涙を浮かべて坂井と握手したという[9]。, 2005年のTBSテレビによる戦後60年特別企画番組のインタビューでは、原爆投下時の心情について「興奮はしなかった。(そのとき何を思ったかって?)任務に成功してホッとしていたよ。理解できんだろうがね・・・」と語った。, かねてから心臓病を患っており、2007年11月1日、脳卒中により92歳で没した。原爆投下に批判的な人々の抗議運動への懸念から、友人に死後は葬式を行ったり墓石を造ったりしないよう頼んでいた[10]。遺言に従い、ティベッツの遺灰は海に散骨された。, ティベッツの死に対して、被爆者たちはティベッツが生前に「原爆投下」を肯定し続け、良心の呵責をみせることも、また謝罪することも無かったことに遺憾の意を表した[11]。ティベッツは、戦後の長崎は訪れたものの、広島を訪れることはなかった。息子のジーン・ティベッツは、オバマ政権が2010年8月6日の広島平和記念式典にジョン・ルース駐日アメリカ合衆国大使を出席させたことに不満の声をあげている。孫のポール・ティベッツ4世中佐は、アメリカ空軍第509爆撃航空団(509BW)に所属しステルス爆撃機B-2のパイロットとなった。, ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ15頁, ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ17頁, ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ240-241頁, ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ298頁, ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ268-269頁, ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ375頁, http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7073441.stm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ポール・ティベッツ&oldid=74789758, ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ. エノラ・ゲイ(アメリカ英語: Enola Gay )は、太平洋戦争末期に運用されたアメリカ陸軍航空軍 第509混成部隊第393爆撃戦隊所属のB-29の機名。 B-29の中で原爆投下用の改造(シルバープレート形態)が施された15機の内の1機である。 ビクターナンバー82、機体番号44-86292号機。 勝った方がその州のポイントゲット! 本田 稔(ほんだ みのる、1923年(大正12年) - )は、日本の海軍軍人。最終階級は日本海軍では海軍少尉、航空自衛隊では一等空尉。太平洋戦争における撃墜王。剣部隊出身。, 1923年(大正12年)熊本県飽託郡芳野村(のち河内町を経て現在は熊本市)に生まれる。中学5年在学中に1939年(昭和14年)夏に海軍飛行予科練習生を志願して受験。合格後、10月1日第五期甲種飛行予科練習生に着任。飛行訓練中に曳的機の索に引っかけるが、運良く最後の瞬間に曳的が外れ、助かる事故にあう。, 1940年(昭和15年)、谷田部空で延長教育を受ける。1941年9月、大分空で実施訓練を受ける。, 1942年(昭和17年)1月、第22航空戦隊司令部付戦闘機隊に着任。4月、鹿屋空に配属。哨戒任務が続いたが、シンガポール上空で本田を含む零戦9機とイギリス空軍のバッファロー戦闘機9機が交戦。本田とって実戦における最初の空戦となる。この空戦で本田は弾丸が無くなるまで発射し続け、なおも追尾を続けたところ、敵機はジャングルに突っ込み炎上、これが本田の初撃墜となる。同年9月ラバウル進出。11月、鹿屋空が第二五三海軍航空隊に改名される。ニューギニア沖、ソロモン諸島での航空戦に従事。本田によれば、カビエンの病院で盲腸の手術を受け、抜糸が終えた直後にB-17を迎撃して撃墜したが、空戦のGで傷口が破れ、腸が飛び出したこともあったという。1943年5月、大分空着任。, 1944年(昭和19年)4月、第361航空隊戦闘に属する第407飛行隊着任。361空は実戦参加の機会がないまま解隊し、7月10日戦闘407は第221航空隊に編入。笠之原海軍航空基地で訓練に従事。, 1944年12月、戦闘407が343空(剣部隊)に編入。飛行長志賀淑雄少佐は本田を荒武者と評した。来本昭吉飛長は空戦の腕前なら本田が戦闘407のトップと確信するという[1]。本田は343空時代に2度の原爆の爆発を目撃した。広島市での原子爆弾の下からの爆発を空中で目撃しその衝撃波で500m落下を経験した。長崎市への原子爆弾投下の日、登山訓練途中の山中で原爆投下を目撃した。本田は戦後、「紫電改で出撃していればB29を落とせたしなんとしても阻止した」と語っている[2]。海軍は広島、長崎に続く原爆投下を阻止すべく戦闘機隊に対し、B29が単機で侵入した場合は体当たりで即時撃墜せよと命令を下した[3]。343空司令の源田実大佐は第三の原爆はあってはならないと心に決め、「我が剣部隊も既に組織的な攻撃に対する機能は乏しくなった。もし今度、新型爆弾に対する情報が入ったら、俺が体当たり(特攻)をしてでも阻止してみせる。その時は本田分隊士、二番機をつとめてくれ」と話し、本田も決意した。二番機は司令機の援護ではなく、司令機の特攻でも落ちない場合にとどめをさす役割であった。本田は自分も特攻する決意でいたと話している[4]。, 1945年8月終戦。終戦時、皇統護持作戦に参加。准士官以上で司令の源田実大佐とともに自決を望む者が集められ、伝家の短剣とピストルを用意し、司令に短剣でやる自信がないのでピストルでやらせてほしいと言うと、司令は黙したままうなずいた。これは皇統護持作戦の参加者を募る試験であり、それを明かされると本田も参加を決めた[5]。熊本県五家荘村が候補となり隊員は各地に潜伏したが、天皇制存続が決まり活動は終了する[6]。, その後、航空自衛隊に入りパイロットの養成やテストパイロットを務める。1963年、空自を退役。最終階級は一等空尉。退役後は三菱重工業でテストパイロットを務めた。戦後を含めた飛行時間は9800時間[7]。本田は大戦の経験と三菱のテストパイロットとしての外遊資料から、当時の若年搭乗員で12機編隊着陸が一様にできた操縦性、腕比利用による高低速両用の操縦性で紫電改を評価し、大戦末期における双璧は紫電改とP51であると述べている[8]。撃墜数は43機以上。その他に17機と記す本もある。, 本田稔『本田稔空戦記』光人NF文庫279頁、ヘンリー境田『源田の剣』ネコパブリッシング 502頁、井上和彦『最後のゼロファイター』双葉社, 碇義朗『激闘 海軍航空隊 「零戦」の柴田武雄と「紫電改」の源田実』光人社NF文庫321-322頁, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=本田稔&oldid=77809291, 「私はラバウルの撃墜王だった」『私はラバウルの撃墜王だった』 光文社NF文庫、2004年, 岡野充俊『本田稔空戦記―エース・パイロットの空戦哲学』 光人社NF文庫、2005年, 本田稔 述、岡野充俊 『本田稔空戦記―エース・パイロットの空戦哲学』 光人社NF文庫、2005年, 本田稔 「私はラバウルの撃墜王だった」『私はラバウルの撃墜王だった』 光文社NF文庫、2004年, 井上和彦『最後のゼロファイター 本田稔・元海軍少尉「空戦の記録」』双葉社、2013年. アメリカ大統領選挙の選挙人の仕組みが 昨年度のブログでお約束したように、今回は、1945年8月6日、広島市に原子爆弾「リトルボーイ」を投下した、B-29「エノラ・ゲイ」のポール・ティベッツ機長(1915年2月―2007年11月)の話です。ついでながら、原子爆弾に名前がついていることの意味については「武器と命名」(「戦争と文化」第3回)で述べています、覚えていますか? 彼は、アメリカでは「戦争〔太平洋戦争〕を終わらせた英雄」とされることが一般的です。, ちなみに、孫のポール・ティベッツ4世は、2005年現在、アメリカのステルス爆撃機B-2のパイロットです。, 太平洋戦争では、日本の「零戦/ゼロ戦」(零式艦上戦闘機)も活躍しました。そうした中で、坂井三郎(1916年8月―2000年9月)という名パイロットが日本にもいました。彼は、戦艦の砲手をふりだしに、最終的には海軍中尉まで昇進しました。太平洋戦争終結時には、海軍少尉でしたから、ここでは「坂井少尉」と呼ぶことにしましょう。坂井少尉は太平洋戦争終結までに、大小64機(異説あり)の敵機を撃墜したといわれています。『大空のサムライ』という世界的ベストセラーも出版しています。真偽のほどは確かめていませんが、イラク空軍では、アラビア語の翻訳書をパイロットの必携の書としていた、という話もあるくらいです。, その坂井少尉は、撃墜した飛行機の数を自慢するのではなく、「一度も飛行機を壊したことがないこと」「自分の僚機(小隊の2・3番機)の登場員を戦死させなかったこと」などを誇りにしていたようです。ちなみに、「僚機の被撃墜記録がない」のは、第二次世界大戦の「歴戦搭乗員」(ほとんど出撃しないならば危険も少ない)では、世界中で少尉ただ一人といわれています。さらに、戦闘機同士のある激戦では、日本側は24機も撃墜された中、米軍のヘルキャット15機の一斉射撃を受けたにもかかわらず、一発の被弾痕も発見されなかったといわれています。, しかし、それほどの坂井少尉でも、頭部に被弾することもありました。致命症はまぬかれたものの、目の視力を0.7にまで落とし、パイロットとしては致命的なハンディキャップを負いました。もっとも、頭部被弾のおかげで左腕はマヒ状態にあり、計器すら満足に見えないなかで生還できたこと自体が奇跡的なことですし、失明しなかったことも幸運といえるでしょう。普通ならば、それでもう戦闘機に乗ることはなかったでしょうが、少尉はふたたび戦闘機の操縦桿を握ることになります。, さて、1983年、米国アラバマ州の空軍指揮幕僚学校卒業式で航空200年祭がひらかれました。そのとき、坂井少尉が招待され、司会者に「ティベッツ機長の参加・同席を、被爆国民としてどう思うか」と質問されたそうです。問題は、その時の彼の答えです。, 軍人として命令を受けた以上、任務を遂行するのは当然である。仮に自分が日本軍人として原爆投下を命令されれば実行したであろう。原爆投下の道義的責任はハリー・トルーマン大統領にある。, 日本と同じく、アメリカでも第二次世界大戦を知らない人びとが多くなっています。それでも、大戦を知っている退役兵とその家族を中心に、多くのアメリカ人がティベッツ機長を「偉大な愛国者」「真のアメリカンヒーロー」と見なしているようです。もちろん、そうでないアメリカ人もいることでしょうが、これが彼の一般的な評価です。, ティべッツ機長が亡くなった後、1週間で300ほどの電子メールが寄せられたそうですが、ほぼすべてが機長を称える内容だったそうです。たとえば、次のようなものがありました。, 海兵隊だった私の祖父は、原爆投下がなければ自分は〔日本本土攻撃で〕死んでいたと何度も話していた。私も生まれていなかっただろう。(アリゾナ州の男性)。, 原爆を責める者は…原爆は米日双方の膨大な人名を救ったことを忘れている。(バージニア州の男性), また、コロンバス・ディスパッチ紙は、機長の訃報に次のような内容をもりこみました。広島の人びとや私たち日本人には冷徹に響きます。, 広島の死者数は、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、9・11テロ、イラク戦争のすべての米国人死者を足してもなお届かない数だ。 〔それだけ、われわれの戦果はあったのだ。〕, 後悔などしていない。奪った人命より多くの人命を救ったことを確信している。あの兵器を所有していながら使わずに〔日本本土上陸で〕100万人の人間を死なせていたら、道義的な過ちになっていただろう。(1995年、原爆50年のアメリカのテレビで)。, 多くの人びとを殺したことを誇りには思っていない。だが、一から計画を始め、完全に実行し終えたことを誇りに思う。(1975年、アメリカのメディアに), 機長は、太平洋戦争後、広島には訪れていません。また、上に引用したように原爆投下を肯定し続け、被爆者の方々への謝罪もしていないようです。これらについては、多くの日本人には納得のいかないところでしょう。, ところで、ティベッツ機長の死を報道した2007年の朝日新聞の記事は、「心の底では〔機長は〕〈英雄〉になりきれなかったのだろうか」と問いを投げかけています。たしかに、その記事がいうように、機長は「栄光の名誉軍人役を終生演じねばならなかった」可能性もあります。 機長は、「原爆の機長がみっともない格好はできない」という理由で、移動の時も食事の時も、いつも背広姿だったそうです。その機長は、名誉軍人らを葬るアーリントン国立墓地への埋葬は「望まない」と明言しましたし、墓や碑も「反核運動で壊されかねない」と拒みました。そして、「葬式もせず、静かに埋葬して遺灰を大西洋に撒いてほしい」と希望したそうです。, ティベッツ機長は、1998年、82歳のとき回顧録を出版しますが、そのなかに「数分前まで陽光の中に鮮明に見えた都市〔広島〕が恐ろしい煙と炎の中に完全に消滅した」と書いているそうです。原爆投下当時ならば、任務を遂行し終えた訳ですから、機長の目に、その「炎」は「輝かしい炎」と映ったかもしれません。そして、それが時間の経過とともに「恐ろしい炎」と変化していったのかもしれません。また、多くの日本人には言い訳に聞こえるかもしれませんが、機長は「私は広島や長崎の人を相手に戦っていたのではなく、われわれを攻撃した日本という国と戦っていたのだ」と1995年に朝日新聞に話しています。さらに、2003年にはアメリカの新聞に「戦争に道徳なんてない。国家紛争の解決の手段としての戦争はなくす道を探すべきだ」と話していますし、好戦的な思想には否定的な見解を持っていたとされます。, 一人の人間の精神世界など、他人にわかるはずはありません。もちろん、ティベッツ機長の場合も同様です。それでも、いろいろと機長についての資料を読むと、彼に対する筆者の当初のイメージも少し変わってきました。, ポール・ティベッツ機長と坂井三郎少尉。二人のことは今後も長く記憶される/語り継がれるでしょう。太平洋戦争では敵と味方に分かれて戦った二人ですが、40年後には、少尉の言葉に機長は涙を流しました。この時の二人の心のうちはどのようなものだったでしょう。ここから、平和に繋がるようなことは引き出せないでしょうか…。, それにしても、原爆は、人のいない太平洋上で投下してその威力をみせつけるとか、その破壊力を明確なかたち日本側に示すなど、有効な「威嚇」手段として使えなかったのでしょうか? 「戦争と文化」第5回のブログで紹介したように、殺人に至らない「威嚇」で止めるというのは人命尊重の観点からいっても優れた方法です。現実に広島と長崎に原爆を投下したのは、戦争とは無関係なたんなる非人道的な「大量殺人」にしか過ぎないのではないでしょうか。このように考えると、アメリカ人の「日本本土決戦で多くの人が死ななくて良かった」という意見は、原爆投下の反論にならないかもしれませんね。ただし、当然のことながら、当時の日本がそうした「威嚇」を無視する可能性もあったわけですが…。, ティべッツ機長は、上に引用したように「多くの人びとを殺したことを誇りには思っていない。だが、一から計画を始め、完全に実行し終えたことを誇りに思う」と語ったあと、「毎晩よく眠れる」と日本人の心を逆撫でするような発言をしています。, 原爆投下について、1つ念頭におくべきことがあります。それは激戦を経験した兵士がよく陥るPTSD(心的外傷後ストレス障害)とかかわることです。筆者は心理学者でも精神科医でもありませんが、以下のように考えます。, 機長は、原爆を日本に投下しながらも92歳まで生きましたし、精神的障害に陥ったというような話もありません。おそらく、これは「殺人への抵抗」と「殺人する距離」という問題と関係があるでしょう――もちろん、機長の精神的強靱さも考慮しなければなりませんが。, 第二次世界大戦で爆弾を投下した経験をもつあるパイロットは「私の投下した爆弾が〔中略〕ここに引き起こした悲惨な死を、思い描くことができなかった。私には罪悪感もなかった、達成感もなかった」と回想しています。これはグロスマンの『戦争における〈人殺し〉の心理学』からの孫引きですが、この著作には、「最大距離および長距離からの殺人――後悔も自責も感じずにすむ」という章(第14章)があります。章のタイトルですから、額面通りには受け取る必要はないとしても、やはり「殺人する距離がおおきくなればなるほど、殺人への抵抗感が減退していく」という一般的な傾向はあるでしょう。銃剣や刀で眼前の敵を殺傷するのと、はるか上空を飛行する爆撃機から爆弾を落として人びとを殺傷するのとでは、精神的ダメージがまったく違うのです。「常識でもわかる」といわれれば、それまでですが、こうしたことをきちんと認識するのも重要だと思います。, 上記のような心理的な問題にくわえて、戦争における殺人はいわば「合法的」であるという問題もありますが、今回、この問題については触れる余裕はありませんでした。, (2)D・グロスマン(安原和美訳)『戦争における〈人殺し〉の心理学』ちくま学芸文庫、2010年。, 月)の話です。ついでながら、原子爆弾に名前がついていることの意味については「武器と命名」(「戦争と文化」第3回)で述べています、覚えていますか? 彼は、アメリカでは「戦争〔太平洋戦争〕を終わらせた英雄」とされることが一般的です。, 太平洋戦争では、日本の「零戦/ゼロ戦」(零式艦上戦闘機)も活躍しました。そうした中で、坂井三郎(, 年9月)という名パイロットが日本にもいました。彼は、戦艦の砲手をふりだしに、最終的には海軍中尉まで昇進しました。太平洋戦争終結時には、海軍少尉でしたから、ここでは「坂井少尉」と呼ぶことにしましょう。坂井少尉は太平洋戦争終結までに、大小, 機(異説あり)の敵機を撃墜したといわれています。『大空のサムライ』という世界的ベストセラーも出版しています。真偽のほどは確かめていませんが、イラク空軍では、アラビア語の翻訳書をパイロットの必携の書としていた、という話もあるくらいです。, その坂井少尉は、撃墜した飛行機の数を自慢するのではなく、「一度も飛行機を壊したことがないこと」「自分の僚機(小隊の2・3番機)の登場員を戦死させなかったこと」などを誇りにしていたようです。ちなみに、「僚機の被撃墜記録がない」のは、第二次世界大戦の「歴戦搭乗員」(ほとんど出撃しないならば危険も少ない)では、世界中で少尉ただ一人といわれています。さらに、戦闘機同士のある激戦では、日本側は, 機の一斉射撃を受けたにもかかわらず、一発の被弾痕も発見されなかったといわれています。, しかし、それほどの坂井少尉でも、頭部に被弾することもありました。致命症はまぬかれたものの、目の視力を, にまで落とし、パイロットとしては致命的なハンディキャップを負いました。もっとも、頭部被弾のおかげで左腕はマヒ状態にあり、計器すら満足に見えないなかで生還できたこと自体が奇跡的なことですし、失明しなかったことも幸運といえるでしょう。普通ならば、それでもう戦闘機に乗ることはなかったでしょうが、少尉はふたたび戦闘機の操縦桿を握ることになります。, 年祭がひらかれました。そのとき、坂井少尉が招待され、司会者に「ティベッツ機長の参加・同席を、被爆国民としてどう思うか」と質問されたそうです。問題は、その時の彼の答えです。, ほどの電子メールが寄せられたそうですが、ほぼすべてが機長を称える内容だったそうです。たとえば、次のようなものがありました。, 後悔などしていない。奪った人命より多くの人命を救ったことを確信している。あの兵器を所有していながら使わずに〔日本本土上陸で〕, 多くの人びとを殺したことを誇りには思っていない。だが、一から計画を始め、完全に実行し終えたことを誇りに思う。(, 年の朝日新聞の記事は、「心の底では〔機長は〕〈英雄〉になりきれなかったのだろうか」と問いを投げかけています。たしかに、その記事がいうように、機長は「栄光の名誉軍人役を終生演じねばならなかった」可能性もあります。 機長は、「原爆の機長がみっともない格好はできない」という理由で、移動の時も食事の時も、いつも背広姿だったそうです。その機長は、名誉軍人らを葬るアーリントン国立墓地への埋葬は「望まない」と明言しましたし、墓や碑も「反核運動で壊されかねない」と拒みました。そして、「葬式もせず、静かに埋葬して遺灰を大西洋に撒いてほしい」と希望したそうです。, 歳のとき回顧録を出版しますが、そのなかに「数分前まで陽光の中に鮮明に見えた都市〔広島〕が恐ろしい煙と炎の中に完全に消滅した」と書いているそうです。原爆投下当時ならば、任務を遂行し終えた訳ですから、機長の目に、その「炎」は「輝かしい炎」と映ったかもしれません。そして、それが時間の経過とともに「恐ろしい炎」と変化していったのかもしれません。また、多くの日本人には言い訳に聞こえるかもしれませんが、機長は「私は広島や長崎の人を相手に戦っていたのではなく、われわれを攻撃した日本という国と戦っていたのだ」と, 年にはアメリカの新聞に「戦争に道徳なんてない。国家紛争の解決の手段としての戦争はなくす道を探すべきだ」と話していますし、好戦的な思想には否定的な見解を持っていたとされます。, ポール・ティベッツ機長と坂井三郎少尉。二人のことは今後も長く記憶される/語り継がれるでしょう。太平洋戦争では敵と味方に分かれて戦った二人ですが、, 年後には、少尉の言葉に機長は涙を流しました。この時の二人の心のうちはどのようなものだったでしょう。ここから、平和に繋がるようなことは引き出せないでしょうか…。, 原爆投下について、1つ念頭におくべきことがあります。それは激戦を経験した兵士がよく陥る, (心的外傷後ストレス障害)とかかわることです。筆者は心理学者でも精神科医でもありませんが、以下のように考えます。, 歳まで生きましたし、精神的障害に陥ったというような話もありません。おそらく、これは「殺人への抵抗」と「殺人する距離」という問題と関係があるでしょう――もちろん、機長の精神的強靱さも考慮しなければなりませんが。, 第二次世界大戦で爆弾を投下した経験をもつあるパイロットは「私の投下した爆弾が〔中略〕ここに引き起こした悲惨な死を、思い描くことができなかった。私には罪悪感もなかった、達成感もなかった」と回想しています。これはグロスマンの『戦争における〈人殺し〉の心理学』からの孫引きですが、この著作には、「最大距離および長距離からの殺人――後悔も自責も感じずにすむ」という章(第, 章)があります。章のタイトルですから、額面通りには受け取る必要はないとしても、やはり「殺人する距離がおおきくなればなるほど、殺人への抵抗感が減退していく」という一般的な傾向はあるでしょう。銃剣や刀で眼前の敵を殺傷するのと、はるか上空を飛行する爆撃機から爆弾を落として人びとを殺傷するのとでは、精神的ダメージがまったく違うのです。「常識でもわかる」といわれれば、それまでですが、こうしたことをきちんと認識するのも重要だと思います。, 戦争と文化(6)――日本に原爆を落としたティベッツ機長と、日本のエースパイロット坂井三郎. 仮に自分が日本軍人として原爆投下を命令されれば実行したであろう。原爆投下の道義的責任はハリー・トルーマン大統領にある。 かつての軍人らしく、極めて明快な回答ですね。 これを聞いたティベッツ機長は「涙を浮かべて坂井と握手した」と伝えられています。 アメリカでの機長の評価 テニアンに帰還後、8月14日にはB-29「ストレート・フラッシュ」に搭乗し、愛知県挙母市(ころも市・現在の豊田市)のトヨタ自動車工場への爆撃に出撃した[1]。翌日、8月15日に日本は無条件降伏した。, 8月25日に銀星章を受章。9月3日にティベッツや、ビーハンらと共に、テニアンから神奈川県の厚木飛行場に移動、初めて日本の土を踏んだ。東京の第一ホテルに滞在し、上智大学を訪れるなどしたという。数日後、長崎県の大村飛行場へ移動、長崎市内へ入った。スウィーニーは戦災孤児が多く在院するカトリック系の孤児院に寄付をしたという。また、スウィーニーの回想によれば、長崎市への原爆投下後、初めて市内に入ったアメリカ人であったとしている。スウィーニーは爆心地に立ったときのことを以下のように回想している。, 私は瓦礫の中に立ちつくし、両方の陣営でいかに多くの人が死んだことか、その場所だけでなく戦争が行われたすべての恐ろしい場所において、どれほどの人間が命を奪われたかを考えて、悲しみにおそわれた。, 当時私は戦争の残虐性について、苦しんだのが自国の人間であろうと他国の人間であろうと決して誇りや快感を覚えたわけではなく、それは今でも変わらない。すべての命はかけがえのないものであるからだ。だが私は、自分が立っていたその都市を爆撃したことについて、後悔も罪悪感も感じなかった。破壊された周囲の光景が物語っていた苦しみは、日本の軍国主義文化の残虐さと、「下等な」民族を征服することを光栄とし日本がアジアを支配する運命にあると考えていた伝統によって、もたらされたものだからだ。後悔と罪悪感を抱くのは日本の国家のはずであり、偉大なる野望を達成するために国民の犠牲を惜しまなかった軍の司令官たちこそが、とがめられるべきであった。, 1945年11月16日に、スウィーニーはニューメキシコ州のロズウェル空軍基地に戻り、原子作戦に従事する航空機搭乗員を訓練。1946年6月28日に予備役士官部隊へ移り中佐に昇進した。その後はマサチューセッツ州の空軍州兵に所属し、1956年2月21日にマサチューセッツ空軍州兵第102戦闘航空団の司令官となり、1956年4月6日に最も若い准将に昇進、1979年12月27日に退役。, その後、生涯に渡って原爆投下の正当性と必要性を確信し、1995年に起きたスミソニアン博物館(国立航空宇宙博物館)におけるB-29「エノラ・ゲイ」(広島市への原爆投下機)の展示方法についての論争においては、アメリカ上院議院運営委員会において、退役軍人の立場から、当初のスミソニアン博物館側の展示案を批判し、原爆の被害についての展示・説明を縮小し、旧日本政府の侵略行為と原爆投下による戦争終結の功績について説明を行うように求める証言を行っている。さらに、1997年に『私はヒロシマ、ナガサキに原爆を投下した』(原題 War's End, 原書房刊)を出版。同書の中で原爆の投下が戦争を終結させたと主張している。, 1960年代にローマ法王ヨハネ23世に謁見し、被爆地への支援を要請していたことが、家族の証言にて明らかになった[2]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=チャールズ・スウィーニー&oldid=70048055, チャールズ・W・スウィーニー 黒田剛訳 『私はヒロシマ、ナガサキに原爆を投下した』 原書房 2000年7月. 日本モンキーセンターの男性飼育員にTwitterでの投稿が女性差別蔑視だと問題になってるらしいのですが、どこが蔑視差別なんでしょうか?以下が問題になってる文章 地方党員票のようなものが選挙人という ダンジョンの中でしかできないんでしょうか?, パズドラで、炭治郎テンプレを作りたいんですけど、何をどう組めばいいのか分からないので、誰か組んでいただきです。よろしくお願いします。, パズドラのことについて質問させていただきます。現在開催されている鬼滅コラボキャラは、それぞれ何体ずつ確保すべきでしょうか?, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12148972417. 今更ながらの質問で失礼します。 妻はたまに職場の同僚と仕事終わりに食事や飲み会などに行ってます。私は行くことや帰りが多少遅くなることは気にしておりません。 ↓ 政治にまったく詳しくないので、教えて下さい。 合計点が270ポイ... トランプとバイデンは日本にとってはどっちが良いですか?世界にとってはどっちが良いですか?, 40代で300万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が300万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 ↓ WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, 嵐大野智がファンよりもシングルマザーを選んだ理由は何ですか? 州ごとに勝敗を決める 1 エノラ・ゲイの原爆投下に関する資料を調査した。 2 エノラ・ゲイの乗組員による自伝を探したが,当館には所蔵なし。 3 放射線被曝に関する資料を調査した。 事前調査事項 (Preliminary research) NDC: 兵器.軍事工学 (559) 参考資料 (Reference materials) ① ゴードン・トマス/[著] , マックス・ … チャールズ・W・スウィーニー(Charles W. Sweeney, 1919年12月27日 - 2004年7月15日)は、アメリカ合衆国空軍の軍人。最終階級は少将。, 1945年8月9日、長崎市にプルトニウム型原子爆弾ファットマンを投下したB-29ボックスカーの機長である。, スウィーニーはマサチューセッツ州ローウェルでアイルランド系移民の父母のもと、6人兄弟の次男として生まれた。ノース・クィンシー高校を1937年に卒業後、ボストン大学とパデュー大学に通学。1940年11月にアメリカ陸軍航空隊の飛行士官候補プログラムに合格。1941年4月28日にアラバマ州タスカルーサの陸軍航空隊に入隊し、アラバマ州モントゴメリー、ルイジアナ州シェリーブポートでの飛行訓練を受けた。この飛行訓練の期間中の1941年12月7日(日本時間:12月8日)に日米開戦を迎えている。同年12月12日に飛行訓練を終え、インディアナ州のジェファーソン性能試験場に少尉として配属となり、軍用機や爆弾等の飛行試験を担当した。1943年6月にフロリダ州のエグリン基地に配属となり作戦士官およびテストパイロットを務める。このエグリン基地は陸軍航空隊の航空機の修理を担当しており、スウィーニーはB-17、B-24、B-25、P-51等のテスト飛行を重ねるなど、1944年の夏までには陸軍航空隊が所有する全ての機種を操縦したという。, 1943年9月に、まだテスト飛行を重ねていたB-29を初めて目にし、テストの責任者であったポール・ティベッツ中佐と出会った。スウィーニーは自ら、ティベッツ中佐に交渉し、既に決まっていたインド方面への配属(第10航空軍)を変更してもらい、B-29のテストチームに加わることとなった。その後は主にB-29に装備された中央砲撃システムのテストを担当した。その間、1944年1月には、ボーイング社の仲介でチャールズ・リンドバーグがB-29を操縦した際には主パイロットを務めるなどした。, 1944年夏には少佐に昇進し、ネブラスカ州グランド・アイランドでB-29のパイロット訓練教官となった。, その後1944年9月11日にティベッツ中佐に従い、ユタ州のウェンドーヴァー・フィールドに移動した。スウィニーは、転属後すぐに、新たな部隊の任務が原子爆弾の投下作戦であることを知らされた。, 「アインシュタインの相対性理論について読んだことがあるかね?」マクラナハンは率直に、抑揚もない調子で尋ねた。, 彼は話しながら決して私から視線をそらさなかった。そして言った。「一つの爆弾が一つの都市全体をこんな風に破壊してしまうのだ」彼は握っていた土を宙に放った。土が風に舞って去るのを私は眺めていた。 つまり選挙人の獲得数の集計... 大統領選 選挙人アメリカ大統領選挙では、大統領選挙人という言葉がありますが、あれは州毎に割り振られたいわばポイントのような物と捉えていいのでしょうか? 原爆投下の道義的責任はハリー・トルーマン大統領にある。 かつての軍人らしく、極めて明快な回答ですね。 これを聞いたティベッツ機長は「涙を浮かべて坂井と握手した」と伝えられています。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, 政治、社会問題・12,734閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25, バイデンが大統領になるの日本が終わる。。ってみんないってますがなんでおわるんですか?. ただその行動と私に対して報告してくれた内容に違いがあ... パズドラについて質問です。炭治郎2体目と、無惨2体目と、煉獄1体目どれがいいですかね?やっぱり持ってるキャラによりますか?, パズドラ初心者です。 本田は大戦の経験と三菱のテストパイロットとしての外遊資料から、当時の若年搭乗員で12機編隊着陸が一様にできた操縦性、腕比利用による高低速両用の操縦性で紫電改を評価し、大戦末期における双璧は紫電改とp51であると述べている 。撃墜数は43機以上。その他に17機と記す本もある。 妻の嘘に気づいてしまった。追及すべきかどうか悩んでます。結婚2年目の夫婦子無しです。お互いフルタイムで仕事をしています。 偏っていない、客観的に見ている方のみ回答よろしくお願いいたします。. エノラ・ゲイ(アメリカ英語: Enola Gay)は、太平洋戦争末期に運用されたアメリカ陸軍航空軍第509混成部隊第393爆撃戦隊所属のB-29の機名。B-29の中で原爆投下用の改造(シルバープレート形態)が施された15機の内の1機である。ビクターナンバー82、機体番号44-86292号機。, 1945年8月6日午前8時15分に広島県広島市に原子爆弾(原爆)「リトルボーイ」を投下したことで知られる。また同年8月9日の長崎県長崎市への原爆投下の際にも、投下の第1目標となった小倉市(現北九州市)の天候観測機として作戦に参加している。, エノラ・ゲイは、ネブラスカ州に存在したグレン・L・マーティン・カンパニー ベルビュー工場(現オファット空軍基地)で製造された。その後、ポール・ティベッツ大佐により1945年5月18日に陸軍航空隊509混成部隊へ配属されることとなる。1945年7月6日にはアメリカ本土からテニアン島へ到着し、その日のうちに原爆を搭載するため、爆弾倉の改造が行われている。, 配属当初、ビクターナンバー「12」が割り当てられたが、所属部隊を表す垂直尾翼のマーキングを特殊作戦機と悟られないよう、通常爆撃戦隊である「第6爆撃隊」表示である大型円中心にRへと変更したため、誤認防止のため「82」へ変更された。初期は特殊任務機表示である大型円中心に左向きの矢印である。なお、原子爆弾投下に関する作戦任務終了後の1945年8月中には、テニアン島北飛行場に於いてビクターナンバーは「82」のままで垂直尾翼のマーキングだけを元に戻している。, エノラ・ゲイは8回の訓練ののち、神戸・名古屋へのパンプキン爆弾を使用した爆撃を行った。7月31日には、テニアン沖にて、原爆投下のリハーサルを行い、「模擬リトルボーイ」を投下する。, 機体名称の由来は、機長であるティベッツ大佐の母親、エノラ・ゲイ・ティベッツ(Enola Gay Tibbets)から採られたものである[1]。しかし、重要な任務を行う機体に対して母親の名前を付けることに、44-86292号機司令であるロバート・A・ルイス大尉(原爆投下任務時は副機長を務めた)は強い不快感を示した。, 1945年11月8日にニューメキシコ州、ロズウェル陸軍航空基地(現ウォーカー空軍基地)に到着。1946年4月29日にクロスロード作戦に参加するためクェゼリン環礁に向かうが、投下作戦がビキニ環礁に変更となったため、翌日にカリフォルニア州トラビス空軍基地へと帰還している。その後、機体保存が決定され、1946年7月24日にアリゾナ州デビスモンサン空軍基地へと移送された。1946年8月30日には陸軍航空隊を除籍し、スミソニアン博物館名義へと変更されている。その後1953年12月2日メリーランド州、アンドルーズ空軍基地へ移送、そこで解体保存されることとなる。, 1995年に、国立航空宇宙博物館側が原爆被害や歴史的背景も含めて、レストア中のエノラ・ゲイの展示を計画した。この情報が伝わると、アメリカ退役軍人団体などから抗議の強い圧力がかけられ、その結果、展示は広島への原爆被害や歴史的背景を省くこととなり、規模が大幅に縮小された。この一連の騒動の責任を取り、館長は辞任した。, その後、レストアが完了し、スミソニアン航空宇宙博物館の別館となるスティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター(ワシントン・ダレス国際空港近郊に位置)が完成したことにより、現在はその中で公開されている。重要な常用展示機体であり、その歴史的背景から破壊行為などが行われないよう、複数の監視モニターにて監視され、不用意に機体に近づく不審者に対しては監視カメラが自動追尾し、同時に警報が発生するシステムを採用。2005年には映像解析装置も組み込まれるなど、厳重な管理の元で公開されている。, 前述したような事態が繰り返されるのを避ける目的で、原爆被害や歴史的背景は一切説明されていないために、その展示方法には批判的な意見も存在する。, 出撃当時の乗組員構成(全12名)。2014年7月28日、同機最後の生存者であったセオドア・ヴァン・カークが93歳で死去したため、ボックスカーを含め、原爆投下に参加した搭乗員の存命者はいなくなった[2]。, https://web.archive.org/web/20140805064227/http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014073001000833.html, “エノラ・ゲイ元航空士が遺した、原爆の「過ち」と誓い 広島に原爆投下のB29に搭乗”, http://www.nikkei.com/article/DGXMZO90168730V00C15A8000000/, Why the Aircraft That Dropped the First Atomic Bomb Will Always Inspire Debate, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エノラ・ゲイ&oldid=80175333, 無線通信士:リチャード・H・ネルソン(Richard H. Nelson)- 「亡くなった人に対しては気の毒に思うが、原爆投下に参加したこと自体に後悔はない」と語っている。, 胴下機銃手・電気士:ロバート・H・シューマード(Robert H. Shumard), 航空機関士:ワイアット・E・ドゥゼンベリー(Wyatt E. Duzenberry). アメリカ大統領選挙の選挙人の選び方について  私は物理学的なことはよく理解できなかった(のちに、ほとんど誰も本当には理解していないということを知った)が、その意味するところははっきりと理解した。, この「シルバー・プレート」とコードネームを付けられた原子爆弾投下作戦については少数の士官以外には内容は伝えられていなかったが、スウィーニーは爆弾投下のための機体の操縦方法についての訓練を担当するようにティベッツ中佐から選ばれたために、初期の頃から原子爆弾を使用することが伝えられていたのである。スウィーニーは原子爆弾を模した模擬弾(「パンプキン」というコードネームが付けられていた)を用いて、B-29への搭載手段、投下手順の策定などを行っている。1945年1月6日には第320輸送機戦隊の指揮官に任命された(しかし任務は輸送ではなく、もちろん爆弾投下のための訓練であった)。, スウィーニーは1945年5月4日に第393爆撃隊の指揮官になり、6月23日にマリアナ諸島のテニアンへ赴任する。, 何回かの訓練飛行(マリアナ諸島のロタ島や、トラック諸島、マーカス島(南鳥島)への爆撃訓練)を経て、7月20日に初の実戦任務飛行に出撃した。その後7月24日、7月29日にも兵庫県神戸市他への爆撃に参加している。, 8月6日の広島市への原子爆弾投下作戦には科学観測を担当するB-29「グレート・アーティスト」の機長として参加した。テニアンへ帰還した後、スウィーニーはティベッツ中佐から2回目の原爆投下の指揮を執るようにとの命令を受けた。, 8月9日にB-29「ボックスカー」の機長として原子爆弾ファットマンを搭載して出撃。出撃直前に燃料ポンプに故障が発生し、予定分の燃料が使用できない状況となったが作戦の延期を回避するために出撃を強行したという。屋久島上空での写真撮影機B-29「ビッグ・スティンク」との会合に失敗した後、第一目標であった小倉市(現:北九州市)へ向かったが、前日の八幡市(現:北九州市)への爆撃で生じた火災の煙がたれ込め目視での爆撃が困難であった。更に高射砲や戦闘機での迎撃があったために、長崎市への目標変更を決断した。, 既に予定より少なくなっていた残り燃料から、二回以上の爆撃航程を行うだけの時間は無いと考え、同乗していた原子爆弾についての責任者であるフレデリック・アッシュワース(Frederick L. Ashworth)海軍中佐に対しレーダーによる爆撃を進言、爆撃航程に入った。しかし結果としては爆撃手カーミット・ビーハン大尉が目視で長崎市街地を確認し、爆弾が投下された。, 投下された原子爆弾「ファットマン」はTNT火薬22ktと同じ威力を持ち、長崎市の約60%が破壊され、およそ70,000人が犠牲になった。, スウィーニーは残燃料が少ないため、沖縄へ着陸することとし、残り僅か26ℓというぎりぎりの燃料で着陸した。 よく分かりません。日本で例えると、自民党の総裁選挙の 分かる部分(州によって選挙人数... アメリカ大統領選挙の選挙人は州で選ばれた立候補者が獲得し、選挙人は投票時に裏切ってはならないことが連邦最高裁が判決している点を踏まえると、選挙人は投票しなくても結果は確定しているので、選挙人による投票は冗長というか無駄に感じるのですが、必要な理由などあるのでしょうか? 選挙「人」というと、あたかも人間のような気がしてしまうのですが、結局 原爆を投下したパイロットは被曝しなかったんですか? 確か原爆は飛行機から投下後、約50秒後に炸裂するセッティングなので全速で逃げる彼らは飛行機の外壁にも守られるし距離的にも相当離れていたハズで心配するレベルの重大な被爆はしなかったと思われます。  人生には、決して記憶から拭い去ることができない瞬間というものがある。この時がまさにそれだった。決して忘れないだろうと自分でもわかった。詳細を一つ残らず。一機の飛行機。一個の爆弾。一つの都市。 ポール・ウォーフィールド・ティベッツ・ジュニア(Paul Warfield Tibbets, Jr., 1915年2月23日 - 2007年11月1日)は、アメリカ合衆国の軍人。最終階級は空軍准将。1945年8月6日、広島市に原子爆弾「リトルボーイ」を投下したB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」の機長として有名である。 『サルの一種・シロガオサキの「モップ」の観賞に訪れる女性について言及。「『モップくんが大好きなんです!』と来園してくださる方は素敵(すてき)なお... バイデンは中国とズブズブなんですか?SNSでは彼が大統領になったらアメリカも日本も終わると言ってるひとが結構いて不安です。 櫻井翔 松本潤 二宮和也 相葉雅紀 大野智 アラフェス. 鬼滅の刃コラボの炭治郎を変身させたいんですが元に戻ってしまいます。 いろんな方の説明を聞いて、なんとなく

サンドイッチ 朝食 野菜, ローソン メルカリ サイズ 測る, Switch Facebook 連携できない, Imaging Edge Mobile Raw現像, 京大 英語 過去問 Pdf, モンキー 10インチ スプロケ, 修学旅行 服装 小学生 女子, 白頭山 噴火 滅亡,