! 先週の馬券の結果はいかがでしたか? おかげさまで先週のレース結果も以下の通りと、安定の予想結果となりました。ありがとうございました。 テレビ番組でも毎週コーナーを持ち、絶賛放送中ですのでこちらもぜひご ... 第49回 高松宮記念(G1) 2019 2019/3/24(日)中京競馬場で行われるのは、春の短距離王決定戦・第49回高松宮記念(芝1200m)。昨年の勝ち馬ファインニードルがターフを去り、主役不在の ... 第37回 フェブラリーステークス(G1) 2020 2020/2/23(日)東京競馬場で行われるのは、ダート王決定戦。第37回フェブラリーステークス(ダ1600m)。連覇を狙うインティを始め、根岸S快 ... 今月限定!友達追加でもれなく最大2,500円分LINE payプレゼント! スポーツ観戦・予想・回顧などのブログ チャンピオンズカップ予想です。かつてサウンドトゥールーではお世話になっています。種牡馬データ・騎手データ・枠順別データ・過去の穴馬・チャンピオンズカップ予想結論を公開しています。 毎週重賞データ予想をお届けします♪. 受取方法は友達追加後にお知らせがくるよ♪ 競馬(障害や海外競馬も)メイン、モータースポーツ、サイクルロードレース、スキージャンプなど, 2020/10/17にアスコット競馬場で行われた、英チャンピオンズデー開催の回顧です。, Glen Shielは抜群のスタートから終始良い手応えで進め、外のOxtedと馬体を併せながら追い出されると、内外から伸びてくる馬たちを僅差で振り切ってスプリントCで2着の雪辱を果たした。2着のBrandoは後ろで脚を溜めていた馬なので前が有利という訳でもなく、スタートでのアドバンテージを活かしつつ仕掛けのタイミングがバッチリだったレース。, アスコットの12fらしく、スウィンリーボトムに向けて序盤の速くなる展開。ただし勝ち馬も2着馬もある程度前に付けており、人気所のEven SoやMehdaayihは後ろから届いていないので、馬場が重く前に居ないと差すのは難しかったのかもしれない。最後は各馬ともに脚が上がっていたような感じだった。, 前走でHeavyのロワイヤリュー賞を勝っていたWonderful Tonightはやはりタフな馬場への適性が高かったのだろう。, 直線なので各馬がある程度好きな所を走れたが、勝ったThe Revenantは馬群のどちらかと言うと内ラチ側で脚を溜めていた。逃げながら外目で粘っていたRosemanはやや仕掛けが早かったかな?という印象。外側の馬が早めに脱落して目標を失ったのもマイナスだったか。, 出負け気味のスタートとなったSerpentineが押して強引にハナへ。ラビット的役割を任されていたのだろう。AddeybbとSkalletiがその後ろでMagicalも好位から。上りでペースが落ちて馬群は凝縮し、最終コーナーを抜けて直線での脚比べの様相に。コーナーで外からLord NorthやPyledriverが押し上げを図るが、外に振られて脚を使ったのが痛かったか、直線では失速。元々前に居て内から追い出された馬たちの上位争いとなったが、Serpentineは流石に序盤で脚を使ったのが響いたのだろう、失速して好位勢の争いに。AddeybbがSkalletiを残り1f手前で振り切って、昨年の2着から着順を上げてヨーロッパでは初のG1タイトルを手にした。, 昨年の勝ち馬Magicalは内で良い感じに進められていたが最終コーナーから手応えが悪く、直線で追われるとジリッと前との差を詰めようとしていたのは流石だったが、結局Skalletiも交わせず3着に終わった。3着以下に終わったのは昨年の凱旋門賞以来である。, 前目から競馬をしていた中でMishriffは8着に終わってしまい、残念な結果に。道悪自体はこなせるはずなので、アスコットが合わなかったのだろうか。. チャンピオンズカップ 関連記事 Related post 【チャンピオンズC・解説】どこまでも続く無敗の勲章、クリソベリルがダート王へ! - 平林雅芳の目 【チャンピオンズC】新時代のダート王誕生 クリソベリルが無傷の6連勝でJRAG1初制覇! - トピックス ダートの最強馬決定戦、チャンピオンズカップ(旧ジャパンカップダート)。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう! チャンピオンズカップ2019過去10年のデータ分析。レース傾向から有力馬の最新情報・穴馬も予想!他にはない様々な過去10年のデータ量から勝ち馬穴馬台頭馬を徹底分析。競馬にデータは必須です。馬券予想買い目の参考にどうぞ! Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. ディープ牝馬に付けまくれるので、短距離馬を生産する方向で成功するかも。 グランドナショナルを二連覇しているTiger Rollが10/22のナヴァン競馬場での平地の未勝利戦で復帰予定。もちろん叩きのためだろうが、3勝目に向けて、今後のローテーションに注目。 -10年, 2019, チャンピオンズC, チャンピオンズカップ, データ, 予想, 傾向, 出走予定馬, 分析, 台頭馬, 穴馬, 過去, 騎手, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2019/12/1(日)中京競馬場で行われるのは、ダート総決算・チャンピオンズカップ(ダ1800m)。2009~2013年は阪神で行われ、2014年から現行の舞台に定着。招待レースではなく海外からの参戦はまずありませんが、3歳王者クリソベリルの出走で注目度は抜群。まずは過去10年を振り返ります。, 外枠勢が不振。脚質別では逃げ馬は3着1回が最高着順。(※中京1800mで行われた過去5年を検証), 過去10年のチャンピオンズカップにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は4勝6連対、複勝率70%ならまずまず。6、8番人気も好成績。, 1、2番人気がともに崩れたのは、12、15年の2回だけだが、伏兵馬の好走も目立つ。, 主要ステップとなるのは、3勝6連対のJBCクラシック組ですが、目下2年連続で勝ち馬を送るのは南部杯組。, キングカメハメハ、ゴールドアリュール産駒が2勝ずつでトップ。昨年1、3着のシンボリクリスエス産駒にも要注意。, -データ分析

清華軒 弟子, Abematv アプリなしで見る, 競馬予想 Ai Vuma, 高校サッカー 栃木, コウノドリ2 7話, チャレンジカップ プロスピ スピリッツ,