43 フアン・エンカーナシオン ´ç¿’する猫, 新型コロナウイルス感染症対策分科会. 26 ウェイン・ローゼンタール(投手) ウェリントン・アンドレス・カスティーヨ(Welington Andres Castillo, 1987年4月24日 - )は、ドミニカ共和国サン・イシドロ(英語版)出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。MLBのワシントン・ナショナルズ傘下所属。愛称はビーフ 。 67 ピエール・アーセノールト(ブルペン), Florida Marlins Batting Leaders - Baseball-Reference.com, Luis Castillo 2002 Batting Gamelogs - Baseball-Reference PI, http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20110320&content_id=17044418&vkey=news_mlb&c_id=mlb, http://bleacherreport.com/articles/2605588-2016-bbwaa-hall-of-fame-election-results-announced, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ルイス・カスティーヨ&oldid=78665855. ホセ・ロンドン・カスティーヨ(José Rondon Castillo, 1981年3月19日 - 2018年12月6日)は、ベネズエラ・ミランダ州カラカス出身の元プロ野球選手(内野手) 。右投右打。 ルイス・ミゲル・カスティーヨ(Luis Miguel Castillo, 1992年 12月12日 - )は、ドミニカ共和国 ペラビア州 バニ (英語版) 出身のプロ野球選手(投手)。 右投右打。MLBのシンシナティ・レッズ所属。 愛称はラ・ピエドラ(La Piedra - スペイン語で「石」の意) 55 マーク・レッドマン 20 ミゲル・カブレラ 15 ジャック・マキーオン 07 イバン・ロドリゲス 41 ブレイデン・ルーパー 14 トッド・ホランズワース 「メジャーリーグの試合に出たのは、16年の9試合が最後。以後、年俸1000万ドル強(約12億円)のマイナーリーガーとして、悶々とした日々を過ごしてきました」(特派記者) カスティーヨは13年wbcのキューバ代表候補だった右打ちのスラッガーだ。 45 カール・パバーノ 「メジャーリーグの試合に出たのは、16年の9試合が最後。以後、年俸1000万ドル強(約12億円)のマイナーリーガーとして、悶々とした日々を過ごしてきました」(特派記者) カスティーヨは13年wbcのキューバ代表候補だった右打ちのスラッガーだ。 23 ダグ・デービス(ベンチ) 35 ドントレル・ウィリス 先勝のレイズ監督はイニングまたぎセーブのカスティーヨを「種馬」と称賛 チームのPS含む1点差ゲーム勝率.762はメジャー史上最高 2020/10/12 16:59 8回のピンチに登板したレイズのカスティーヨは9回も投げ切り、勝利に貢献(AP) コーチ 21 ジョシュ・ベケット(シリーズMVP) ルイス・アントニオ・カスティーヨ(Luis Antonio Castillo, 1975年9月12日 - )は、ドミニカ共和国・サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身の元プロ野球選手(二塁手)。右投両打。, 1975年9月12日にドミニカ共和国・サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリスで誕生した。13歳になるまで自分のグラブを持てないくらい貧しい生活を送っていた[1]。, 1992年にフロリダ・マーリンズと契約し、1996年8月8日にメジャーデビュー。メジャー2年目1997年の開幕戦でエドガー・レンテリアと共に21歳で二遊間を形成した。これはナショナルリーグ史上最年少記録である[2]。しかし、怪我のため一旦マイナーへ降格し、球団史上初のワールドシリーズに出場できなかった。, 1999年は128試合に出場し、メジャーに定着。打率.302、球団史上3人目[3]かつリーグ4位の50盗塁を記録した。, 2000年はオフに年俸調停の資格を得るためカスティーヨは「今年はどうしてもいい成績を残したい」と言い[1]、4月16日から5月4日まで17試合を欠場したが[1]、打率.334はリーグ5位、62盗塁は球団新記録(2003年にフアン・ピエールが65盗塁で記録更新)[3]。, 2002年、5月8日から6月21日まで35試合連続安打を記録[4]。これは当時史上10位タイ、二塁手としてはロジャース・ホーンスビーを抜いて歴代最多記録だった[5]。7月9日のオールスターに初出場を果たし、リーグ1位の48盗塁、打率.305を記録した。2003年にはワールドチャンピオンの一員となった。シーズン終了後に3年総額1600万ドル(4年目の2007年はオプション)の契約に合意[6]。, 2005年シーズン終了後、マーリンズが年俸総額を6500万ドルから3000万ドルまで削減するため、12月2日にトレードで放出された[7]。マーリンズでは10年間在籍し、出場試合数(1127)・三塁打(42)・四球(532)・安打(1272)・盗塁(281)はいずれもトレード放出時点で球団記録だった[7]。, 2006年は打撃ではリードオフヒッターとして確かな選球眼と小技。そして足を使い相手を揺さぶり[8]、守備では経験の浅い内野手のリード役として安定していたが、ヒザの故障のため守備範囲が狭くなり、ゴールドグラブ賞受賞はならなかった[8]。, 2007年7月30日にメッツへトレード移籍し、11月18日に4年総額2500万ドルで契約延長した[9]。2008年はひざの関節、大腿筋、手首などを痛めながら出場していたが[10]、7月3日に左臀筋痛で故障者リスト入り[11]。その後、8年ぶりにマイナーで13試合に出場した後、8月25日にメジャー復帰を果たした[12]。10年ぶりに出場試合数が100を下回り、打率.245・3本塁打・28打点の成績でシーズンを終えた。守備防御点-13は自己ワースト。, 2009年は打撃で復活の兆しを見せたが守備の衰えは隠せず、6月12日にはヤンキースとのサブウェイシリーズで、1点リードの9回裏二死1,2塁からアレックス・ロドリゲスが打ち上げたセカンドフライを落球して逆転サヨナラ負けを喫し、話題となる。守備防御点は-12、UZRは自己ワーストの-11.2だった。, 2010年6月4日に両足に問題があったことで故障者リストに入った。代わりに二塁に入ったルーベン・テハダがシティ・フィールドで行われたフロリダ・マーリンズ戦は5-4でメッツが勝利した。両腕両足を切断した兵士が病院に行かないようだとオリバー・ペレスとカルロス・ベルトランと一緒に批判を受け、この経験によっておびえたくないと主張した。また自分のプレーする時間に満足していないことをオフシーズンになる前に解決しないといけないとコメントした。2010年のスプリングトレーニング中に、メッツでプレーしている時にデジタルドメインパークでメッツファンにブーイングを受けた。, 2011年3月21日にフィリーズとマイナー契約を結んだ[14]。3月30日に放出された。, 打撃では、長打力はないものの、フライボールの極めて少ない「打球を転がす」選手で知られる。2000年 - 2009年の間におけるG/F(ゴロ/フライの割合値)では、2001年(4位)と2006年・2009年(2位)を除く全ての年でMLB1位のゴロ率を記録しており、徹底している。, 守備はメジャー昇格以降、二塁手一本で他ポジションの経験はない。2005年まではすべての守備防御点・プラスマイナスシステム・UZRでいずれも平均を大きく超える守備力を示していたが、晩年は大きく衰えが見られた。, 選手 ◇11日 ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦(7回戦制)レイズ2−1アストロズ(サンディエゴ), レイズはアストロズに2―1で先勝した。5番手右腕ディエゴ・カスティーヨ(26)は、8回1死満塁のピンチで登板。いきなり初球の97マイル(約156キロ)シンカーでグリエルを二ゴロ併殺に仕留めると、9回も抑え、1イニング2/3を無失点でセーブを挙げた。, 球団公式サイトによれば、キャッシュ監督はカスティーヨへの称賛を惜しまなかった。「種馬だ。とにかく特筆もののパフォーマンスだった。踏ん張ってピンチを脱出してくれて、すごい打者たちにえげつない球を投げてくれた」, 米スポーツ専門局ESPN(電子版)によれば、今季のレイズは「ポストシーズン(PS)を含む1点差ゲームの勝率が7割6分2厘(16勝5敗)」で、これはメジャー史上最高。さらに、今季これで7回終了時にリードした試合は無傷の33連勝。今PSでも、救援陣は8試合で防御率3・12と大健闘している。指揮官は「うちのデータ分析官たちはリリーフ陣をラッキーだとか、まぐれだとか言うかもしれないが、私はそうは思わない。うちが今ここにいるのは、この選手層の厚さがあるからだ」と胸を張った。, 米放送局CBSスポーツ(同)によれば、過去のPS7回戦制シリーズで第1戦を先勝したチームが勝ち抜けた確率は64%(179チーム中114チーム)。まずは、流れを大きく手繰り寄せた。, 決勝打のレイズ・ズニーノ、5回1失点粘投のエース左腕スネルを称賛「すごい仕事をしてくれた」, PS6戦40得点のアストロズ打線に火は付かず…8回満塁好機に併殺打の元DeNAグリエル兄がブレーキ, レイズ投手陣がPS絶好調のアストロズ強力打線を1得点に抑え先勝 筒香はベンチ入りも出番なし, レイズ筒香は次の舞台LCSの出番なし!? 球団公式サイトがベンチ枠外れる候補に挙げる, 中日スポーツ・東京中日スポーツのニュースサイトです。中日ドラゴンズ・名古屋グランパスなどのスポーツニュースから芸能・エンターテイメント情報まで幅広く提供します。, 新聞購読のご案内 / ドラゴンズ情報 / グランパスウォッチャー / 東京中日スポーツ電子版. 28 ビル・ロビンソン(打撃) 25 デレク・リー, 31 ブラッド・ペニー 16 ペリー・ヒル(一塁) 47 ジェフ・コックス(ブルペン) 38 リック・ヘリング 09 フアン・ピエール 「メジャーリーグの試合に出たのは、16年の9試合が最後。以後、年俸1000万ドル強(約12億円)のマイナーリーガーとして、悶々とした日々を過ごしてきました」(特派記者) カスティーヨは13年wbcのキューバ代表候補だった右打ちのスラッガーだ。 18 ジェフ・コーナイン 52 マイク・レドモンド ルイス・アントニオ・カスティーヨ(Luis Antonio Castillo, 1975年 9月12日 - )は、ドミニカ共和国・サン・ペドロ・デ・マコリス州 サンペドロ・デ・マコリス出身の元プロ野球選手(二塁手)。右投両打。 ウェリントン・アンドレス・カスティーヨ(Welington Andres Castillo, 1987年4月24日 - )は、ドミニカ共和国サン・イシドロ(英語版)出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。MLBのワシントン・ナショナルズ傘下所属。愛称はビーフ[1]。, 2010年8月11日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビューし、同年は7試合に出場して打率.300、1本塁打、5打点、OPS.983という成績を残している。, 2013年はチームの正捕手に定着し、113試合に出場した。打率.274、8本塁打、32打点の打撃成績と、10失策、守備率.988、守備防御点+19、盗塁阻止率29%の守備成績をマークした。, 2015年5月19日にヨアビス・メディーナとのトレードで、シアトル・マリナーズへ移籍した[4]。マリナーズでは6試合に出場した。, 2015年6月3日にマーク・トランボ、ビダル・ヌーニョとのトレードで、ドミニク・レオン、ガブリエル・ゲレーロ、ジャック・ラインハイマー(英語版)と共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[5]。, 2016年12月16日にボルチモア・オリオールズと1年契約(2018年は選手側の契約オプション付き)を結んだ[7]。2017年開幕前の2月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のドミニカ共和国代表に選出された[8]。シーズンでは96試合に出場して打率.282、20本塁打、53打点を記録した。オフにオプトアウト権を有していた[9]ことから、11月6日にFAとなった[10]。, 2017年12月1日にシカゴ・ホワイトソックスと2年契約(2020年は選手側の契約オプション付き)を結んだ[11]。, 2018年5月24日、禁止薬物のエリスロポエチン(EPO)に陽性反応を示したとし、80試合の出場停止処分を科すと発表された[12][13]。処分が明けると、故障者リストへの移行を経て9月2日にメジャー復帰した[14]。, 2019年オフの10月31日にトレードで、テキサス・レンジャーズへ移籍したが、翌日の11月1日にFAとなった[15]。, 2020年1月24日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになったと報じられ[16]、2月12日に正式公示された[10]。, Orioles Players Weekend nicknames explained, Baseball-Reference.com Welington Castillo, “Cubs agree to terms with 19 players on 2014 contracts”, http://m.cubs.mlb.com/news/article/68628832/cubs-agree-to-terms-with-19/, “Mariners acquire catcher Welington Castillo from Chicago Cubs in exchange for RHP Yoervis Medina”, http://m.mariners.mlb.com/news/article/125290482/mariners-acquire-catcher-castillo-from-cubs-in-exchange-for-rhp-medina, Mariners Acquire Mark Trumbo In Six-Player Deal, Diamondbacks Non-Tender Welington Castillo, Rubby De La Rosa, DR aims to defend title as WBC '17 roster set, White Sox sign catcher Castillo to 2-year dea, TEX nets int'l money from CWS; Welington out, Nats nearing Minors deal with Castillo (source), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウェリントン・カスティーヨ&oldid=76512335. 49 チャド・フォックス 19 マイク・ローウェル 01 ルイス・カスティーヨ 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 new! (C)2020 The Chunichi Shimbun, 先勝のレイズ監督はイニングまたぎセーブのカスティーヨを「種馬」と称賛 チームのPS含む1点差ゲーム勝率.762はメジャー史上最高. 74 ウーゲット・ウービナ, 監督 メジャーリーグがフリーエージェントになった選手リストを公表した(10月28日/現地時間)。日本のファンの注目は田中将大投手だが、NPBの渉外担当者が獲得に「興味アリ!」と注視する“未完の大器”もリストに記載されていた。2014年8月、レッドソックスと7年総額7250万ドルの大型契約を交わしたルスネイ・カスティーヨだ。出場機会に飢えているだけに、NPB入りも十分にあり得るという。, 「メジャーリーグの試合に出たのは、16年の9試合が最後。以後、年俸1000万ドル強(約12億円)のマイナーリーガーとして、悶々とした日々を過ごしてきました」(特派記者), カスティーヨは13年WBCのキューバ代表候補だった右打ちのスラッガーだ。その後、ドミニカ共和国を経て亡命し、28球団の争奪戦の末、レッドソックスと契約した。, 途中参加の14年は36打数12安打、2本塁打と活躍したが、その後は怪我もあり、チャンスには恵まれなかった。, 「いや、チャンスに恵まれなかった理由は怪我ではありません。贅沢税のせいですよ。レッドソックスは連続してMLBの定めた総年俸額のラインを超えているので、彼をメジャーリーガー登録の40人枠に入れたら課徴金が増えてしまいます。15年以降は控え外野手だったので、課徴金を押さえ込むため、40人枠から外し、マイナーから昇格させなかったんです」(前出・特派記者), 堅守の外野守備は他球団も認めていた。しかし、トレードとなれば、レッドソックスと交わした7年契約を引き継ぐことになるので、どの球団も二の足を踏んだ。また、バッティングたが、どちらかというと、ライナー性の打球やゴロヒットの多いタイプで、「フライボール革命が…」という“飛距離争いの米球界の時流”にも合わなかったようだ。「性格は温厚で、味方の好プレーにもベンチから拍手を贈る選手です。弱点を挙げるとすれば、初球から打ちに行くこと」(米国人ライター), 米球界はコロナ禍で経営難に陥っている。苦しいのは日本球界も同じだが、“贅沢税”といった実力以外の縛りを受ける米球界には固執しないとの見方もされているそうだ。, 「正当なレギュラー争いが約束されるかどうかで、移籍先が決まると思います」(前出・米国人ライター), 巨人のパーラ、阪神のボーアよりは活躍しそうだが…。33歳、日本の渉外担当者もカスティーヨの身辺調査を進めているのではないだろうか。, 【MLB】ドジャース年俸32億円左腕が太っ腹! マイナー選手1人あたり10.7万円支給. 13 オジー・ギーエン(三塁) new! 栗山監督の進退微妙 週内結論か 11 アレックス・ゴンザレス 先勝のレイズ監督はイニングまたぎセーブのカスティーヨを「種馬」と称賛 チームのPS含む1点差ゲーム勝率.762はメジャー史上最高 【関連記事】 もう大舞台に弱いとは言わせない!ドジャースの大黒柱カーショーがシリーズ2勝目 レイズの本盗を冷静に阻止 32年ぶり世界一へあと1勝, “西の盟主”ドジャースが32年ぶり7度目の世界一へあと2勝…エースのビューラーが二桁奪三振の6イニング1失点快投, レイズが第7戦制し2度目のワールドシリーズ進出 先発モートンが古巣にきつい恩返し 筒香は出番なし, ドジャースがメジャー史上初の逆襲劇で3勝3敗に ロバーツ監督不敵に笑う「第7戦。このために生きているんだ」, アストロズが史上2度目の3連敗→3連勝で逆王手 主役トリオが5回にタイムリーそろい踏みで逆転 コレア「あすはゼロか100かだ」, 筒香欠場のレイズはサヨナラ弾くらい3連勝王手から2連敗…十八番のオープナー戦術も実らず, 【MLB 優勝決定S】レイズが1点差逃げ切り先勝! スネル5回1失点&ズニーノV打、筒香は出番なし, 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 ディエゴ・カスティーヨ(Diego Castillo, 1994年 1月18日 - )は、ドミニカ共和国 マリア・トリニダー・サンチェス州 カブレラ (英語版) 出身のプロ野球選手(投手)。 右投右打。MLB・タンパベイ・レイズ所属。 愛称はサマナ(Samana)

藤枝東サッカー新人戦 メンバー, アメリカ独立戦争 結果, 唐川侑己 フォーム, 楽天 スタメン 歴代, ヤクルト 歴代4番, ガトーショコラ 器具, 島崎遥香 Sixtones, ロッテ 強い なんj, ウィーラー Tシャツ, ブエナ ビスタ の18,