掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 【パ×Full-Count】統合10年目の結実 なぜオリックスは2014年に躍進を遂げたのか 2015/01/02 11:22 オリックス 湊通夫専務取締役・事業本部長【写真:編集部】 今季、開幕ダッシュに失敗したオリックス。先週まで(5月12日)に14勝20敗と6つの借金を抱え、リーグ最下位に低迷している。 特徴的な応援歌前の選手コールは近鉄流であり、応援歌後の「○○、○○、かっとばせ~○○」は青波流である。 オリックス、ソフトバンク・長谷川の獲得調査 タカい実績オリ紙つき、若手支えるチームの柱に!, 【2020ドラフト展望:オリックス】長打力を備えた強打の野手獲得が最優先課題。捕手も底上げが必要. new! 特に西浦はこれまで36試合に出場。打率.200と苦しんでいるが、5盗塁を記録。開幕以来、正中堅手としてスタメンに名を連ねており、首脳陣の期待の大きさがうかがえる。中川は15試合の出場だが、打率.364と打撃好調。5月10日の楽天戦ではプロ入り初本塁打も放った。頓宮は打撃不振で2軍調整中だが、2本塁打を放つなど長打力を垣間見せている。 特徴的な3・3・7拍子はJITTERIN'JINNの「黄金の夜明け」をアレンジしたもの。, トレードによる補強に積極的な球団で、オリックス・バファローズとなった2004年オフ以降、トレードで放出・獲得した選手の延べ人数は12球団でも1・2を争う。, ところが、実際のところトレードでの選手獲得が補強になっているかどうかは甚だ疑わしい。というかむしろ出された選手の方が移籍先で活躍するというパターンが特に合併からしばらくは非常に多かった。, しかし、中村勝広球団本部長が解任され岡田彰布体制となった2009年オフからは一転して、木佐貫洋や荒金久雄らトレードで獲得した選手が活躍し、放出した選手(高木康成や金澤健人)も移籍先に貢献するトレード巧者に変貌した。, オリックス・ブルーウェーブ時代を含め2002年からほとんどBクラスのバファローズ。TBS時代の横浜ベイスターズに匹敵する程、暗黒ネタが尽きない。, 同じ関西に本拠地を構えていた阪急・南海時代から、ホークスとの間には不思議と因縁がついて回っている。, 1988年10月1日、南海ホークスはダイエーへの球団譲渡を発表。福岡ダイエーホークスが誕生。 38: 2017/02/07(火) 19:32:10.91 ID:caPMSwTy0. 前述したように、2014年にオリックスはあと一歩のところでリーグ優勝を逃した。 やっぱり最後に競り負けたのは経験の差か . 前述したように、2014年にオリックスはあと一歩のところでリーグ優勝を逃した。 ID: S7Ud4tfAif, 2020/08/22(土) 18:19:32 オリックスは、なぜ勝てないのだろうか。 中長期ビジョンの欠落. 38: 2017/02/07(火) 19:32:10.91 ID:caPMSwTy0. その一方で、野手でいえば中島が巨人へ移籍し、小谷野が現役引退。投手陣では、金子千尋(現・金子弌大)が日本ハムへ、西勇輝が阪神へ移籍。投打ともに若返りを図り、ゼロベースで構築していくタイミングはまさに今だとも言える。 2014年(80勝62敗2分、2位) 監督:森脇浩司. ID: 2SWtSYNOIG, 2020/08/11(火) 22:03:36 【11月2日プロ野球公示】阪神・糸井嘉男、巨人・デラロサが抹消、オリックスはディクソンら6選手抹消, 【10月25日プロ野球公示】巨人が増田大輝と重信慎之介を登録、吉川大幾と北村拓己を抹消、オリックスはジョーンズ抹消, 【10月21日プロ野球公示】オリックスが山本由伸を抹消、中日はマルティネス抹消し、ゴンサレス登録, 【10月15日プロ野球公示】阪神・藤川球児、DeNA・平良拳太郎、オリックス・吉田凌らが登録. また、オリックスといえばシーズン途中の監督交代が多い。2002年から指揮を執った石毛宏典監督は同年に最下位に終わると、2003年は開幕から7勝12敗1分けと低迷。わずか20試合を終了した時点で解任された。2007年から就任したコリンズ監督は同年に最下位となると、2008年も開幕から敗戦を重ね、5月21日の試合後に監督辞任が表明された。 × 2014年のオリックスはなぜ2位になれたのか なぜ優勝できなかったのか . これまでの選手起用を見ていると、今季は野手を中心に若手の育成を主眼としているように思える。我慢の一年となりそうだが、逆に言えば2〜3年後の成長した姿が楽しみだ。外国人助っ人に頼るのもいいが、中長期ビジョンで考えれば国産でも戦えるぐらいの打線が理想的であるし、吉田というポイントゲッターを中心に、福田周平や大城滉二、西浦、佐野らスピードのある選手が足でかき回す戦い方も面白い。 快進撃を繰り広げ、ソフトバンクと優勝を争ったが、最後は10月2日の延長戦で力尽きて優勝を逃した。 詳細はプロ野球2014を参照. 今季はもちろん、来季、そしてその先の戦いを見据えて、どのような戦いをオリックスが見せるのか注目していきたい。 しかし、クリーンナップとして期待されたこれらのプレーヤーは軒並み不振。さらには、中島が足の肉離れ、バリントンが右肩の違和感で登録抹消されるなどシーズン序盤に早々と離脱。期待に応える成績を残せなかった。優勝争いを演じた前年のメンバーに強打者を上積みし、今度こそはと優勝を狙いにいったものの空回り。チームに不足しているピースを埋める的確な補強ではない、やみくもに強打者を集めた補強がうまく機能するはずもなく、開幕から低迷することとなった。 ID: O/hBz87Cu5, 2020/09/14(月) 02:09:46 やっぱり最後に競り負けたのは経験の差か . 2014年のオリックス・バファローズでは、2014年シーズンのオリックス・バファローズの動向をまとめる。 この年のオリックス・バファローズは、森脇浩司監督の3年目のシーズンである。 オリックス銀行は、オリックスグループの銀行です。ユニークな金融サービスを提供する銀行としてお客さまのニーズに応えます。取扱商品は、高水準な金利のインターネット取引専用預金、信託、投資信託、カードローン、投資用不動産ローンなど。 Copyright© 2020 Glad Cube Inc. All Rights Reserved. オリックスは、なぜ勝てないのだろうか。 中長期ビジョンの欠落. いずれにせよ、指揮官をはじめとした首脳陣、補強、ドラフト、育成、そして戦い方といった全ての要素が、中長期のビジョンに基づいたものであることが肝要だ。フロントと現場の全員が共有できるビジョンが無い限り、今後優れたプレーヤーが揃っていったとしてもチームがひとつになることはできないし、長い低迷から脱却することも困難となるだろう。 ID: SD1VJUf0MD, 2020/09/15(火) 21:54:48 new! 【謎】2014年オリックスバファローズはなぜ2位になれたのか 493コメント ... 2014年オリックスの開幕スタメンwwwwww 三 ヘルマン 右 平野恵 中 糸井 二 ベタンコート 左 谷佳知 指 ペーニャ 一 高橋信 遊 安 … 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 オリックス・バファローズとは、日本プロ野球のパシフィック・リーグに所属する球団である。, 親会社はオリックス。現在の監督は西村徳文(2019年~)。本拠地は大阪市の京セラドーム大阪。神戸市のほっともっとフィールド神戸は準本拠地。, 略称は「オリックス」「オリ」。アルファベット表示は「Bs」。ネット上では「檻」と略されることも多い。パ・リーグでは唯一、球団名に地域名が入っていない。二軍の球団名は2008年まで「サーパス」だったが、ネーミングライツの契約終了により2009年からはオリックスに戻っている。, 2004年にオリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズが合併することで誕生したチームであるが、ブルーウェーブの存続チームとして認識されている。だがその一方、「バファローズ」の名前を用い、神戸での主催試合を年々減らし大阪の球団としてアピールしていることは、旧オリックスファンからも近鉄ファンからもわりと複雑な感情をもって受け止められている。, なお、ブルーウェーブ時代についてはオリックス・ブルーウェーブ、さらにそれ以前の阪急時代については阪急ブレーブスの項目を参照。また近鉄に関しては大阪近鉄バファローズの項を参照。, 非常に伝統ある球団で勝ち数は5000勝を越え歴代4位(2018年終了時点)を誇るが、昔から人気は微妙。本拠地の近い阪神タイガースの煽りを受けてのことだと思われる。また近年は毎年のように監督交代が繰り返されているのが長期的なチーム作りを阻害し、低迷の遠因になっている節もあった。, しかし2008年以降、金子千尋、T-岡田、坂口智隆などの若手が台頭し、積極的な戦力補強もあって、2007年以前とはほぼ別のチームと言っていいほどに戦力が入れ替わった。それでも相変わらず現在低迷しているのには変わりないが・・・, 2011年からはチームカラー、球団旗、ユニフォームデザイン、ロゴ、マスコットなどを一新し、「新・黄金時代へ」を掲げ、チーム全体の大幅なリニューアルを敢行した。, 2014年からは楽天、ソフトバンクに続きパ・リーグ3球団目となるニコニコ生放送でのホームゲーム無料配信を行う。映像・音声は楽天・ソフトバンクと同様、CS放送のものがそのまま使われた。2015年からは楽天以外の他球団と足並みを揃え、ディレイ放送を行っている。, ネッピーは海神ネプチューンの息子として1991年、「ブルーウェーブ」へのチーム名変更に伴い誕生。背番号111。阪急ブレーブスのマスコット「ブレービー」の中の人であった島野修が引き続きスーツアクターを務め人気を博した。, 近鉄と合併し「バファローズ」となってからも引き続きマスコットを努めていたが、チームカラーの刷新に伴い、2010年をもって2人とも引退、故郷の海へ帰っていった。, ネッピー&リプシーに代わって登場した新マスコット。チーム名の「バファローズ」に合わせて牛キャラとなった。, キャラクターデザインの公開時から「かわいい」と評判だったが、実際にマスコットの人形が登場すると、「二次元より三次元の方がかわいい」とバファローベルの虜になる人が続出、野球ファン以外の層まで取り込む人気に。そのかわいさからか、他球団マスコット(主に某鬼畜ペンギン)からセクハラされる始末。, 公式で写真集まで発売されたり、薄い本が出たり、バファローベル人気は留まるところを知らない。でもたまにはお兄さんのことも思い出してあげてください。, 前述の通り人気の高い球団とは言い難い面がある。年々観客動員数自体は増えており、2013年はホームゲームの平均観客動員数が19,979人と2万人に若干届かず、いまだパ・リーグ4位、12球団中8位に甘んじている(ちなみに下は東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、千葉ロッテマリーンズ)。ホームゲームでは京セラドーム大阪の観客席にまだまだ空席が目立つことが多い。そのためファンサービスに非常に力を入れている、のだが……。, ウグイス嬢、場内アナウンスに声優を起用したり、レディースデーと銘打って美化200%の乙女ゲーのようなポスターを製作したりと、何か間違った独特な方向に突っ走ってしまうことが多い。, 余談だが、京セラドーム大阪のオーロラビジョンに流れるスタメン発表の映像は毎年非常に凝った作りになっている。, 前述したように、オリックス・バファローズとは兵庫県西宮市を拠点とした阪急ブレーブス、神戸市を拠点としたオリックス・ブルーウェーブ、そして大阪藤井寺市と大阪ドーム(現京セラドーム大阪)を拠点とした近鉄バファローズという、いわば三つの球団が絡んだ持つチームであるため、それを支えてきたファンも複雑な関係を持っている。, 西宮市は旧摂津国にあたる。この一帯は、近代から阪神間モダニズムの拠点として、眺望の良い六甲山麓に別荘や超一等住宅が建ち並ぶなど、上流階級が居を構える山の手であり、ファンもそれに因み、高校野球のようにブラスバンドを使った品のある応援が特徴であった。また、それとは対照的に尼崎や西宮の沿岸部など、野次混じりの応援をする名物おっちゃんなどもいたことはいた。しかし、人気はというと、同じく西宮市に拠点を持ち、関西一円にファンを持つ阪神タイガースの陰に隠れていた。そのため、新たなファンを開拓するために、かねてより球団誘致を行っていた神戸移転を決行する。, 神戸市に移転した後も、お洒落な港町のブランドイメージを崩さないよう、比較的上品な応援は引き継がれていた。一方、神戸市に移転したはいいが、球場はそれこそ六甲山地北麓のニュータウンにあり、アクセスが絶望的に悪いため山手や下町に住む人は、「神戸に移転してきたけど別に興味ない」と感じていた人が多く、一部の熱心な旧阪急ファンが足繁く通っていたことが多かった(それでもオリックスのオーナーが阪急色を徹底的に払底させたことで、多くの阪急ファンも去って行ったという)。, そんな状況の中、彗星の如く現れたイチローの登場で、彼見たさに閑古鳥が鳴いていた球場は次第に客が増加。スタジアムが満員となる日もあった。, そして1995年の阪神・淡路大震災から「がんばろうKOBE」のスローガンを掲げ、シーズン優勝を果たす。日本一こそ逃したものの、そのナインの頑張りは、すっかり憔悴していた市民の心の拠り所として、またバラバラだった神戸市民の心はオリックスによって一体化し、復興のシンボルともなった。その翌年には悲願の初日本一となり、オリックスこそ神戸市民の球団という意識が最高潮に達した。このような経歴があるため、現在も熱心なオリックスファンが神戸市に多いのはそのためである。だが、その神戸市民の心を逆撫でするような事態が後に発生することになるのだが、それは後述。その後は暫くAクラスを続けるものの、星野のFA、ニールの退団、長谷川、イチロー、田口のメジャー挑戦などで戦力が減衰していき、また新垣渚入団拒否に端を発する井箟オーナーの舌禍発言、ドラフト指名選手の低迷などもあってファンの熱も冷め、元の閑古鳥が鳴く寂しい球団に戻っていく。, 一方の藤井寺市を拠点に持っていた近鉄バファローズは、旧河内国に位置する。このあたりは、東大阪、八尾などに代表されるように、職人の街であり、典型的な下町である。そのため、ハイソな阪急とは対極的に、非常に粗野で、豪快、豪放な応援が主流であった。, (参考までに旧南海ホークスは旧和泉国に位置しており、三球団の棲み分けができていたわけである。そのため、ホークスが福岡に移転しても他球団に浮気せず、この一帯はホークスファンを続けている人が多い。1999年にホークスが日本一になった時は、実は大阪、とくにミナミを初めとする南海沿線ではかなり盛り上がっていた), 時は流れ、2004年、かねてより資金難に喘いでいた大阪近鉄バファローズと客減少に喘いで弱体化していたオリックスブルーウェーブの合併話が出る。そして、これに加え、宮内オーナーによって全10球団にして1リーグ制にする話が浮上した。これに対し、選手会は猛反発し、NPB史上初のストライキが敢行されるまでに。結局、福岡ソフトバンクホークスの誕生によるホークス合併話の立ち消えと、新球団東北楽天イーグルスの誕生によって、事態は収拾するのだが、その話は置いといて…, これによって、新生オリックスバファローズが誕生し、ファンも相乗効果で倍に…という目論見があったようだが、現実は甘くなくファン低迷の元となる禍根を生んでしまう。まず、近鉄ファン側にとっては宮内の1リーグ発言は致命的であり、「近鉄球団を潰した元凶」と捉えられてしまい、そんなチームを応援する気力など起こるはずもなかった。むしろ、新たに誕生した楽天イーグルスの選手の多くが、旧近鉄戦士であったこともあるためか、楽天ファンに鞍替えする人も少なくなかった。また、古くから近鉄ファンはアンチ阪神も多く、阪神を応援する気になれないから近鉄を応援する人や、巨人と近鉄が蜜月の関係にあったことから、巨人&近鉄のファンも少なくなく、そのまま巨人ファンだけが残ったという人も少なからずいる。, 一方のオリックス側にとっては、応援スタイルの全く違う旧近鉄ファンを積極的に採り入れる空気ではなく、旧近鉄派とオリックス派の軋轢を生んだりしていた。だが、そこはまだ許容範囲で、神戸のオリックスファンにとって一番面白くない出来事は、2007年から本拠地を旧近鉄の「大阪ドーム」に移行したことであった。主催試合が年20試合程度に急減し、剰え2009年にオフには神戸からの完全撤退を発言したことで、完全に神戸のファンの怒りが絶頂に達した。そして神戸市民からも「神戸を離れるならもう応援してやんねーよ、ウワァン!(AA略)」…という事態を生み出したのである。結局、猛反発に遭い撤退発言は撤回されたものの、主催は20試合を切ってしまう。そのたび、神戸市民から「もっとスタジアムへのアクセスが良ければ…」という溜息が絶えない。それでも、大阪での主催試合より神戸の主催試合の方が客が多く入っていたりすることもある。, これによって、旧近鉄ファンからの恨みを買い、また旧オリックスファンからの恨みも買っているため、1+1=2どころかマイナスに至っているのが現状である(しかし、擁護するとすると、旧三球団の血が混ざっているため、どこかを引っ張ればどこかが引っ込むために、関係者からもファン戦略にずっと頭を悩ませていたと語られている)。そのため、観客伸び悩みは深刻であり、ちぐはぐな合併球団というイメージを払拭するため、球団旗やマスコットなどを一新したのもそれが一つの理由となっている。また、エイベックスの協力でBs-spiritsというダンスユニットのパフォーマンスショーを開催したり、色々と営業努力が行われている。2014年からはニコニコ生放送におる主催試合放送も開始した(IT系企業以外では初)。在阪メディアは圧倒的に阪神タイガース贔屓であり、唯一オリックス贔屓だった神戸新聞も大阪に拠点を移してからは記事の対象外としているため、いい意味ではメディアミックスへの障壁が少ないこともメディア戦略に積極的な理由といえるだろう。, そのメディアミックスによる成果も徐々に出ており、2013年は前年比9%増、そして優勝争いを演じる2014年度は前年比17%増、合併後初の平均観客数2万人代突破を実現している。同じくAクラス入りした2008年にも観客は増えているので、結局当面は強くなって優勝を争い、ファンの心を一致団結させることが最大の薬なのかも知れない。, 応援団は旧近鉄系と旧青波系の応援団が共に活動している。流用応援歌やチャンステーマは旧チームからの流用もあるが、新規の応援歌を両系統の応援団が集まり共に製作している。 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 【2020年】オリックスが弱い理由とは?なぜ勝てない? オリックスはもともとあんまり強くなくて、12球団でもっと優勝から遠ざかっているそうです。 2019年は最下位でしたし、2014年に2位になって以降、ずっとbクラスになっていますね。 2008年にはリーグ優勝した西武に2.5ゲーム差の2位。2014年にはリーグ優勝したソフトバンクに勝率わずか2厘差の2位と、優勝まで手の届く位置につけたこともあったが、翌年には急降下。2009年は最下位、2015年は5位となるなど、勢いが持続しない。そして、近年はBクラスの常連となってしまっている。オリックスは、なぜ勝てないのだろうか。, 前述したように、2014年にオリックスはあと一歩のところでリーグ優勝を逃した。すると同年オフ、アスレチックス傘下のマイナーでプレーしていた中島裕之、DeNAを退団したブランコ、広島からバリントン、日本ハムからFAで小谷野栄一らを獲得するなど30億円とも言われた大補強を行った。 ID: etgN+OA8d+, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』心に炎を灯して…主題歌「炎」から紐解く炎柱・煉獄杏寿郎の魅力とは?, 『サンモニ』関口宏「アメリカの話題はカラッとして、日本の問題はジメっとする」トランプ氏の主張には触れず?, 友達と一緒に食べたおいしいおやつ、一人で食べるとなんか違う…… 4歳の女の子の「かわいい大発見」を描いた漫画. あんだけ色んな選手が確変して補強しまくってバンクも最終盤こけまくったのに2位とか絶望的やろ, 佐藤達也と金子千尋が全盛期だった年だしなんとしてもシーズン最終戦に勝ってリーグ優勝しておきたかった たとえCSで負けても良いからだいぶ評価が違った, ソフトバンクがコケた年に持ち回りで他の球団が優勝しようっていうパリーグの決まりなのに自分の番で勝手に優勝するの拒否ったんよなオリックスは, 15優勝してから低迷 山田以外いないし山田はもうすぐFA その後の若手も居なさそう, ヤクルトは日シリでも伝説残したしクリーンナップ3人タイトルのおかげで川端畠山がそれ以降死んでもヘイト溜められてないのがええな, 阪神と広島が順位争いすると常に広島が一個上キープしながら終盤勝手にコケて阪神が最後の最後に上回ってフィニッシュするイメージ, 2014年オフオリ「今年惜しいところまでいったし金子4年24億で残留させて中島小谷野バリントンブランコを補強して来年こそ優勝や!!!!!」, ヤクルト西武みたいに打線が持ち味のチームはちょっと投手いりゃええから意外と優勝できるもんなんだよな, 育成環境ガチガチに固められちゃったらスカウト全員盲目にでもしない限りひっくり返せなさそう, ホークスの強さってのはコンサートなんかのドームの儲けも全部球団に入るからそれ使い放題なのが強みや, 最近なら楽天のが失速率高いけどに夏に落ちる落ちる言われて本当に落ちるだけだから誰にも疑問に思われないのかわいそう, あんまり精神論言いたくないけどオリックスってチームとしての団結力とかが弱い気がする, 駿太は打撃コーチやった長内が経営する焼き鳥屋だかの都合で辞めたのが痛かったってオリファンから聞いたことある, http://bcho.nazari.org/q23d/t6brp6ve5n5xye.html, https://www.google.com/amp/s/www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/31/kiji/K20140831008841490.html. 結果が出なければ解任されるのは致し方のないことではあるが、これまでの補強の仕方や監督交代劇を見ていると中長期を見据えたビジョンを感じない。例えば、日本ハムは栗山英樹監督とビジョンを共有し、長期政権を継続。ドラフトでは素材型の高校生野手・投手を獲得した上で積極的に起用。育成をテーマとし、常に世代交代を意識したチーム作りを推進している。目先の結果を欲しがる傾向のあるオリックスとは真逆だ。, 今季、西村徳文監督は、若手を積極的に起用し経験を積ませている。快足で守備範囲も広い西浦颯大(19歳)をはじめ、身体能力が高く脚力のある佐野皓大(22歳)、期待のルーキー頓宮裕真(22歳)と中川圭太(23歳)らを積極的にスタメンで起用。5月に入ってからは国産打線で臨む試合も少しずつ増えてきた。 Copyright © Full-Count. ID: etgN+OA8d+, 2020/08/29(土) 14:57:45 ※数字は2019年5月12日終了時点, 【WIN5】史上最高払戻金額4億7180万9030円!的中までの票数推移を追ってみた, プロ野球3D一球速報やBリーグ、Jリーグのスタッツデータをはじめ、幅広いジャンルのスポーツコラムが読める!プロアスリートやスポーツビジネス界のトップへの独自インタビューなど無料ですべて楽しめるウェブメディアSPAIA(スパイア)をお楽しみください。. 【パ×Full-Count】統合10年目の結実 なぜオリックスは2014年に躍進を遂げたのか. 2015年(61勝80敗2分、5位) 監督:森脇浩司→福良淳一(代行) 【謎】2014年オリックスバファローズはなぜ2位になれたのか 493コメント ... 2014年オリックスの開幕スタメンwwwwww 三 ヘルマン 右 平野恵 中 糸井 二 ベタンコート 左 谷佳知 指 ペーニャ 一 高橋信 遊 安 … オリックス・バファローズは、今を遡ること10年前、オリックス・ブルーウェーブと近鉄バファローズが球団統合となり誕生したチームだ。さらに言えば、オリックス・ブルーウェーブは阪急ブレーブスをオリックスが買収し、生まれている。, そして1980年代以前に目を向ければ、関西地区には阪神タイガース、阪急ブレーブス、近鉄バファローズ、南海ホークスと、4つの球団がひしめき合っていた。現在、阪神と阪急は親会社レベルで経営統合を果たし、南海はソフトバンクホークスとして九州へ移転、そして近鉄と球団統合したオリックス・バファローズは、今も大阪へ居を構えている。, 大阪という街はもともと非常に野球熱の高い土地である一方、大人気球団の阪神タイガースが存在することで、パ・リーグの各球団は常にその影に隠れがちだった。しかし、2014シーズンのオリックス・バファローズはシーズン最後までソフトバンクと優勝を争い、6年ぶりにAクラス入りを達成。2位でクライマックスシリーズに進出するなど躍進し、それに歩調を合わせるかのように、経営面も右肩上がりとなった。観客動員は前年比18.4%増となる170万3734人(1試合平均2万3663人)を記録、伸び率ではパ・リーグ最高だった。, オリックス・バファローズは統合後の10年で試行錯誤を重ね、2014年、ようやくその努力が結実した。その球団を牽引するのが、湊通夫専務取締役・事業本部長だ。, 3年前に球団へやってきた湊氏は、様々な改革を行いながら、オリックス・バファローズの大阪での影響力を着実に高めてきている。湊氏は、どんな考えを持ちながら球団経営に携わっているのか。好調を支える裏側を、語ってもらった。, 「まず自分のことを話させていただくと、私は3年前にオリックスから出向していまして、現在、大阪シティドームの社長も兼務しています。, 大阪シティドームから見ると球団は大きなテナントです。野球を含めコンサートなどで稼働率を高め収益をあげていく必要があります。僕は最初球団の方へ出向になり、その後、シティドームの方に兼務出向という形になりました。, 最初ここに来たとき、与えられたミッションは“とにかくファンを増やせ”というものでした。単純なミッションですが、どうしたらいいのか、何から手をつけたらいいのかまったく分からない。そこで、様々な人たちから話を聞きながら、やってきました。」, 「ユニフォームの変更など様々な施策を打っていますが、それだけでは不十分で、もっと本当の意味で考えていきましょう、と。もともと、ブルーウェーブがあって、近鉄バファローズがあって、それぞれが神戸と大阪で共存しているチームだったものが合体しましたから、統合当時は100+100で200になると思ってしまったんですね。でも実際は思ったようにはならなくて、逆に動員はかなり落ち込みました。, 関西って難しいのは、京都・大阪・神戸とまったく文化が違うんです。交わるはずのないものを交わらせてしまったので、当然水と油が分離されてしまい、当時のファンからは「球団がどこを向いているのか分からない」ということも言われました。オリックス・バファローズのファンは、3つの球団が合体して混沌としている状況なので、球団は少なくとも灯台くらいは示して下さいよと、そういう声だったと思います。, 阪急ブレーブスは1989年で終わり、近鉄バファローズも2004年で終わりです。ブルーウェーブも含めて、来る人たちが昔の球団のファンだけになってしまわないように、ターゲットは若い世代を狙っていきたい。新しい形のバファローズをつくりたい、その中に新旧のファンが入っていただけるような環境をつくりたい。そこで2014年からやり始めたのが、ネイビーのユニフォームに統一感を持たせることで、そこをしっかりやろうと。そして、ファンクラブの改革を始めました」, 「強烈ではないですし、まだまだです。やっと他の球団に追いついてきたかなという感覚です。実際、ファンサービスそのものは過去からやってこなかった訳じゃありません。イベントもかなり真面目にやっていまして、95年の優勝時などはもの凄くサービスも良くて、他の球団が見学に来るくらいだったんです。, それで、そのままだったら良かったんですが、球団の順位も低迷してきて、上手く歯車が回らなくなっていきました。そういう中で、統合を迎えてしまったんです」, 「統合直後は、練習するときにも旧バファローズの選手とブルーウェーブの選手がバラバラにやっている、というようなこともありました。未だに元・近鉄のファンの方と話をすると、オリックスが嫌いだって人もいますからね。球場には見に来て頂いているんですが、昔の近鉄のユニフォームを着ている方が、現在もいらっしゃるんです。, ただ、僕としては“嫌い”と意思表示してくれているのはありがたくて、無関心の方にはアプローチしにくいじゃないですか、恋愛と一緒で。嫌いだって言っている人は、ある日突然好きになっちゃったりするじゃないですか、攻めていると。, だから、そこは逆に、嫌いだって言ってくれているのは、アプローチの仕方によっては好きになる可能性があるんで、嫌いな層が多ければ多いほど、パイが大きく存在していると前向きに考えています。, そこで、20代から30代の人を攻めるべきだと思っているんで、思い切ってイメージを大きく変えようと考えました。ユニフォームも全部変えて、もう軸はここですよ、新生オリックス・バファローズについてきてください、というのをやり始めたのが2014年なんですね」, 「そうなんです。ファンサービスそのものは、低迷期のころからきちっとやっているんですけど、私が球団に来た時に、一番考えさせられたことがあります。スタッフに色んなことを聞いて、“こんなことやってないの?”と聞くと常に『やりました』と返ってくるんです。, でもそれ、10年前にやっているのと、今だったらやり方も全然違うことができるんです。これだけモバイルが流行り、ITの技術も大きく変わってきている。同じことをやるのでも、視点を変えると、まったく真逆になることはよくあります。だからそういう部分はかなり議論しましたね。同じものでも視点を変えれば全然違うものに見えるでしょと。お客さんの見え方の話なので」, 「お客さんの見え方、感じ方を変えるのが私たちの仕事なので、流行に合わせてね。毎年同じことをやっていたとしても、違うように見えるというのはすごく重要です。あくまで感じ取るのはお客さんですから、お客さんの見え方・感じ方に敏感になるのは、凄く重要なことです。CRM(顧客管理データベースのシステム)を入れて、お客さんの情報をしっかり自分たちのものにしていくというのは、本当に重要だと思っています。, ただ、システムを入れたからと言って、簡単にファンも増えて、会社も良くなるかっていうとそれは全然違います。やる人がしっかりしてないと。, やっと2014年、チームも回って、ファンサービスも同時に進んできています。ただファンサービスそのものは、ファンクラブは改革しましたけど、ものすごく抜本的に斬新なことをしたわけではありません。2014年はチームが強くなって、上手くチーム強化とサービスの両輪が回るようになりました。そうするとお客さんの受ける印象が、まったく違うんですよね。両輪がやっと回り始めたなっていうのが2014年ですね」, 「チームの低迷が続いていると、いろんなこことをやってもスピードが遅くなります。両輪が上手く回るとスピードも速くなるし、ファンの人の見え方も基本的には同じことやっているんですけど、受け止め方も違いますから。重要なことは何かものすごく新しいことをやるというよりは、同じことをきっちりやっていくということです。その質だけは絶対に下げないで、逆に上げていくことを必死に考えています。もちろん、時代の流れに応じた変化は必要ですが。, 実際の例を挙げると、ポストシーズンについて2008年に出たときは、日本シリーズ並にチケットの価格を上げてしまったんです。収益は伸びますが、それだとお客さん来づらくなるじゃないですか。それはやめようと、今回は普段の価格とほぼ同程度の価格で展開したんです。一定の収益目標だけはきっちり定めて、収益と動員のバランスをしっかりとろうと。その結果、非常に多くのお客さんに来ていただいて、9割くらいがバファローズファンという環境を作ることができました。, 一方でタイガースさんが同じ時間に甲子園でやっていまして、向こう4万5000人、ドームは3万5000人と、8万人ぐらいが同じタイミングで野球を見ていたというのが、ものすごく自信になりました。ドームで9割ぐらいのバファローズファンで埋められるんだと。企画の設計と、チームが強いということ、そしてサービスの3つがちゃんと整うと、お客さんは来て頂けるんだなと。それが分かったのが2014年で、実際改革の手ごたえをつかんだ元年みたいなつもりなんですよね」, 「2014年は女性の来場者数もかなり増えていまして、バファローズならではのことをもっとやりたいと考えています。タイガースさんとの差別化を図る意味でも、女性に限って言うと、もう少し女性向けのアイテムとかそういうのも全部ラインナップさせていく。そうしたイベント、仕掛けは、来シーズンもっと積極的にやっていきたいなと思っています。, 女性っていうのは一人だけじゃなくて、複数人で来てくださる方が多いので、口コミで広まっていきます。逆にマイナスイメージを持たれてしまうと、ダメージも大きいですけどね」, 「逆にね、よく大変でしょうって言われるんですよ。阪神さんが横にいて。僕はそうは思っていなくて、皆さん野球ファンじゃないですか。それが多いっていうのはものすごくやりやすいんです。マーケットを、もともと阪神さんが作ってくださってるわけですから。大阪、神戸など関西エリアはもともと野球が凄く盛んな地域で野球の目が肥えた方が多い地域です。, チーム編成も含めて、現在一生懸命やって、球場に来ていただける環境づくりを行っているところなんですけど、関西エリアは野球人口はもともと多いんで、そこに仕掛けさえきっちりできるんであれば、当然野球ファンは入ってきてくれるわけじゃないですか。, やっぱりライトなファン層っていうのは、浮動票ですから、95年、96年の優勝当時は、関西エリアのライト層の野球ファンがオリックスのファンになってくださったんです。, 「それはそうです。同一リーグじゃないっていうのは。セントラルは阪神タイガースだけど、パ・リーグはオリックス・バファローズでというね。ライトのファンの方っていうのは、かなり浮動票で動いてくれるんですね。, 商圏があるっていうのは大きいんですよ。野球に対しての認知度を最初から持っていてくれますから。だから僕たちが今やらなければないのは、オリックス・バファローズは変わってきたぞっていうのを、全ての方向に、どんどん流していきたいということです。, どれだけ変わってきたか、っていうところを意識してもらえるのかが大事なことかなと思っています。動き始めたばかりで、まだまだのところがたくさんあります。ただ、やり方が間違ってないんだなと確認できたのが、2014年のシーズンでした。」.

コウノドリ 漫画 ネタバレ, 将棋ゲーム オンライン, あの花 実写, ダーツ フェニックス 説明 書, 木内まる 高校, ウイニングポスト 8 結婚 アリス, 永岡卓也 Miu404, きずたくみ 現在, コウノドリ2 最終回 ネタバレ,