イランの首相の一覧では、イラン立憲革命の1907年の創設から、1989年の憲法改正で首相職が廃止されるまでのイランの首相を示す。 目次 1 イランの首相(1907年 - 1989年) 朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 安倍総理大臣とハメネイ最高指導者との会談(令和元年6月13日) 日・イラン首脳会談(令和元年6月12日) イランにおける洪水被害に対する緊急無償資金協力(令和元年6月12日) イランの首相はイランの官職の一つ。国際的にはペルシアと呼ばれたガージャール朝の時代から最近ではイラン革命に続く1979年から1989年にいたるまで、さまざまな時代に設置されていた。 1945年8月の第二次世界大戦の終結後、 トゥーデ党 (英語版) が1949年に非合法化されるとほぼ唯一の反植民地主義的勢力(=反イギリス勢力)となり国民の支持を得、1951年に行われた民主的選挙によりイランの首相に就任した。 The Asahi Shimbun Asia&Japan Watch (ENGLISH). 「イランだね」 2012年12月に第2次安倍政権が発足して間もなく、外務省幹部に「どこに行きたいですか」と聞かれた首相はこう即答したという。 イラン首相 就任. イランが安倍首相の辞任に反応、「日・イ関係拡大に重大な役割果たす」 8月 29, 2020 14:30 Asia/Tokyo イラン外務省ハティーブザーデ報道官 No reproduction or republication without written permission. お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくはサイトポリシーのページをご覧ください。, イラン訪問を前に取材に応じる安倍晋三首相=2019年6月12日午前9時30分、羽田空港、田辺拓也撮影, 安倍晋三首相がイランを訪問し、12日夜にロハニ大統領と会談する。米国とイランが対立して地域の緊張が高まる中、トランプ米大統領の要請もあって訪問を決めた安倍晋三首相。決断の裏には、自身のイランへの思いもあった。, 2012年12月に第2次安倍政権が発足して間もなく、外務省幹部に「どこに行きたいですか」と聞かれた首相はこう即答したという。当時は「機が熟していない」と見送られたイラン訪問が12日、実現する。, 日本の首相としては78年9月の福田赳夫氏以来41年ぶりだが、首相にとっては83年以来2度目の訪問だ。, 首相の父、晋太郎氏は中曽根内閣で3年8カ月外相を務めた。最初に取り組んだのは「イラン・イラク戦争」の和平問題。両国の橋渡し役を担おうと83年8月、外務省内の反対を押し切って戦闘下のイランとイラクに自ら乗り込んだ。秘書官として父に仕えた首相はそれに同行した。, ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。. All rights reserved. モハンマド・モサッデク(ペルシア語: محمد مصدق‎、1882年5月19日 - 1967年3月5日)は、イラン帝国の民族主義者、政治家。スイスで国際法の博士号を取得したので、モサッデク博士として知られる[1]。同国の首相を2期務め、1951年に石油国有化政策を行った(→アーバーダーン危機も参照)。, それまでイラン国内の石油産業を独占的に支配し膨大な利益をあげてきた英国資本のAIOC(アングロ・イラニアン・オイル会社、現:BP)のイラン国内の資産国有化を断行した。イラン国民は熱狂的にモサッデクを支持したが、AIOCなどの国際石油資本は、イラン原油をボイコットしイラン経済を締め付け1953年、アメリカのCIAや英国の情報機関、イラン軍の一部、カーシャーニーなどがシャーを担いクーデターを決行、モサッデクを失脚させた。, イランの首都となるテヘランで、ガージャール朝の縁戚にあたる名家(第2次世界大戦前は、テヘランの日本公使館はモサッデク一族の不動産を借りていた)に生まれる。フランスに留学しソルボンヌ大学卒業を経て、スイス・ヌーシャテル大学(英語版)で法学博士号を取得。, イランへの帰国後にイラン立憲革命に参加、国会議員となりアフマド・カバム(英語版)内閣で財務大臣となる。パフラヴィー朝成立後の1944年に国民戦線(英語版)を結成、民族主義を標榜しながら政治経済の両面で影響を及ぼしていたイギリスへの抵抗運動を始める。, 1945年8月の第二次世界大戦の終結後、トゥーデ党(英語版)が1949年に非合法化されるとほぼ唯一の反植民地主義的勢力(=反イギリス勢力)となり国民の支持を得、1951年に行われた民主的選挙によりイランの首相に就任した。, 第二次世界大戦においてイランは、北はソ連、南はイギリスに占領され(→イラン進駐)、戦後もイギリスの影響力の強い政権が続き、アングロ・イラニアン石油会社(英語版)(AIOC)はアバダンの石油を独占し利益を独占、イラン国内に石油による利潤はほとんどもたらされない状態が続いていた。そのような中、以前から存在した石油生産の国有化案を民族主義者モサッデクは「石油国有化政策」へとつなげていった。, イギリスは懐柔案として「アングロ・イラニアン石油会社の利益をイギリスとイランが半々ずつ受け取る」という石油協定の改正を提案するが、モサッデクはこれをイギリスのイラン支配継続の意図をみて断固として反対した。石油国有化はイランの完全な主権回復を主張する運動のシンボルとして国民の支持を得て盛り上がりを増し、1951年の首相就任後に石油国有化法を可決させてアングロ・イラニアン石油会社から石油利権を取り戻し(イギリスのイラン支配の終結)、石油産業を国有化する。, それによりイギリス、その後ろ盾となるアメリカを始めとした西側諸国から猛反発を受けたことから、対抗するためソ連に接近。1953年にはソ連・イラン合同委員会をつくり、ソ連と関係を深めていった。このことは西側諸国にイラン共産化の危機感を抱かせたが、実際にはモサッデクは共産化を警戒し、またソ連もモサッデクを「ブルジョワ」と警戒し、積極的に受け入れようとしていなかった。, イラン産石油はイギリスやアメリカの国際石油資本(メジャー)の報復より国際市場から締め出され、それによりイラン政府は財政難に瀕した、モサッデクの政治基盤の国民戦線は様々な勢力の緩い連合体であったため宗教勢力を指導していたアーヤートッラーの離反など国民戦線は弱体化していきモサッデクの支持は失われていく。, アメリカとイギリスは再び石油利権を取り戻すため、CIAにより大量の資金を軍人・反政府活動家などへ投入することで暴力による政府転覆を目指す内政干渉の秘密工作を行い(アジャックス作戦、英: TPAJAX Project)、その結果1953年8月15日から19日の皇帝派によるクーデターによってモサッデクを含む国民戦線のメンバーは逮捕され失脚した。, これにより、ファズロラ・ザヘディ将軍が首相に就任し、民主的政権からモハンマド・レザー・パフラヴィーの独裁世襲による王政となった。石油産業の国有化は骨抜きにされ、米国資本を中心とする国際石油資本が再度イランに回帰した。, モサッデクは不公正な裁判により死刑判決を受けたが、執行されず3年間投獄され、その後に自宅軟禁となった。晩年は、地域の貧しい農民たちを集め、無料で食事や医療を提供する活動などに力を入れて1967年に死去した。, アメリカがクーデターを組織した背景には、当時のイランの共産化への危惧があった。だが民主的に選ばれた政権の転覆はイラン国民の対米感情に癒しがたい傷を残した。, モサッデクの生涯に大国の利害の間で翻弄されるイランの現代史を重ね合わせて見る心情は、イラン国民の間に根強い。列強に抑圧されたイランのシンボルとしてモサッデクは生き続けている。1979年に起きたイラン革命の時には、モサッデクの顔の写真や絵画を掲げて讃えられた[2]。, イラン国内では、モサッデクは外国勢力とも宗教勢力とも距離を置き「真の独立」を目指した指導者として知られる。半ば神格化され今も彼を慕う国民は多い。しかし、現在の宗教政権からは「反王政」「反欧米」では一致するが「非宗教的」という点では相容れないため国民の過剰なモサッデク人気は警戒している。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=モハンマド・モサッデク&oldid=78292181. ]。, その後、首相職は空席であった。1980年1月、アボルハサン・バニーサドルが大統領に選出され、モハンマド・アリー・ラジャーイーを首相に任命。これはマジュレス(議会)、特にイスラーム共和党に近い議員たちの圧力によるものである。ラジャーイーは1981年6月のバニーサドルの弾劾まで在職し、1981年7月24日の選挙で大統領に選出された。大統領となったラジャーイーはモハンマド・ジャヴァード・バーホナルを首相とするが、両名ともわずか数週間後の8月30日に首相府で暗殺された。, 1981年10月の選挙でアリー・ハーメネイーが大統領となると、議会に対し右派のアリー・アクバル・ヴェラーヤティーを首相候補として指名するが、左派が多数を占める議会はこれを不信任とし、左派に望ましい候補、特にミール・ホセイン・ムーサヴィーの指名を強いた。この争いは最高指導者ルーホッラー・ホメイニーが仲介し、ハーメネイーにムーサヴィーを受け入れるよう助言して終結した。, ムーサヴィーは1989年に憲法が改正されるまで在職した。同改正で、首相職は廃止され、職務は大統領と新たに設置された第一副大統領に分割された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イランの首相&oldid=71205081. Copyright © The Asahi Shimbun Company. イランの首相はイランの官職の一つ。国際的にはペルシアと呼ばれたガージャール朝の時代から最近ではイラン革命に続く1979年から1989年にいたるまで、さまざまな時代に設置されていた。, ガージャール朝における首相職を指す名称はさまざまである。首相職そのものはおもに「アターバク」あるいは「アターバケ・アアザム」(大いなるアターバク)、また初期には「サドレ・アアザム」(首位)、末期には「ライーソルヴォザラー」(宰相らの長)とも称された。称号「ナホスト・ヴァズィール」(首相)が用いられることは稀であった。首相は通常その名誉称号「ハズラテ・アシュラーフ」をもって呼称された。, イラン革命後の1979年、ルーホッラー・ホメイニーはメフディー・バーザルガーンをイラン暫定政権の首相とし、バーザルガーン暫定内閣は1979年11月までその任にあった。アメリカ大使館人質事件中に内閣は辞任した。しかしながら、アメリカ大使館人質事件のみが辞職の理由ではなく、総辞職の決定はアメリカ大使館への学生突入の前日にはなされていたと言及される[誰?

シャルロッテ チョコ フルーツティー, 群馬県 中学サッカー 掲示板, 和田康士朗 陸上, 西東京市 駅, 大和田南那 Cm, イラン イラク 関係 現在,