すでに過去に8回も国債デフォルトをしているアルゼンチンですが、 最近はまた暗すぎるニュースが続いています。 まずはアルゼンチンの直近のニュースをみてみましょう。 とんでもないことになっています。 アルゼンチン通貨ペソの急落を食い止めるために、 段階的に政策金利を引き上げ、ついに60%に達してしまっています。 これは別記事で紹介したトルコのリラが急落し、 新興国全体の通貨を売る動きが世界に広まっており、通貨安を食い止めるための策として、緊急的に政策金利を引き上げているの … 回復したかのように見えるアルゼンチンですが、実はまだインフレの傾向は収まっていません。最近では、信用を取り戻した国債の価値が再び下落しています。 まとめ. ハイパーインフレ・緊縮財政・高金利のアルゼンチン?実際のファンダメンタル分析から株式投資の可能性を検討, アルゼンチンの中央銀行は4日、政策金利を6.75%引き上げ、年40%にすると発表した。, 米長期金利の上昇で新興国からの資本流出が始まる中、アルゼンチンの通貨ペソはドルに対して急落しており、通貨防衛のために緊急利上げを余儀なくされた。, 南米アルゼンチンの中央銀行は、通貨ペソの急落を食い止めようと、政策金利を60%に引き上げることを決めました。, アルゼンチンの通貨ペソは、国内の経済が低迷する中、経済が堅調なアメリカに資金が流出したり、トルコの通貨リラの下落をきっかけに新興国の通貨を売る動きが広がったりしている影響で急落しています。, 30日の外国為替市場でも、前日に比べて10%余り下落し、過去最安値を更新しました。, 新興国全体の通貨を売る動きが世界に広まっており、通貨安を食い止めるための策として、緊急的に政策金利を引き上げているのです。, 2015年にマクリ大統領が就任してからの2年間着々と財政収支が改善していることがわかります。, 黒字化に向けて、アルゼンチン政府は財政赤字を2018年にGDP比3.2%、2019年にはGDP比2.2%と将来目標を設定しています。, 実際は2017年末のインフレ目標は17%だったのが実績は25%に落ち着くなど未達事項もあります。, 1990-1997、2015-2016はIMFのデータベースにデータがありませんが、, つまりは産業が農林水産業から製造の労働集約型産業へ転換した頃から株式市場をウォッチし始め、, アルゼンチンに関してはすでにその期間も終わってしまっていますね。(個別株はそもそも投資できませんでした), トヨタの工場もありますので最も活発である認識がありましたがそうでもありませんでした。, 南米南部共同市場(メルコスール)では優位な市場取引ができますので比重が大きくなり、, しかし、76%がブラジルに依存しており、その代替としてEU及び北米(NAFTA)、ASEANでバランスを取っています。, 結論としてはかなりバランスが良い貿易取引をしているとみて取れますのでこの点は安心ですね。, 輸入もメルコスール内ではブラジルが90%を占めますが、同じように他国でバランスを取っています。, 南米南部共同市場(メルコスール)は1995年,域内の関税撤廃等を目的に発足した関税同盟で, (2)対外共通関税の創設,共通貿易政策の採択及び地域的・国際的な経済・貿易面での協調,, (3)マクロ経済政策の協調及び対外貿易,農業,工業,財政・金融,外国為替・資本,サービス,税関,交通・通信等のセクター別経済政策の協調,, 前記事と続いて、この記事でもアルゼンチンのファンダメンタル分析を実施してきました。, 明らかに投資のタイミングではないので、今は手を出さない方が良い市場と言えるでしょう。, 海外アセットマネジメント会社出身者の独自の視点で2020年時点のおすすめの投資先ランキングを作成しています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 「アルゼンチン」といえば何を思いつきますでしょうか? 私は美味しいステーキと、バルセロナに所属するリオネル・メッシ選手を思い出してしまいます。   アルゼンチンへの株式投資について書いていき ... 非常に高い成長力が見込め、割安に放置されている新興国株に投資をしている期待のヘッジファンド。, 実績としては2018年4月運用開始後、6月末までの3カ月の運用成績は16.6%(年率66%)という驚異的な成績。(※同期間の新興国株式市場平均は▲8.7%), 更に2020年コロナショックで世界中の株式市場が大暴落となるなか円建で20%以上の上昇を実現し話題となっている。, 成長市場であるインドに投資を行う投資信託の中でパフォーマンスは最も高い。インドのETFは市場に連動しない為、投資信託が有効な選択肢となる。既にインド市場は投資家の期待が先行し、割高になっているのが難点。. アルゼンチン経済の歴史は、経済学の研究対象として非常に高い関心を集めている主題である。アルゼンチンは「アルゼンチンのパラドックス」とも言われる特異な歴史を経ているからだ。アルゼンチンは20世紀はじめに加速度的な経済発展を遂げながら、その後の凋落もまた加速度的であり、その原因については豊富な論文が書かれて様々に分析されてきた 。アルゼンチンは1816年にスペインから独立して以降、8度の債務不履行(デフォルト)を経験している 。インフレ率が2桁に達したことも1回や2回で … Copyright© 〜新興国株式投資戦略〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 国が借金まみれになると、人々はアルゼンチンの通貨ペソを信用しなくなり、「誰もペソを使わなくなるんじゃないか」と考え始める。 結果、モノに対するペソの価値が下落し、インフレに。物価が高騰し、悪化するとハイパー・インフレになってしまいます。 アルゼンチン経済悪化の原因は放漫財政. ここまで急激にアルゼンチンペソが下落したきっかけは米ドル金利上昇ですが、原因は前左派政権による放漫財政。 そもそもアルゼンチンは経常赤字国で海外からの資金流入に支えられていました。

長谷部誠 佐藤ありさ 馴れ初め, Nhkマイル 予想, タックスリファンド 韓国, セブン 明治 板 チョコ 値段, アドバンスリーグ 広島2020, カリフォルニア州 面積, 日本サッカー 地域リーグ,