失礼します。立正大学拳法部主務の清水です。

11月27日大阪にて第61回全日本学生拳法選手権大会が行われました。

一回戦 大阪府立大学 6勝1引き分け                     二回戦 立命館大学 7敗

まず最初にこの度は大阪の大会に参加しました人数が少なかったため、詳細に記録できなかったため簡易的なものとなり大変申し訳ありません。

この大会で4年生は引退となりました。今まで本当にお疲れ様でした。もう4年生の先輩方と拳法ができないと思うと、とても寂しい気持ちでいっぱいです。

またこの大会で今季最後の大会となりました。今までを振り返ると、いいとこまでいけるが、強豪の相手にはやはり実力が足りないような気がしました。これから始まるオフシーズンにどれだけその足りない部分を埋めるかが重要になると思います。3年生は最高学年になり最後の年です。来年の最初までに大会までに今よりもさらなるレベルアップを、また、1年生に技術を伝え、そして1年生もそれに着いてきてもらいたいです。

来年では良い結果が伝えられるよう、この冬力を蓄え春に臨みたいと思います。