平成27年10月11日(日)に慶應大学日吉キャンパスにおいて第26回東日本選手権大会・第8回東日本大学形選手権が行われました。

形選手権にて行われた1人形の部おいて、主将・林が見事優勝致しました。

東日本選手権の結果は以下の通りです。

一回戦目
立正大学 VS 日本大学
林 ○-× 田口(2級)
寺内 ×-○ 秋本(二段)
柳澤 ×-○ 岸(1級)
大谷 ×-○ 四宮(初段)
池田 引き分け 山根(3級)
高橋 ○-× 小林(初段)
砂原 ○-× 橘田(1級)
※相手校のオーダーミスにより勝利

二回戦目
立正大学 VS 国士舘大学
髙橋 引き分け 鈴木(二段)
池田 ×-○ 瀬下(二段)
柳澤 ×-○ 工藤(三段)
寺内 ○-×中野(二段)
櫻井 ×-○ 湯浅(三段)
砂原 ×-○ 初段(2級)
林 ○-× 佐藤(初段)

 

imageimage

やってくれました!形にも定評があった林が、遂に有終の美を飾ることが出来ました。初戦から決勝戦まで会場には緊迫した空気が流れ、多くのギャラリーが見守る中でも終始堂々とした林らしい形を見せてくれました。
残り僅かな現役生活の中で後輩たちのためにも一つでも結果を残すことができ、心から嬉しく思います。

一回戦目では延長戦に入る直前に相手校のオーダーミスが発覚したため、試合をする前に二回戦進出が決定しました。無条件に進むことが決定し嬉しい反面、メンバー全員で必死に勝ち取った延長戦で決着が付けられず悔しい思いもしました。東日本で行われる団体戦試合は四年生にとって今回が最後の大会だったため、来年度の大会で後輩達には必ず決着をつけてもらいましょう。

二回戦目ではもうあと一歩というところで敗退してしまいましたが、得るものもたくさんありました。今回の結果をバネに残りの新人戦、そして府立大会ではみんなで納得のいく結果を残せるよう精進致します。

女子
立正大学VS明治大学
不戦勝 松岡
勝俣 ×-◯ 由良

また、本大会から女子部員も入部後初参戦致しました。結果は惜しくも一回戦敗退でしたが、他の女子に負けない堂々とした姿を見せてくれました。

 

止まってなんていられません!
部員一同走り抜きます。