平成26年11月23日(日)にボディーメーカーコロシアムにおいて第59回全日本学生拳法選手権大会が行われました。
結果は以下の通りです。

一試合目
立正大学 VS 愛知学院大学
不戦勝 伊藤
不戦勝 山本
柳沢 ×-○ 山中
長島 ×-○ 柴田
上田 ×-○ 鈴木
片山 ×-○ 戸田
富沢 ×-○ 杉本

法学部のゼミ大会と大会日程が被ってしまったことや、三年・林の怪我により5人という少ない人数で臨むことになってしまった試合、結果は本当に呆気ないものでした。
しかし、選手たちは勇猛果敢に戦っていたように感じられます。彼らの勇姿を最後まで見届けられたことに、改めて喜びを感じました。
お越し下さった佐藤コーチ、佐々木奈美先輩、山崎先輩、本当にありがとうございました。

IMG_5993

大会終わりには監督に美味しい串揚げ屋さんに連れて行っていただきました。
四年生部員と共に食事へ連れていっていただくのもこれで最後なのだと思うと、甘いソースの味も少しだけしょっぱく感じられました。そんな中でもしんみりすることなく、先輩方が盛り上げてくださったおかげで終始楽しい時間を過ごすことができました。
いつもありがとうございます。
ご馳走様でした。

四年生の富沢先輩、片山先輩、上田先輩と過ごしてきた時間はあっという間で、切磋琢磨して乗り越えた合宿も、初めて試合に勝って喜んだ日々も、悔しがった日々も、どんな思い出にも先輩方がいらっしゃいます。
これから先は先輩方の誇りになるような後輩になれるよう、増え続ける部員たちと共にさらに練習を重ねて強く逞しく成長していくことで恩返しの一つになれれば、と考えております。先輩から受け取ったバトンを決して落とさぬよう、支え合って駆け抜けていきたいと思います。

最後に、ブログ記事の掲載が遅れてしまったことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。